ココロココニアラズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ココロココニアラズ

  • 依頼主 :ウィルトウェーク(モードゥナ X22-Y8)
  • 受注条件:錬金術師レベル60~
  • 概要  :レヴナンツトールのウィルトウェークは、冒険者に「クローン」について調べてほしいようだ。

ウィルトウェーク
「いよいよ、捜査も大詰めだ!
 ララフェル族のならず者の供述で、
 事件の全貌が明らかになってきたぞ!
 首謀者は、たったひとりの錬金術師・・・・・・。
 犯罪集団と思われていたが、
 共犯どもは、ケチな雇われ者にすぎなかったようだ。
 ・・・・・・すべてを仕組んだ黒幕は、「ワーウード」という名だ!
 近東はサベネア島の出身で、
 外法な禁術も厭わぬ危険人物として、悪名高い存在らしい。
 奴が作っていた人造生命体「クローン」についてだが・・・・・・
 「聖コイナク財団の調査地」に情報を持つ人物がいる。
 先に向かった「チャネネ」から、話を聞いてみてくれ。」
聖コイナク財団の調査地のチャネネと話す
チャネネ
「ねえ君、ラムブルースさんと知り合いだったの?
 古代アラグ帝国の生んだ人造生命体「クローン」については、
 彼女もよく知っているだろうが・・・・・・って前置きされちゃったよ!?
 「クローン」とは肉体の複製品・・・・・・「魂のない分身」らしいの。
 共犯の話と合わせると、ワーウードの目的は「永遠の命」・・・・・・!
 若い分身に魂を移植しつづけ、不老不死を達成しようってわけ!
 ・・・・・・これで、すべてがつながったよ!
 古代アラグの遺物を盗んだのは「クローン」の錬成に使うため。
 人拐いをくりかえしたのは、人体実験に使うため。
 例の双子は、魂を「移植」する実験の犠牲者みたい・・・・・・。
 遺体は本物の失踪者で、生きてるほうが「クローン」。
 実験は失敗し、男性は命を落とした・・・・・・。
 言葉を発しない「近東風の若者」と「自失状態の失踪者」・・・・・・
 彼らこそ、魂のない人造生命体「クローン」だったんだよ!
 ・・・・・・でも、ワーウードの悪行も、ここまでだ!
 銀泪湖北岸に、新しいアジトがあることがわかったの。
 身柄を確保しにいくから、現地で合流しましょ!」
ラムブルース
「ウネとドーガという、古代アラグの「遺産」と接触したことで、
 我々は、魔科学の所産たる人造生命体「クローン」について、
 多くの知見を得ることができた・・・・・・。
 だが、「クローン」の存在を知る者すら稀な現代において、
 不完全ながら、その技術を甦らせた錬金術師がいようとは・・・・・・!
 この件は、今後も刮目していく必要がありそうだ。」
(レヴナンツトール)
ウィルトウェーク
「銀泪湖北岸で、ワーウードの新しいアジトが発見された。
 突入をかけるぞ!」
唄う裂谷の西でチャネネと合流
ウィルトウェーク
「来たな!
 ついにワーウードを追いつめたぞ!」
チャネネ
「みんな、集まったね!
 ワーウードをとっ捕まえるよ!」
ウィルトウェーク
「アジトはこの奥だ。
 さあ、いくぞ・・・・・・突入ッ!」
チャネネ
「ワーウード、確保!
 やったね、これで事件は解決だ!」
ワーウード
「フッ・・・・・・ぬか喜びだ・・・・・・
 俗人ども・・・・・・。」
ウィルトウェーク
「やはり、例の怪しい老人がワーウードだったか。
 抵抗らしい抵抗もなかったが、まだ何か企んでるのか・・・・・・?
 いずれにせよ、尋問次第だな。
 さて、Nikuq。
 我々も、一旦戻るとしよう。」
ウィルトウェークと話す
ウィルトウェーク
「ワーウードの尋問が始まったぞ。
 だがあの野郎、自分はワーウードではないと言い張っている!
 治安を預かる者として、確たる反証を提出せねばならん。
 もっとも、首謀者が高位の錬金術師だという証拠は数多い。
 その時点で、容疑者はかなり絞られる。
 たとえば高名なジャルザーン師、セヴェリアン・・・・・・そして君だ!
 ・・・・・・心配するな、君らにはアリバイがある!
 要はあの老人が、君らに比肩する錬金術師だと証明すればいい。
 どうだ、セヴェリアンとともに、その方法を探ってくれないか?
 確保した際、奴は、
 「インデックス・オブ・オーラムレギスHQ」を所持していた。
 これが、証拠になればいいんだがな・・・・・・。」
錬金術師ギルドのセヴェリアンと話す
セヴェリアン
「なんの用だ、我が助手よ?
