昏き微睡みの果つる刻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昏き微睡みの果つる刻

  • 依頼主 :ウヌクアルハイ(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :石の家のウヌクアルハイは、「三闘神」討滅計画の始動を告げようとしている。

ウヌクアルハイ
「光の戦士よ・・・・・・。
 かねてよりお話ししてきた「三闘神」の討滅計画を、
 いよいよ、実行に移すときがやってまいりました。
 闘神たちを魔大陸に封じた、アラグの封印に綻びが生じています。
 彼らが目覚め、相争うことは、「霊災」の再来とほぼ同義・・・・・・。
 唯一の希望は・・・・・・光の戦士、貴方です。
 ただ、闘神に近づくことはきわめて危険です。
 ある種の「異能」がなければ、支援に赴くこともままなりませんが、
 ようやく適任者が見つかりました。
 これに、貴方がた「超える力」を持つ、
 精強の討滅隊が加われば、盤上の駒がそろいます・・・・・・。
 貴方にお願いするのは、無論・・・・・・三柱の「闘神」の討滅。
 ただひとつの懸念は、蛮神の「制御技術」を狙う勢力。
 そう、ガレマール帝国の愚者どもです・・・・・・!
 帝国の干渉は、蛮神の覚醒を早めるだけの愚行です。
 そうなる前に闘神を討つ・・・・・・これこそが、我が主の望み。
 計画の第一段は、覚醒迫りし魔神「セフィロト」の討滅・・・・・・!
 準備ができましたら、
 「アジス・ラー旗艦島」にて合流いたしましょう。」
アジス・ラー旗艦島でウヌクアルハイと合流
認証システム
「ブゥン・・・・・・「認証システム」起動・・・・・・。」
 識別コードを確認中・・・・・・認証エラーです。
 あなたは「三闘神制御区」への入場を許可されていません。」
ウヌクアルハイ
「お待ちしておりました、光の戦士よ。
 この先は、アラグの人々が利用した強大なる蛮神・・・・・・
 三柱の「闘神」たちを封じた、いわば隔離領域です。
 内部で微睡(まどろ)む蛮神のうちでも、魔神「セフィロト」は、
 最も覚醒度が高く、きわめて危うい状況下にあります。
 このセフィロトを滅するのが、今回の作戦の目的・・・・・・。
 作戦には貴方のほかにも、異能の持ち主が参加します。
 まもなく「暁の血盟」の賢人に伴われて、到着するはず。
 ご心配なく・・・・・・貴方もよく知るお方と聞いております。
 ・・・・・・この奥に、隔離領域内へつながる扉があります。
 その前で待つことにいたしましょう。」
クルル
「お待たせしてしまったかしら?
 Nikuqさん、今回はわたしたちも、
 作戦に同行させてもらうわ・・・・・・よろしくね?」
ウヌクアルハイ
「お初にお目にかかります。
 そちらのミコッテ族が「暁」の賢人、ヤ・シュトラ殿・・・・・・
 そして、小さなお方がバルデシオン委員会のクルル殿・・・・・・ですね?」
クルル
「・・・・・・小さいからって侮ってるわけじゃないのはわかるけど、
 これでもあなたより、かなりお姉さんだと思うわよ?
 年上には、それなりの敬意を示さなくっちゃね。」
ウヌクアルハイ
「これは失礼、どうかご容赦を・・・・・・。
 では、さっそくですが・・・・・・今回の作戦の概要を説明します。
 今回の討滅目標は、三闘神の一柱、魔神「セフィロト」です。
 かつて南方の大陸に棲んでいた、樹状種族の主神ですが・・・・・・
 幾多の激戦を経たのち、古代アラグ帝国の手に落ちました。
 アラグでは捕らえた蛮神を、動力源として用いていました。
 セフィロトは現在も、生かさず殺さずの「半覚醒状態」・・・・・・
 夢うつつで微睡んだまま、その能力を利用されています。
 蛮神が消滅しないのは、修復装置を兼ねた拘束具によって、
 強制的に顕現を維持されているからです。
 すなわち・・・・・・」
クルル
「要するに、その拘束具があるかぎり、
 蛮神を討滅することができないということでしょう?
