浄化の旅へ

浄化の旅へ

  • 依頼主 :エシヴァ(黒衣森:北部森林 X20-Y24)
  • 受注条件:白魔道士レベル52~
  • 概要  :フォールゴウドのエシヴァは、冒険者に提案があるようだ。

エシヴァ
「あっ、Nikuqさん!
 ひととおり、ア・トワ様の旅の記録を読み終えたのですが、
 気になる記述がありまして・・・・・・。
 地下水脈を通じて「不浄なるもの」が流れ込み、
 ア・トワ様が調査に赴いたことがあったようなのです。
 水源地である北方のアバラシア山脈へ・・・・・・。
 そして、旅の結果、浄化が行われたようですが、
 「地下水脈を通じて」という部分が引っかかるんです。
 今回の「不浄なるもの」ですが、
 大精霊が警告を発するほどの危機が間近に迫っているのに、
 角尊や道士様は、誰も気付いていませんでした・・・・・・。
 何より大精霊が「流れ込む」と表現したのも気になります。
 つまり、「不浄なるもの」が地下水脈を伝っていたため、
 発見できなかったのではないかと思うんです。
 ア・トワ様による浄化から、かなりの年月が経過しています。
 それからの間に、新たな「不浄なるもの」の根源が、
 発生していたとしても不思議はありません。
 まずは、アバラシア山脈の南端・・・・・・
 クルザス中央高地の「ドラゴンヘッド」近辺から、
 調査を開始してみましょう!」
キャンプ・ドラゴンヘッドのエシヴァと話す
エシヴァ
「・・・・・・見える世界すべてが凍てついています。
 地域によって、こんなにも景色が違うんですね。
 すみません、私、黒衣森を出たことがなかったので・・・・・・。
 Nikuqさんには、もう見慣れた光景ですよね。
 あなたが来るまで、現地の騎兵の方に、
 水脈に関する話を聞いていたのですが・・・・・・。
 どうやら、その水脈の流れと合致する場所で、頻繁に魔物が現れ、
 問題になっていると言うじゃありませんか。
 しかも、異常に凶暴化しているらしく・・・・・・。
 もしかして・・・・・・
 「不浄なるもの」の穢れたエーテルに魔物があてられ、
 興奮した結果なのかもしれません!
 現在、南の方でフォルタン家の騎兵たちが、
 魔物の掃討作戦を展開しているそうです。
 私たちも行ってみましょう!」
エシヴァと合流
エシヴァ
「やはり「不浄なるもの」のせいで魔物が暴れています・・・・・・!
 浄化の前に、騎士様とともに魔物を倒しましょう!」
敵を殲滅せよ!
霊妙のエシヴァ
「私が敵を叩きます!
 Nikuqさんは、皆さんの回復を!」
「くっ、穢れたエーテルに魔物が引き寄せられています!」
「また魔物が来ましたか・・・・・・!」
「キリがありませんね・・・・・・!
 元凶のスタグナントスプライトを、先に倒さないと!」
「よし、これで・・・・・・!
 あとは残った魔物を掃討するだけです!」
(失敗時)
霊妙のエシヴァ
「お役に立てず、すみません・・・・・・!」
(フォルタン家の騎兵たち
「なんてことだ・・・」
「ここまでか・・・」)
エシヴァ
「なんとか魔物は片付きました・・・・・・。
 それにしても、あれが「不浄なるもの」・・・・・・!
 Nikuqさん、浄化をお願いします!」
(フォルタン家の騎兵たち
「助かったぜ・・・」
「ふう・・・」)
不浄なるものを鎮めて浄化する
エシヴァ
「私にも、空気が澄み渡っていくのがわかります。
 これが白魔道士の力なんですね・・・・・・。
 祖父が記した記録のとおりです・・・・・・。
 そして、あなたのソウルクリスタルから、
 ひときわ強い輝きを感じますよ!
 おそらく、浄化を経験したことで、
 ソウルクリスタルに宿ったア・トワ様の記憶が、
 あなたに力をもたらしたのでしょう・・・・・・。
 「不浄なるもの」を浄化することで、
 大いなる癒しの力を得ることができる。
 どうやらこの旅には、そうした一面もあるようですね・・・・・・。
 しかし、浄化の旅が白魔道士に成長を促すのだとしたら、
 ますます、角尊たちが森の外へ出ないのが理解できません。
 いったい、彼らはいつまで古い習慣に従って、
 森の中に閉じこもっているつもりなんでしょう・・・・・・。
 ともかく、ここで浄化をしたことで、
 新しくわかったことが沢山あります。
 「キャンプ・ドラゴンヘッド」で情報を整理しましょう。」
エシヴァと話す
エシヴァ
「Nikuqさん、おつかれさまでした。
 やはりあの魔物たちは、地下水脈を伝って流れる、
 「不浄なるもの」にあてられていたようですね。
 祖父が遺した記録によると、
 地下水脈の源流は、さらに西方のようです・・・・・・。
 イシュガルドは同盟に復帰し、門戸も開かれつつあります。
 かの国に入国することは、以前ほど難しくはありません。
 ・・・・・・ですが、これよりも先は、
 ア・トワ様も立ち入っていない未踏の地。
 より強い浄化の力が必要になるでしょう。
 角尊たちのような白魔道士がこの場にいれば、
 みなで力を合わせ、先を急ぐこともできたでしょうが・・・・・・。
 今は、あなたの癒しの力に頼るしかありません。
 私は、次の目的地を特定するため、
 このあたりの地理などを調べてみます。
 少し時間が必要ですので、
 その間に、新たに得た癒しの力に慣れておいてください。
 しっかりと修行を積んで、またここで会いましょう!」
不浄なるものを浄化し・・・・・・大いなる癒しの力を手に入れた!