疑惑と後悔

疑惑と後悔

  • 依頼主 :ビッグス(低地ドラヴァニア X21-Y18)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :ショートストップ野営地のビッグスは、冒険者に次なる一手を伝えるつもりのようだ。

ビッグス
「ラウンドロクスのことはウェッジにまかせよう。
 ミーデの話も気になるが、ここで動揺したら敵の思うツボだ!
 今は、最善の一手を打つことに専念するぞ。
 ・・・・・・現在、優先すべきことは、ふたつある。
 ひとつは奪われたコーデックスの断章を取り返すこと。
 そして敵に立て直しの間をあたえず、攻勢を維持することだ!
 いずれにせよ結論はひとつだ。
 ・・・・・・攻撃の手をゆるめず、さらに奥へと進攻してくれ!」
ビッグス
「ラウンドロクスのことはウェッジにまかせよう。
 ミーデの話も気になるが、ここで動揺したら敵の思うツボだ!
 ・・・・・・攻撃の手をゆるめず、さらに奥へと進攻してくれ!」
機工城アレキサンダー:律動編2を攻略
警報
「警報発令・・・・・・警報発令・・・・・・
 侵入者ヲ検知シマシタ・・・・・・迎撃行動ヲ開始シマス!」
(ブラスター
「ミラージュシステム起動!」
「システムオフライン・・・
 強制終了シマス・・・」
ブロウラー
「全武装ロック解除
 ターゲットロック!」
「致命的エラー
 再起・・・動・・・ヲ・・・」
スウィンドラー
「侵入者の戦闘値算出・・・
 最適戦術ヲ確定!」
「入力サレタ値ガ
 異ナリマス・・・」
ボルテッカー
「自動魔紋描画開始・・・
 魔法戦ヲ開始シマス!」
「エーテルダウン・・・
 緊急停止・・・シマス・・・」)
ミーデと話す
ビッグス
「敵の新兵器をブッ潰したって・・・・・・!?
 突入作戦のほうは順調と言っていいな!
 実は、見てのとおり・・・・・・ミーデが戻ってきたんだ。
 まだオレからは、何も話していない・・・・・・。
 ウェッジも帰ってこないし、お前を待ったほうがいいと思ってな。」
ミーデ
「ラウンドロクスがいないようだけど。
 ・・・・・・えっ、私を探しにいった?
 そっか・・・・・・
 私が「青の手」と接触するところを、見られていたのね。
 あなたたちには、きちんと事情を説明させて。」
ビッグス
「・・・・・・・・・・・・「青の手」が、再びこの野営地を狙っていた?
 で、やつらの目をそらすために、
 「エニグマ・コーデックス」をエサにして取引を持ちかけたと。」
ミーデ
「ええ・・・・・・だけど連中につかませたのは、ただの石ころよ。
 本物は、こっち。」
ビッグス
「クイックシンクスの野郎は、
 「青の手」とお前が、最初からグルだと言っていたが・・・・・・。
 やっぱり、あれは嘘だったか。」
ミーデ
「いいえ・・・・・・その言葉は本当よ。
 「青の手」に蛮神召喚の方法を教えたのは、私。
 最後は裏切るつもりだったの・・・・・・「青の手」も、あなたたちも。
 「エニグマ・コーデックス」を記したのは、私の遠い祖先。
 私たちの一族は長年、そこに描かれた理想郷を追い求めてきた。
 ・・・・・・「青の手」とは違うやり方で、ひっそりとね。
 あのころ私には、好きな人がいた・・・・・・。
 一族の先頭に立って計画を進めていたのが、その人。
 私は・・・・・・ただ彼の役に立ちたくて、夢中で手伝ってた。
 「神降ろし」の危険さに、疑問を持つこともなかったわ。
 そして3年前のあの日・・・・・・・・・・・・私たちは蛮神の召喚に失敗した。
 一瞬だけ顕現した蛮神は、仲間たちの命を奪い、
 私の大切な人は、その「コア」に呑み込まれてしまった・・・・・・。
 何とか蛮神を止めようと、封印を発動させた瞬間・・・・・・
 「エニグマ・コーデックス」は砕け散り、蛮神は姿を消した・・・・・・。
 すべてが終わったあとに残されたのは、壊れた夢のかけら・・・・・・。
