去りし日々の告白

去りし日々の告白

  • 依頼主 :シドゥルグ(イシュガルド:下層 X13-Y12)
  • 受注条件:暗黒騎士レベル56~
  • 概要  :忘れられた騎士亭のシドゥルグは、冒険者に相談があるようだ。

シドゥルグ
「Nikuqか・・・・・・。
 実は、お前に相談したいことがある。
 幻術士ギルドの、角尊が言っていたことは覚えているな?
 リエルが、ドラゴン族や精霊に似た力を宿しているという話だ。
 もしも、リエルの力が、竜に由来するものだったら・・・・・・
 この国のことだ、護りきるのは相当に難しくなるだろう。
 本人は竜の血を飲んでいないと言っているが、
 それだけで、すべて可能性が否定できるわけではない・・・・・・。
 真実を知るには、リエルをドラゴン族に見せる必要がある。
 ・・・・・・無論、危険は承知だが、
 こいつを護ろうと思うのならば、確認しておくべき真実だ。
 どうにかして、ドラゴン族と交渉ができんものか・・・・・・。
 なに、高地ドラヴァニアのドラゴン族となら、
 交渉ができるだと・・・・・・!?
 お前、よくよく異端の嫌疑をかけられんようにしろよ・・・・・・。
 だが、渡りに船には違いない。
 リエルは俺が連れていくので、現地で合流するとしよう。」
シドゥルグ
「高地ドラヴァニアのドラゴン族に、リエルを見せに行こう。
 連中との交渉には、お前が不可欠だ。
 ・・・・・・頼んだぞ。」
リエル
「Nikuqが来てくれるようになってから、
 初めての場所、いっぱい行ってる・・・・・・。
 いつか、もっと遠くにも行けたらいいな。
 Nikuqと、シドゥルグと、3人で・・・・・・。」
不浄の三塔のヴィゾーヴニルと話す
シドゥルグ
「こいつが、ここの長なのか・・・・・・。
 交渉は頼んだぞ。」
リエル
「ドラゴン族、大きい・・・・・・!
 こんなに近くで見るの、はじめて・・・・・・!」
ヴィゾーヴニル
「小さき者よ、此度は何用か。
 こちらの奇妙な小さき者らも、お前の連れ合いであろう?
 ・・・・・・なるほど、道理で。
 事情は、ようくわかった。
 お前の言葉に偽りがあるとも思わぬが、
 見知らぬヒトのためとあらば、相応の誠意を見せよ。
 花を・・・・・・「グロン・アールム」を摘んでくるのだ。
 この塔から、さほど離れてはおらぬ地に根付いていよう。
 「グロン・アールム」はとても香り高き花ゆえ、
 引き寄せられる魔物も少なくない。
 心して探すがよい。」
リエル
「ドラゴン族でも、花が好きなの・・・・・・?
 不思議・・・・・・私たちと、同じなんだね。」
不浄の三塔のシドゥルグに相談
シドゥルグ
「・・・・・・話は聞いていた。
 まさか、ドラゴン族のために花を摘む日が来ようとはな・・・・・・。
 探すのは「グロン・アールム」だったか。
 ふむ・・・・・・俺とリエルは、塔よりも北を探してこよう。
 お前は南側を頼む。」
グロン・アールムを探す
ヴィゾーヴニルにグロン・アールムを見せる
ヴィゾーヴニル
「「グロン・アールム」は見つけられたか?
 我らの爪で触れるには、か弱すぎる命だが、
 お前たちの柔き手ならば摘み取れよう。」
(グロン・アールムを渡す)
ヴィゾーヴニル
「ああ・・・・・・。
 そうだ、吾輩が求めたのは、確かにこの花だ。
 では、これをそのまま、モーン大岩窟におる老竜に渡せ。
 さすれば、求める答えも得られよう・・・・・・。
 お前の連れ合いが戻ってきたら、同じように伝えおく。」
ヴィゾーヴニル
「「グロン・アールム」を、モーン大岩窟におる老竜に渡せ。
 さすれば、求める答えも得られよう・・・・・・。
 お前の連れ合いが戻ってきたら、同じように伝えおく。」
死期を悟る老竜にグロン・アールムを渡す
死期を悟る老竜
「・・・・・・何かね、若人よ。
 間もなく天命が尽き、空へと還る命だ・・・・・・。
 首を取ろうというのなら、その後にしておくれ・・・・・・。」
(グロン・アールムを渡す)
死期を悟る老竜
「ああ・・・・・・懐かしい・・・・・・。
 グロン・アールムだね・・・・・・。
 私の愛した、芽吹きの匂いだ・・・・・・。
 これを、ヴィゾーヴニルが私にと・・・・・・?
