大いなる魂

大いなる魂

  • 依頼主 :シドゥルグ(イシュガルド:下層 X13-Y12)
  • 受注条件:暗黒騎士レベル54~
  • 概要  :忘れられた騎士亭のシドゥルグは、冒険者に提案があるようだ。

シドゥルグ
「Nikuq、お前か・・・・・・。
 ちょうどいい、次の手を打とうとしていたところだ。
 以前、バヌバヌ族のまじない師がリエルに言った、
 「大いなる魂」という言葉について、推測を立てた。
 連中のいう魂とは、身に宿すエーテルのこと・・・・・・
 とすると、ひとつ思い当たることがある。
 生前のフレイが、護身のため、
 リエルに幻術を教えたことがあったんだがな。
 こいつは、たちどころに、フレイ以上の術者になった。
 フレイいわく、リエルの魔力は異常なほど強いらしい・・・・・・。
 優秀な術者の血筋だとか、
 特異なエーテルの持ち主なのではと、推測していた。
 ・・・・・・それこそ、命を狙われる理由に繋がるかもしれん。
 そこで、グリダニアの幻術士ギルドにも、
 リエルを見せてみようと思う。
 問題は、神殿騎士の追っ手が掛かる可能性だが・・・・・・
 旅慣れたお前が護送を手伝ってくれるなら、
 不可能な旅ではないだろう。
 ・・・・・・恩に着る。
 では、ひとまず大審門を出て、
 「キャンプ・ドラゴンヘッド」で合流しよう。」
シドゥルグ
「グリダニアの幻術士ギルドに、
 リエルのエーテルについて、意見を求めてみようと思う。
 準備ができたら出発だ。」
リエル
「フレイはね、暗黒剣だけじゃなくて、癒しの力も使えたの。
 とっても優しくて、強い人だったんだよ。
 なのに決闘裁判で負けたのは、
 持たされた武器が酷かったからだって、シドゥルグが言ってた。
 でも・・・・・・いちばん悪いのは、きっと私だ・・・・・・。」
キャンプ・ドラゴンヘッドでシドゥルグと合流
リエル
「ここにくるの、はじめて・・・・・・。
 グリダニアも、はじめて・・・・・・。」
シドゥルグ
「・・・・・・来たか。
 ここから南下し、アドネール占星台を経由して、
 黒衣森に入ろうと思う。
 俺は、先にアドネール占星台に向かって、
 あちらに追っ手となりそうな奴がいないか調べよう。
 お前はリエルを連れて、あとから来い。
 ・・・・・・頼めるか?
 では、頼む。
 ここはもう皇都の外、いつ襲撃されてもおかしくない。
 くれぐれも注意しておけ。」
キャンプ・ドラゴンヘッドのリエルと話す
リエル
「Nikuq・・・・・・。
 シドゥルグ、行っちゃった・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・きっと、大丈夫。
 アドネール占星台まで、よろしくおねがいします。」
リエルを護衛しろ!
寂静のリエル
「アドネール占星台は、南だよね・・・・・・?」
神殿騎士団の重装騎兵
「見つけたぞ、標的の娘だ!
 ただちに始末しろッ!」
寂静のリエル
「追っ手・・・・・・!?
 いやっ・・・・・・逃げなきゃ・・・・・・!」
神殿騎士団の軽騎兵
「追え、追えーッ!
 首を取れとのお達しだぞ!」
神殿騎士団の重装騎兵
「どこまで駆けても無駄なこと!
 幼子の脚では、我らをかわせまい!」
寂静のリエル
「ハァ・・・・・・ハァ・・・・・・。
 お願い、来ないで・・・・・・!」
手練れの神殿騎士
「神殿騎士ともあろうものが、舐められたものだ。
 崇高なる使命、吾輩が遂げてみせよう!」
寂静のリエル
「あと少しなのに・・・・・・!
 どうしよう、Nikuq・・・・・・!」
(手練れの神殿騎士
「くらえぃ!」)
手練れの神殿騎士
「くっ、これほどの猛者がついているとは・・・・・・!
 今日のところは、撤退だ!」
寂静のリエル
「私たち、助かったの・・・・・・?」
「Nikuq、怪我は平気・・・・・・?