 ・・・・・・そうか・・・・・・例の事件の首謀者が捕縛されたと?
 錬金術師ワーウード、聞き覚えのある名だ。
 なるほど、そいつに犯行の証拠を突きつけたいのだな。
 ふん、世俗の穢れにまみれた雑用か・・・・・・
 いや待て・・・・・・・・・・・・これは・・・・・・例の試薬の効能を試す絶好機!
 奴が持っていたという魔道書を製作できる錬金術師は、ごく少数。
 つまり、ワーウード自身が錬成した可能性がある。
 ・・・・・・そう、それを証明すればいいのだ!
 錬金術師のエーテルには、ひとりひとりに固有の「色」がある。
 そして魔道書に魔紋を記す際、製作者のエーテルの一部は、
 エンチャントインクを通じて魔道書に混入してしまう。
 もっとも、エーテルの「色」を見分ける手段はないとされていた。
 ・・・・・・これまでのところは、な。
 だがここに・・・・・・エーテルの「色」を目に見せる粉末がある。
 たとえば、私のエーテルが「紫色」だとすれば、
 私の製作した魔道書も、同じ「紫色」の反応を示すのだ!
 私が考案したこの粉末を使えば、魔道書の製作者を特定できる。
 さあ、試薬を「ウィルトウェーク」に届けるがよい!」
セヴェリアン
「私が考案した粉末を使えば、魔道書の製作者を特定できる。
 さあ、試薬を「ウィルトウェーク」に届けるがよい!」
レヴナンツトールのウィルトウェークにセヴェリアンの試薬を渡す
ウィルトウェーク
「・・・・・・なるほど、セヴェリアンめ、考えたな。
 その「セヴェリアンの試薬」とやらを見せてくれ。
 あの男が言うと簡単に聞こえるが、すごい発明なんだろう?」
(セヴェリアンの試薬を渡す)
ウィルトウェーク
「・・・・・・ふむ、これがその試薬か。
 製作者が違えば「色」も違うというのなら、比較対象として、
 別人が製作した、同じ魔道書を用意する必要があるな。
 Nikuq、事件解決に最後の力を貸してくれ。
 「インデックス・オブ・オーラムレギスHQ」の製作を依頼したい!
 製作がそれほど困難な品ならば・・・・・・頼めるのは君だけだ!」
インデックス・オブ・オーラムレギスHQを製作
ウィルトウェークにインデックス・オブ・オーラムレギスHQを納品
ウィルトウェーク
「有罪か、無罪か・・・・・・ワーウードに審判を下すために、
 冒険者ギルド本部から特使が招かれた。
 審理は「セブンスヘブン」を借り切って行われる。
 証拠品も用意し、ワーウードを護送する準備も整った。
 あとは「インデックス・オブ・オーラムレギスHQ」さえ用意できれば、
 審理を開始できるぞ!」
(インデックス・オブ・オーラムレギスHQを渡す)
ギルド本部の特使
「では、始めようか。
 ・・・・・・ウィルトウェーク、告発の弁を。」
ウィルトウェーク
「・・・・・・というように、この者は、かかる手口で人々を拉致し、
 恐るべき人造生命体の実験を行っていたのであります。
 魂なき「クローン」・・・・・・彼らの存在が、ゆるぎない証拠!」
ギルド本部の特使
「だが、この者は、
 みずからが錬金術師であることを否認しているが?」
チャネネ
「それが偽りであることを、これから証明します!
 これは、ワーウードが所持していた魔道書。
 これほどの魔力を秘めた魔道書を製作可能な者は、
 ごくごく少数の錬金術師にかぎられます!」
スラフボーン
「・・・・・・それを彼自身が錬成したことを証明すれば、
 この者が、高等な技術を有する錬金術師であることの、
 動かぬ証拠になるというわけか。」
ウィルトウェーク
「魔道書に魔紋を施す際、その「インク」には、
 製作者のエーテル特性が反映されます。
 ・・・・・・いわば、錬金術師の「指紋」のようなもの。
 それを目に見える形にすべく、錬金術師ギルドより、
 エーテルの性質を「色」で示す試薬を取り寄せました。」
ギルド本部の特使
「ほう・・・・・・?」
チャネネ
「こちらは、Nikuqどの。
 このたびの事件の解決に、多大なるご尽力をいただいた、
 エオルゼアでも屈指の錬金術師・・・・・・ちょっと、失礼!