 ・・・・・・その娘の匂い。
 なるほど、ヴィゾーヴニルめ、
 老体に面倒な役目を押し付けてくれたものだ・・・・・・。」
シドゥルグ
「永きを生き、叡智を湛えた竜よ。
 俺たちは、問いたいことがあって来た。」
死期を悟る老竜
「みなまで言うな。
 ・・・・・・最も小さき若人よ、私のそばまで来ておくれ。
 ああ・・・・・・やはり・・・・・・
 この娘からは、よく知った匂いがする・・・・・・。
 かつて黎明の雲海をともに羽ばたいた、我が夫の匂いだ。」
シドゥルグ
「何を、言っている・・・・・・!?
 まさか・・・・・・!」
死期を悟る老竜
「まあ、お待ち・・・・・・。
 老骨の話に、結論を急ぐものではないよ。
 この幼きヒトの内には、確かに我が夫の・・・・・・
 ドラゴン族の血が流れている。
 しかし、ヒトの血とよく混じっているようだね・・・・・・。
 おそらく、父と母のどちらかが、我が夫の血を呷り・・・・・・
 その後に授かった子なのだろう。
 ・・・・・・我ら竜の血には、ヒトを竜と成す力がある。
 だが、最初の変異はごく短期間におわり、姿は戻るのだ。
 幾度も血を呷ってこそ、完全な変貌に至る・・・・・・。
 もし、竜の血を飲みながらも、完全な変貌を遂げる前に、
 ヒトの姿で子を儲けたなら・・・・・・
 生まれた命は、ヒトそのものの形をとるだろう。」
シドゥルグ
「そんな・・・・・・。
 神殿騎士がリエルを追っているのは、
 まさか、この事実を知っているからなのか・・・・・・!?
 クソッ、最悪だ!
 竜人と人との混血児など、イシュガルドでは禁忌の存在。
 正教は当然、是が非でも消しにくる・・・・・・!!
 こいつを護りきるには、どうしたらいい・・・・・・!?
 肝心の「暗黒騎士の極意」さえ、いまだ暗中だぞ・・・・・・!!」
死期を悟る老竜
「極意とはまた、大層なことを・・・・・・。
 たかだか500年と生きない短命のヒトが、
 いかなる真実を極めようというのかね・・・・・・?
 ・・・・・・負の感情の源流であり、護るための強さとなる心だって?
 ふむ、お前たちの様子を見れば、
 とっくにわかっていそうなものだがね・・・・・・。
 その心は、老いた私が口にするには、いささか青臭すぎる。
 ただ、遠い空に棲む、私の小さな友人たちならば、
 高らかに謳いあげてくれるだろう・・・・・・。」
シドゥルグ
「どういうことだ・・・・・・?
 詳しく教えろ!!」
死期を悟る老竜
「さてね・・・・・・。
 しゃべりすぎて、もう疲れてしまった・・・・・・。
 私は、そろそろ眠らせてもらうよ・・・・・・。
 ・・・・・・お前と出会えたおかげで、懐かしい夢が見られそうだ。
 ありがとう、小さきヒトの子よ・・・・・・・・・・・・。」
リエル
「私も・・・・・・会えて、よかった・・・・・・。
 おやすみなさい・・・・・・。」
シドゥルグ
「一度、「忘れられた騎士亭」に戻ろう・・・・・・。」
死期を悟る老竜
「もう、お行き・・・・・・。
 竜の眠りは、妨げるものではないよ・・・・・・。」
イシュガルドのシドゥルグと話す
リエル
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
シドゥルグ
「・・・・・・Nikuq。
 リエルを護るための戦い、お前はどう見る?