 ここまで護ってくれて、本当にありがとう・・・・・・!」
(失敗時)
寂静のリエル
「だめ・・・・・・私、行かなきゃいけないのに・・・・・・・・・・・・。」
リエル
「ありがとう、Nikuq。
 怪我は、平気・・・・・・?」
アドネール占星台のシドゥルグと話す
シドゥルグ
「無事か・・・・・・!?
 リエルから事情は聞いた。
 まったく、油断も隙もない連中め・・・・・・。
 だが、幸い、この占星台には追っ手らしき輩はいなかった。
 皇都から増援が来る前に、黒衣森へ抜けるぞ。
 イシュガルド領を出さえすれば、
 神殿騎士も、おいそれとは追ってこられまい。
 絶対の安全とは言えんが、危険は低くなる。
 今度は、俺がリエルを連れていこう。
 お前は先行してグリダニアへ向かい、
 「幻術士ギルド」に話をつけておいてくれ。
 ・・・・・・行くぞ、リエル。」
幻術士ギルドのエ・スミ・ヤンと話す
エ・スミ・ヤン
「おや、Nikuq。
 何か、ご用でしょうか?
 幻術について、問いたいことでも?
 ・・・・・・なるほど。
 まじない師の言う「大いなる魂」を宿す娘さんを、
 見てほしいということですね。
 構いませんよ。
 力になれるのであれば、協力しましょう。
 娘さんが到着するまで、どうぞこちらでお待ちください。」
シドゥルグ
「すまん、遅くなった。
 あれから襲撃を受けることはなかったが、
 こいつの歩幅が狭すぎてな。」
リエル
「ごめんなさい・・・・・・。」
エ・スミ・ヤン
「そういうときは、黙って歩みを合わせるのが、
 大人の余裕というものですよ。」
シドゥルグ
「・・・・・・誰だ、このガキは。」
エ・スミ・ヤン
「ふふ・・・・・・この幻術士ギルドを任されている、
 角尊のエ・スミ・ヤンと申します。
 こう見えても、あなたよりは年上です。
 あなたが、リエルですね。
 ・・・・・・なるほど、確かに、あなたからは強い力を感じます。
 こちらへ来て、姿勢を楽に。
 癒しの力を使うときのように、意識を集中してください。
 ・・・・・・・・・・・・ふむ。」
シドゥルグ
「どうだ・・・・・・?
 何かわかるのか?」
エ・スミ・ヤン
「・・・・・・ええ。
 これは・・・・・・想像以上ですね・・・・・・・・・・・・。
 目に見えずとも、肌に感じるほど、
 彼女は大きな力を宿しています。
 それも、鍛錬によって制御した力ではない。
 在るだけで脅威となるほどの・・・・・・そう、たとえば、
 精霊やドラゴン族と対峙したときの感覚に似ています。」
シドゥルグ
「精霊? ドラゴン族?
 馬鹿な・・・・・・そいつはどう見ても、ただの小娘だろう。」
エ・スミ・ヤン
「ええ、外見については間違いなく。
 ただ・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・あなたたちは、イシュガルドで禁書に指定されている、
 「ドラゴンになった少年」という童話をご存じですか?」
シドゥルグ
「童話・・・・・・?
 知らんな、何の関係がある。」
エ・スミ・ヤン
「その童話は、
 『ドラゴン族の血を飲んだ人は、ドラゴン族に変貌する』・・・・・・
 という伝承に基づき、書かれたものだといわれています。
 ゆえに、童話の存在を知る者の間では、
 ドラゴン族の血に、人を竜と成す力があるのではないかと、
 まことしやかに囁かれているのです。
 その竜の血を、彼女が飲んでいたとしたら?
 姿は変わらないまでも、竜になりかけた存在だとしたら?
 ・・・・・・強大なエーテルを宿すのにも、説明がつきます。」
シドゥルグ
「あ、ありえん!
 妄言だ・・・・・・ッ!!」
エ・スミ・ヤン
「私も、はっきりとした確証は持てません。
 しかし、イシュガルドは、
 ドラゴン族を巡る因縁と謀略が渦巻く地・・・・・・。
 本人にその意思がなくとも、
 企みに利用される可能性があることは、
 あなたたちの方がご存じなのでは?」
シドゥルグ
「・・・・・・・・・・・・ッ!」
リエル
「・・・・・・あの、私・・・・・・・・・・・・。」
エ・スミ・ヤン
「ああ、すみません。
 怖がらせるようなことを言ってしまいましたね。
 大丈夫、言葉はどうあれ、
 彼らは君のことを護ろうとしています。
 きっと、うまくいきますよ。
 イシュガルドに戻る前に、
 少し休息をとってはいかがでしょう?