 ところが拘束具を解けば、制御を失って暴れはじめる・・・・・・と。
 だったら、二手にわかれるしかない・・・・・・。
 管制部に踏み込んで、拘束具の機能を停止させる役と、
 解放された魔神と戦って、討滅する役・・・・・・違うかしら?」
ウヌクアルハイ
「・・・・・・そのとおりです。
 驚きました・・・・・・貴方は心の壁を「超える力」を持つそうですが、
 まさかこれほど的確に、心中を読まれるとは・・・・・・。」
クルル
「そんな細かいことまでわかるほど、便利な力じゃないわ。
 命がけの任務だから、必死に予習しただけよ。
 結局、蛮神に近づく役は、わたしや彼女なんでしょ?」
ヤ・シュトラ
「たしかに、私やウリエンジェが蛮神に近づけば、
 魅入られて「テンパード」にされるリスクがある・・・・・・。
 作戦を完遂しうるのは・・・・・・「超える力」を持つ者だけ。」
クルル
「わたしが拘束具を解いて、セフィロトを覚醒させ、
 Nikuqさん率いる部隊がそれを叩く。
 ・・・・・・どちらも替えのきかない、盤上の駒ってわけね。
 さて、と・・・・・・。
 ここの出入口を管理してるのは・・・・・・・・・・・・「あの子」ね?」
認証システム
「ブゥン・・・・・・「認証システム」起動・・・・・・。
 「三闘神制御区」の入場ゲートをアンロック。
 解錠申請・・・・・・承認・・・・・・。」
ウヌクアルハイ
「こうも簡単に古代の機器を操るとは・・・・・・
 さすがは、バルデシオン委員会に名を連ねる方だ。
 蛮神の封印解除はおまかせしましょう・・・・・・道中は僕もお供します。」
ヤ・シュトラ
「・・・・・・さっきの話を聞いていなかったの?
 警備網を突破するために、クルルの護衛は欲しいところだけど、
 「超える力」のない者が、あそこに立ち入れば・・・・・・」
ウヌクアルハイ
「気遣いは無用です。
 僕がテンパードになる可能性はない・・・・・・とだけ、
 お答えしておきましょう。」
認証システム
「ブゥン・・・・・・「認証システム」より緊急警報・・・・・・。
 防空識別エリアにて、接近中の飛翔体を多数感知。
 現在、迎撃システムが対応中。」
ヤ・シュトラ
「帝国軍のお出ましね・・・・・・陽動はまかせて。
 ウリエンジェ、行くわよ!」
クルル
「じゃあ、わたしたちは先に向かうわね。
 怖くないって言えば、嘘になるけど・・・・・・。
 あなたたちだけに、危険な役回りを押しつけてはおけないもの。
 敵は、あのアラグ帝国軍の猛攻を幾度も退けた、
 強大な蛮神だと記録されているわ。
 一瞬でも気を抜けば、命を危険にさらすことになる・・・・・・。
 わたしも蛮神の力を、できるだけ抑えた状態で解放するつもり。
 そうね・・・・・・おじいちゃんに教わった、
 「寝起きが悪い子の起こし方」を、試してみようかしら?」
認証システム
「ブゥン・・・・・・「認証システム」起動・・・・・・。
 識別コードを確認中・・・・・・承認済み・・・・・・。
 あなたは「三闘神制御区」への入場を許可されています。」
(石の家)
ウヌクアルハイ
「魔神「セフィロト」を、決して侮ってはいけません。
 もっとも「油断」など、貴方のような英雄にとって、
 無縁の言でありましょうが・・・・・・。」
魔神「セフィロト」を討滅
クルル
「魔神「セフィロト」の拘束を解くわ!