 この方のエーテルは、「青色」の性質を示しました。
 一方こちらは、この方の製作された魔道書。」
ギルド本部の特使
「・・・・・・なるほど、製作者と同じ色だ。
 この試薬を使えば、魔道書の製作者を特定できると?」
チャネネ
「次に、この者・・・・・・ワーウードと、
 彼が所持していた魔道書で、同じ試験をしてみましょう。」
スラフボーン
「おお・・・・・・
 その者が錬成したなら、この書は「赤色」を示すはずだな!」
ギルド本部の特使
「決したな・・・・・・。
 この者こそ、近東で悪名を馳せし錬金術師ワーウード!
 ワーウード、抗弁はあるか?」
ウィルトウェーク
「護送のときから、ずっとあの調子なんだ。
 文字どおり、「魂が抜けた」みたいに・・・・・・。」
チャネネ
「ウィルトウェーク、追って!
 あっちが本物のワーウードだよ!」
ウィルトウェーク
「ど、どういうことだ!?」
チャネネ
「あいつはワーウードの「クローン」だったんだよ!
 護送中に、「本体」の魂を移し替えたに違いないよ!」
ウィルトウェーク
「Nikuq、助かったぞ!
 謝礼を弾まないとな!」
レヴナンツトールのウィルトウェークと話す
チャネネ
「Nikuq、おつかれさま!
 最後は、どうなることかと思ったよ!」
ウィルトウェーク
「Nikuq、おつかれさま!
 あの「近東風の若者」が、ワーウード自身の「クローン」だと、
 君は気づいていたのか?」
チャネネ
「ホント、危なかったよ・・・・・・。
 魂を移し替えて永遠の命を得るには、「若い分身」が必要。
 若い「クローン」がいても、おかしくないよね。」
ウィルトウェーク
「おそらく、わざと捕まえさせていたんだろう。
 ・・・・・・もしものときの、逃走手段として。
 奴にはこれから、これまで犯した罪を償わさせてやるさ。
 若返った分、た~~っぷりと時間をかけてな・・・・・・!
 捜査顧問どののおかげで、無事に事件は解決だ!
 次も何かあったら、よろしく頼むぞ!
 ・・・・・・もっとも、こんな難事件は、二度と起きてほしくないけどな!」
チャネネ
「また3人で、難問を解決したいね!
 願わくは今度は、誰も悲しい想いをしないといいな。
 じゃあね、Nikuq・・・・・・ううん、またいつか!」
ウィルトウェーク
「実は・・・・・・この仕事に就く前は、オレも冒険者をやっていたんだ。
 当時ウルダハで、錬金術師ギルドから依頼を受けたことがあってな。
 セヴェリアンはそのときの依頼主だ。
 ・・・・・・依頼は、簡単な材料探しって話だったが、
 あれよあれよと、勇壮な叙事詩が書けそうな大冒険になっちまった!
 こっちも意地になって、求める材料を手に入れてやったさ!
 今回、セヴェリアンに捜査協力を要請したときは、
 無視されるかと思ったが、実際は君のような凄腕をよこしてくれた。
 あんな男でも、むかしの負い目を感じていたりするのかね・・・・・・?」
(ウルダハ)
セヴェリアン
「レヴナンツトールでの事件は、無事に解決したそうだな。
 私の試薬も、ひと役買ったと聞いているぞ。
 実は、ろくに試験もせず渡したのだが、問題なく使えただろう?
 ふふふ・・・・・・助手よ、お前にはもはや説明の必要もあるまい?
 万が一、問題が起きたら、それはそれで面白い展開が見られる・・・・・・
 かかる実験精神こそ、我ら求道の徒に欠かせぬ資質なのだ!」
(何を聞く?)
(近況について)
セヴェリアン
「私の近況だと?
 実はお前が持ち込んだ奇妙な事件がきっかけで、アラグの遺産・・・・・・
 人造生命体「クローン」とやらに興味を持ったぞ。
 ・・・・・・とでも、言うと思ったか!?
 ははは! 私は命を創る秘法を求め、古今の文献を渉猟せし者!
 アラグの秘法についても、下手な史家よりよほど知悉している!
 古の錬金術師らは、たしかに我らの究極の目標のひとつ・・・・・・
 「永遠の命」の叡智に迫ろうとしていた。
 だが、忘れるな・・・・・・それでも、彼らは滅亡したということを!
 彼らの魔科学には、魂の神秘についての考察を欠く面があった。
 ゆえに私は、彼らの「模倣」は、探究の正道たりえぬと考える。
 助手よ、忘れるな・・・・・・万物は我らの素材、発見は日常に潜む。
 過去の遺物を掘り返し、先人の軌跡を追うばかりが、
 真理に到る道ではないということだ!」
  セヴェリアンの試薬:エーテルの色を示すとされる謎めいた粉末