 特に、リエルは旅慣れていない様子だ。
 カーラインカフェで英気を養ってから、
 帰路につくことをお勧めします。」
シドゥルグ
「・・・・・・・・・・・・そうさせてもらう。」
エ・スミ・ヤン
「あなたたちの往く道は、平坦なものではなさそうですね。
 しばし、カーラインカフェで休息を取るといいでしょう。
 ・・・・・・精霊の加護があらんことを。」
(イシュガルド)
シドゥルグ
「まだ、グリダニアでやることがある。
 現地で合流だ。」
カーラインカフェのリエルと話す
シドゥルグ
「・・・・・・・・・・・・クソッ。」
シドゥルグ
「まったく、はるばるグリダニアまで来て聞かされたのが、
 童話好きの空想話とはな・・・・・・。
 イシュガルド正教の盲信者も理解しかねるが、
 グリダニア人は、頭にまで花が咲いているのか?
 おい、リエル。
 黙って食ってないで、お前も否定くらいしたらどうだ。
 ・・・・・・おい!
 何とか言え!」
リエル
「・・・・・・私にだって、わからない。
 最初、神殿騎士のひとたちが来たのは、突然だった・・・・・・。
 私は捕まえられて、牢屋に連れていかれて、
 生きてちゃいけないから、そこにいろって言われたの・・・・・・。
 牢屋の壁は固くって、叩いた手が真っ赤になった。
 鉄格子は、氷より冷たかった。
 だから私は・・・・・・どこにもいけなかった。
 そのうち、出してもらえることになって、
 ついていったら、死ねっていわれたんだ。
 シドゥルグとフレイが助けてくれたから生きてるけど・・・・・・。
 いつだって、されることの理由は教えてもらえなかったよ。
 だけど私、竜の血なんて飲んでない・・・・・・本当だもん。
 ・・・・・・・・・・・・続き、食べていい?」
シドゥルグ
「・・・・・・好きにしろ。」
リエル
「・・・・・・・・・・・・。」
シドゥルグ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 ・・・・・・本当の、本当に、竜の血を飲んでいないんだな?
 飲まされたりもしていないな?」
リエル
「うん・・・・・・。」
シドゥルグ
「・・・・・・・・・・・・今も痛いとか、苦しいとかは、ないんだな?」
リエル
「うん・・・・・・。」
シドゥルグ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・うまいか、それ。」
リエル
「・・・・・・・・・・・・うん。」
シドゥルグ
「・・・・・・そうか、ならいい。
 Nikuq、すまんが、
 こいつが食い終わるまで、ついててやってくれ。
 俺は、少し・・・・・・街の空気を吸ってくる。
 終わったら、建物の外で合流だ。」
カーラインカフェのリエルと再度話す
リエル
「・・・・・・リンゴ、おいしかった。
 待っててくれて、ありがとう。
 待ち合わせは、建物の外だよね。」
リエル
「Nikuqも休めた・・・・・・?」
カーラインカフェ前のシドゥルグと話す
シドゥルグ
「もう出られるようだな・・・・・・。
 俺も、おかげさまで気は済んだ。
 帰りは、俺が皇都までリエルを連れていく。
 お前は、お前のペースで戻ってくれればいい。
 帰還後に、いつもの「忘れられた騎士亭」で会おう。
 ・・・・・・行くぞ、リエル。」
イシュガルドのシドゥルグと話す
リエル
「グリダニアで食べたリンゴ、おいしかった。
 だから、行きよりも早く歩けた気がするの。」
シドゥルグ
「Nikuq、互いに無事だな。
 行きに、お前が追っ手を完璧に退けてくれたおかげで、
 連中も警戒したのか、帰りの旅は順調だった。
 ・・・・・・お前、リエルにずいぶん懐かれていたぞ。
 道すがら、お前の心配ばかりされた俺の身にもなれ・・・・・・。
 最初はとんだ「暗黒騎士」だと思ったものだが、
 「護る」ということを、お前は理解し、やり遂げている。
 「暗黒騎士の極意」にも、近づいていることだろう。
 リエルについての謎は、まだ解けんが・・・・・・
 お前のおかげで、この旅は成し遂げられた。
 引き続き、頼むぞ。」
護衛の旅を成し遂げ、新たな力に目覚めた!