みんな頼んだわよ!」
セフィロト
「増長せし北方人どもめ・・・・・・
 我が枷を解いたこと、後悔させてくれよう!」
「均衡の力・・・・・・
 大地に満ちる生命を傾け、我に注げ!」
「峻厳の力・・・・・・
 今こそ真の姿となりて、神罰を下さん!」
「これが生命の樹・・・・・・
 大いなる自然の前に、屈服するがいい!」
「我が無限光を凌ぐとは驚いた・・・・・・。
 称えよう、その力・・・・・・死して巡る価値ある命よ!」
「グオオオオオオオ・・・・・・
 我が生命が・・・・・・尽きるというのか・・・・・・!」
クルル
「ごくろうさま!
 あなたが戦う姿を見るのは、これが初めてじゃないけど・・・・・・
 すべての次元が違う・・・・・・見ていて、震えが止まらなかったわ!」
ウヌクアルハイ
「これが、真の「英雄」の力・・・・・・。
 あのときの僕に・・・・・・なかったもの・・・・・・。」
クルル
「クルルです・・・・・・あ、ヤ・シュトラさん?
 Nikuqさんの活躍で、任務は無事完了!
 ・・・・・・はい、みんな無事ですよ!
 ・・・・・・そちらも、ごくろうさまでした!
 おかげさまで、帝国軍の邪魔も入らなかったわ。
 ええ・・・・・・了解・・・・・・では、「石の家」で合流しましょう!」
ウヌクアルハイ
「管制部に向かう道中では、テンパードたちの身体が、
 奇妙な機械で保存されていましたが、彼らは今も眠ったまま・・・・・・。
 よって、再召喚の儀式が行われる危険はありません。」
クルル
「魔神「セフィロト」復活の可能性は、消えたわけね。
 じゃ、意気揚々と引き揚げましょ!」
レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「フッ・・・・・・よい勘をしているな、少年。
 帝国軍第VI軍団を預かりし、このレグラ・ヴァン・ヒュドルス・・・・・・
 どうやらあの蛮族の女に、一杯喰わされたようだ。
 まんまと陽動に乗せられ、貴様らに先を越されるとはな・・・・・・。」
ウヌクアルハイ
「貴方がたの狙いは、アラグの蛮神制御技術でしたね・・・・・・。
 僕から見れば、蛮神を利用しようなどという発想自体が、
 「蛮族」の浅知恵です・・・・・・!」
レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「悪いが、子どもを殺める趣味はない。
 我が敵にふさわしい強さを身につけるまで、生き延びることだな。」
クルル
「大丈夫?
 ・・・・・・何かあったの!?」
ウヌクアルハイ
「なんでもありません・・・・・・少し、怪しい気配を感じたまで。」
クルル
「・・・・・・本当?
 その冷静な仮面の下にあるのは・・・・・・
 希望へのあこがれ・・・・・・力への渇望・・・・・・そして、深い後悔。
 もしかして・・・・・・いつかその呪具で、
 真の「英雄」を相手に、自分の力を試してみたい・・・・・・
 そんな想いを秘めてもいたり・・・・・・?」
ウヌクアルハイ
「「超える力」で・・・・・・・・・・・・僕の心を・・・・・・?」
クルル
「・・・・・・あてずっぽうよ。
 わたしの言葉のどこかに、思いあたるフシがあったのかしら?
 図星みたいね。
 ・・・・・・あのね、わたしにわかるのは、相手が「伝えたい」ことだけ。
 「言葉の壁」は超えられても、「心」が読めるわけではないの。
 だから心の内側にまで、仮面をつける必要はないわよ。」
ウヌクアルハイ
「かまをかけられた、というわけですか。
 エオルゼアの人たちは、みんな手強い・・・・・・。」
石の家のウヌクアルハイと話す
ウヌクアルハイ
「どうでしたか・・・・・・魔神「セフィロト」を討った感想は?