 理想郷の夢が記された、もの言わぬ断片。
 ・・・・・・私たちは、「理想」を未来に求めてしまう。
 失って、初めて気づくのよ。
 みんなで夢を追っていたその時が、かけがえのない宝物だったって。」
ビッグス
「お前は「青の手」にアレキサンダーを再び起動させ、
 次にオレたちを利用して、蛮神そのものを奪おうとした・・・・・・。
 すべては、仲間に託された「理想」を成就するためだったんだな?」
ミーデ
「・・・・・・ごめんなさい。
 でもそれは、理想を実現したかったからじゃない。
 ただ「彼」とふたりで・・・・・・世界の果てまで行きたかったのよ。」
ビッグス
「「彼」・・・・・・?」
記録屋バックリクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 「彼」ってまさか ア アノ巨人のコト!?」
ミーデ
「ええ・・・・・・。
 「彼」は、あのなかで生きているわ。」
記録屋バックリクス
「ヒ・・・・・・ヒトの魂が 蛮神に宿っテル・・・・・・?
 そ そんな バカなコト・・・・・・!!」
ビッグス
「・・・・・・・・・・・・それ以上は、やめておけ。
 お前にひとつ、聞きたいことがある。
 「エニグマ・コーデックス」の断章をすべてそろえたとき、
 いったい何が起きるというんだ?」
ミーデ
「・・・・・・アレキサンダーは、理想郷を求める心が呼んだ蛮神よ。
 その信仰を生んだ「エニグマ・コーデックス」は、
 蛮神に組み込まれることで、理想郷へ民を導く「操舵装置」となる。
 完全な状態の「エニグマ・コーデックス」と、
 そこに記された思想に共鳴し、「読む」ことができる者・・・・・・
 このふたつがそろえば、意のままにアレキサンダーを操れるわ。
 かつては私も、コーデックスを「読む」ことができたけれど・・・・・・
 このかけらはもう、私には反応しない。
 だけど、ただひとり・・・・・・これを「読んで」みせた者がいる。」
ビッグス
「ラウンドロクス・・・・・・!
 アレキサンダーを完璧に制御するには、あの娘が必要ってことか!?」
ウェッジ
「ぜぇ・・・・・・はぁ・・・・・・・・・・・・
 た、た・・・・・・大変ッス・・・・・・!
 ら、ラウンドロクスが・・・・・・・・・・・・さらわれたッス!!」
ビッグス
「蛮神が覚醒すれば、大切な「彼」の魂も甦る・・・・・・
 ミーデはそんな考えに取り憑かれちまってるみたいだな。
 到底ありえない話だが・・・・・・彼女にとっては、それが真実なんだ・・・・・・。
 それよりも今は、ラウンドロクスのことを最優先に考えよう。
 あの娘を救いだしたい・・・・・・その想いは、みんな同じはずだぜ!」
ウェッジ
「最悪ッス・・・・・・ラウンドロクスを、途中で見失ってしまったッス!
 ・・・・・・ほうぼう探して、やっと見つけたと思ったら、
 「青の手」の連中に連れていかれるところだったッス・・・・・・!
 うぅぅ、今回は失敗つづきッス・・・・・・。
 あの娘に何かあったらオイラのせいッス・・・・・・。」
記録屋バックリクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 ミーデやばい 機械の巨人のコト 「彼」って呼んだ・・・・・・!
 ・・・・・・それでオマエ 何の用?」
(イディルシャイア)
スローフィクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 ラウンドロクスのことは お前さんに お願いしたいゴブ。
 我らの下手な手出し 娘の命に かかわるゴブ!
 わかってた 「自由の都市」には 危険がつきもの・・・・・・。
 もとはと言えば 娘の自由ゆるした ゴブの責任。
 無事に戻ったら 好きながらくた 何でも買ってやりたいゴブ・・・・・・。」