 俺は、こいつが何であれ、
 負った役目を途中で投げ出すつもりはない。
 俺自身のためにもな・・・・・・ただ・・・・・・」
????
「悪しき娘を庇い、我々に牙を剥く「暗黒騎士」というのは、
 貴様らのことだな?」
リエル
「・・・・・・・・・・・・ッ!」
シドゥルグ
「お前・・・・・・正教の手の者だな。
 フン、ついに街中でもお構いなしか・・・・・・?」
????
「勘違いするなよ、下郎。
 正義は我々、貴様らは悪だ。
 こうして穏便に言葉を交わせることを、ありがたく思え。」
イストリド
「我が名は、イストリド。
 心身を、イシュガルド正教に捧げる者だ。
 我々が、その娘を追っていることについては、
 もはや隠し立てするつもりもない。
 そして、貴様らに手を焼いていることもな。
 正教の核たる方々は、貴様らの追跡によって、
 いたずらに神殿騎士を損失することを望んではおらぬ。
 ・・・・・・ゆえに、こうして薄汚い店まで「取引」をしにきた。」
シドゥルグ
「取引、か・・・・・・。
 笑わせてくれるな。
 お前らが、リエルを追っている理由には、予測がついている。
 イシュガルド正教にとって禁忌の存在・・・・・・
 断じて許す気などないくせに、何をどう取引するつもりだ?」
イストリド
「ほう・・・・・・理由を知っていて娘を庇うか、逆賊め。
 無知であれば、恩赦のていをとり、
 娘を奪うつもりだったのだがな・・・・・・。
 まあ、よい・・・・・・。
 我々は、娘を含めた貴様ら3人との決闘を望む。
 私は、その娘の処遇について全権を預かった身。
 もしこの首を取ることができれば、
 ほかに貴様らを追うものはいないと約束しよう。
 ただし、この取引を断ったり、
 決闘の地に現れないようなことがあれば、
 今後は街中でも追っ手を放つ。
 他国に逃げ堕ちようが、必ず探し出して抹殺するゆえ・・・・・・
 快い返事をしてくれような?」
シドゥルグ
「・・・・・・心底、気に食わん女だ。
 決闘を待たず、今ここで首を落としてやりたいが、
 どうせ外に配下どもが控えているんだろう?
 その取引とやら・・・・・・
 乗る以外に、道はないようだな。」
イストリド
「・・・・・・逆賊のわりに、よい判断だ。
 では、決闘の日時については、追って使者を出す。
 それまで、精々おとなしくしておれ。」
リエル
「待って、お母さん・・・・・・!」
イストリド
「・・・・・・母と呼ぶなと言っただろう。
 穢れた血の娘め、貴様に家族などはない。」
シドゥルグ
「・・・・・・リエル。
 今、あいつに何て言った。
 お前、家族はいないんじゃなかったのか。」
リエル
「お母さん、牢屋に入れた私に、もう娘じゃないって・・・・・・
 家族だった記憶は消せって、言ったから・・・・・・。
 だから・・・・・・・・・・・・。」
シドゥルグ
「お前ッ・・・・・・!
 それを、どうして早く言わなかった!
 忘れろといわれて、馬鹿正直に従ったのか!?
 あの女は・・・・・・お前の実の母親はッ・・・・・・!
 神殿騎士を差し向けて、お前を殺そうとしているんだぞ!!」
リエル
「・・・・・・ッ・・・・・・・・・・・・。」
シドゥルグ
「クソ! クソッ・・・・・・!
 どこまで・・・・・・腐っていやがる・・・・・・・・・・・・!!
 すまん、Nikuq。
 少し、頭を冷やす時間をくれ。
 今後のことは、そのあとだ・・・・・・。」
立ちはだかる苦難を前に、新たな力が湧きあがる・・・・・・!
リエル
「・・・・・・黙ってたこと、ごめんなさい。
 言いつけを守ってれば、許してもらえると思ったの。
 だけど・・・・・・・・・・・・。」
  グロン・アールム:高地ドラヴァニアに咲く香り高い花