 「暁」の面々も、まもなくこの部屋にいらっしゃいます。」
ウリエンジェ
「感謝します・・・・・・あなたという「光」を迎え入れることで、
 魔大陸に封じられし、アラグの負の遺産・・・・・・
 「三闘神」の討滅計画は、第一歩を踏み出すことができました。
 残る闘神は、あと二柱・・・・・・。
 されどその力はセフィロトと同等か、それ以上とも伝えられます。
 今は戦いの疲れを癒し、慎重に事を進めてゆきましょう・・・・・・。」
ウヌクアルハイ
「それは、帝国軍の動きしだいですね。
 彼らは彼らなりの理想を掲げていますが・・・・・・蛮神制御は、
 ひとつの次元を滅ぼしうる、禁断の技術だと理解していません。
 我が主によれば、もともとは魔神「セフィロト」も、
 この世界で最初の聖樹が、神格化された存在だったとのこと。
 純粋な信仰心、崇高な理想こそ・・・・・・最も恐るべき力なのです。」
ヤ・シュトラ
「・・・・・・・・・・・・。
 「ひとつの次元」に・・・・・・「この世界」ね・・・・・・。」
ウヌクアルハイ
「お気になさらず・・・・・・ただの言葉のあやですよ。」
クルル
「うーん・・・・・・この前会ったときは、
 少しだけ、あなたの素顔が垣間みえた気がしたんだけど・・・・・・
 何だかまた、もとに戻ってしまったみたいね。
 あのときは何かがあって、余裕をなくしていたのかな?
 もしかして、あなたのいう「我が主」に関係すること・・・・・・?」
ウヌクアルハイ
「・・・・・・僕のことなど、どうだっていいでしょう。」
クルル
「ごめんね、興味本位で聞いたわけじゃないの。
 ただ、これからいっしょに戦う仲間のことを何も知らなかったら、
 安心して背中を預けられないでしょ?
 前に、かまをかけるような真似をしたことは、謝るわ。
 わたしたちと同じような心の持ち主か、確かめてみたかったのよ。
 ・・・・・・年相応の少年の反応だったから、お姉さん、少し安心したけどね。
 それじゃ、また事態に進展があったら、呼んでちょうだいね?」
ウヌクアルハイ
「「仲間」か・・・・・・。」
ウヌクアルハイ
「フフフ・・・・・・。
 僕に、何かご用でしょうか?」
(何を聞きたい?)
(あなたについて)
ウヌクアルハイ
「僕の名は、ウヌクアルハイ・・・・・・。
 貴方もよく知る人物の使いの者です。
 蛮神の思考を読み取ることができる・・・・・・。
 それが、僕にあたえられた異能。
 フフフ、この力を理解する必要はありません。
 貴方も「超える力」とは何なのかを知らないまま、
 その力を利用しているでしょう・・・・・・それと同じことです。
 僕の正体が気になりますか?
 主の命により馳せ参じ、ウリエンジェが「暁」へと迎え入れた、
 ただの使いにすぎませんよ・・・・・・。
 もっとも、ヤ・シュトラ殿のような感受性の強い方には、
 幾分、警戒されているように見受けられますが・・・・・・。
 僕と貴方には、三闘神、そして帝国軍という共通の敵がいる。
 そのことさえ理解していただければ、今のところは充分かと。
 エオルゼアの光の戦士よ・・・・・・。」
(「闘神」について)
ウヌクアルハイ
「「闘神」・・・・・・。
 それは、古代アラグ帝国における「蛮神」の呼び名・・・・・・。
 彼らは、僕たちの知る蛮神とは、異なる典則で存在しています。
 誰の願いで召喚され、誰の想いで物質界に留まっているのか。
 すべては、闇に包まれたまま・・・・・・。
 この地にも、黒衣森を彷徨う古の蛮神「オーディン」をはじめ、
 数多くの闘神がいたと云われています。
 その中でも、強大な力を持っていた、三体の蛮神・・・・・・
 すなわち「三闘神」は、古代アラグ帝国によって捉えられ、
 「魔大陸アジス・ラー」の動力源にも使われていた。
 「三闘神」が生み出す、無限の力・・・・・・。
 彼らの覚醒は、世界の滅びを招く。
 たとえ、約束された運命だったとしても、
 僕たちは、それを止めなければならないのです。
 星の運命に抗うために・・・・・・。
 光の戦士よ・・・・・・特に貴方の戦いは、後世に至るまで、
 蛮神に抗う者たちへの模範となるべきもの。
 ゆえに僕は、「三闘神」との戦いの記録を、
 書き留めてゆくことにしました・・・・・・。
 そこに置かれた書を紐解くことで、いつでもご覧になれます。」
「三闘神」討滅記
(序説)
序説
「「三闘神」とは、いずれも第三星暦末期に、
 南方大陸「メラシディア」の先住種族たちが、
 アラグの軍勢に対抗すべく召還した三柱の蛮神である。
 蛮神は信者の「願い」を反映した力を持つ。
 「侵略者の排除」という願いが、強大な戦闘能力として、
 顕現したのだとすれば、その力は計り知れない。
 こうした存在を、アラグの軍勢は捕獲したのである。
 蛮神の力を封じる「拘束具」の技術と、捕らえた信者を利用し、
 顕現を維持しつづける禁忌の技術によって・・・・・・。
 しかしながら、5000年の永きに渡り、
 魔大陸アジス・ラーの奥地に封じられてきた三闘神が、
 覚醒の徴候を示しはじめた。
 三闘神を吸収することで、さらなる力を得んとした、
 イシュガルド教皇トールダン7世による介入のためだ。
 さいわい教皇の野望は、光の戦士たちによって阻止されたが、
 蛮神制御技術を欲するガレマール帝国が、侵入の機を窺っている。
 致命的な事態に到る前に、三柱の闘神を討滅せねばならない・・・・・・。」
(「魔神」の章)
「魔神」の章
「光の戦士たちの働きにより、魔神「セフィロト」が討滅された。
 セフィロトは、南方大陸の樹状種族が崇めた主神とされているが、
 討滅時に発見されたアラグの記録により、新たな事実が判明した。
 「世界で最初の聖樹」を神格化した「生命」を司るセフィロトは、
 環境エーテルを操り、生命体を自在に「成長」させたという。
 そして、この能力は自分自身にまでおよんだと記録されている。
 セフィロトは自己を巨大化させ、その質量自体を武器として、
 アラグの軍勢に甚大な損耗を強いたというのだ・・・・・・。
 だが、結局はアラグの手により捕獲され、封印されてしまった。
 アラグは、捕獲したセフィロトの「生命操作能力」を、
 数々の禍々しいキメラ生物の「培養」に利用したという。
 世界の理を蝕む、蛮神の歪んだ力をもちいて・・・・・・。
 しかし、完璧と思われた制御技術にほころびが生じたとき、
 破局は必ず訪れる。
 僕はそのような過程を経て滅びた文明を、ひとつ知っている・・・・・・。」
(砂の家)
ウリエンジェ
「去る者あれば・・・・・・来たる者あり・・・・・・。
 私に何かご用でしょうか・・・・・・?」
(何を聞く?)
(「闘神」について)
ウリエンジェ
「黒衣森を彷徨い歩く闘神「オーディン」・・・・・・。
 かの古の蛮神とあなたの戦いについては、
 オ・アパ殿より報告を受けております。
 魔剣「斬鉄剣」がオーディンの本体であり、
 環境エーテルを吸い、肉体を再構築するとは・・・・・・。
 誠に興味深い仮説といえましょう。
 しかし、何者が召喚したのか、
 そして魔剣をいかにして封じるべきか・・・・・・。
 残された謎と課題が多きこともまた事実。
 蛮神のひとつの有り様として記憶に刻むと同時に、
 さらなる探究に挑む必要がありましょう・・・・・・。
 然れど、「魔大陸」に封じられし「三闘神」とは・・・・・・。
 オーディンと同じ闘神でありながら、
 古の文献にすら、その名を残さぬ存在・・・・・・。
 古の蛮神と呼ぶべき闘神・・・・・・何者が召喚したのか・・・・・・
 謎は多かれど、ここから先を明徴にするのは、
 彼・・・・・・そう、ウヌクアルハイに任せるといたしましょう・・・・・・。
 もちろん、できるかぎりの助力は惜しまぬつもりです。
 かの少年を「暁の間」に招き入れたのは、この私ですので・・・・・・。」