正義のために破壊を

正義のために破壊を

  • 依頼主 :ラライ(ウルダハ:ザル回廊 X12-Y13)
  • 受注条件:黒魔道士レベル58~
  • 概要  :ミルバネス礼拝堂のラライのもとに、誰か訪ねてきたようだ。

ラライ
「聞いてください、Nikuq Niuniuよ!
 珍しいこともあったものです・・・・・・!
 ザイ・ア・ネルハーが、私たちを訪ねてきました。
 砂時計亭に宿泊しているとのことですので、
 さっそく「クイックサンド」へ行ってみましょう。
 何の用でしょうか・・・・・・。」
ラライ
「ザイ・ア・ネルハーは、砂時計亭に宿泊しているそうです。
 さっそく「クイックサンド」へ行ってみましょう。」
クイックサンドのザイ・ア・ネルハーと話す
ザイ・ア・ネルハー
「よく来てくれたね・・・・・・。
 Nikuqに、頼みたいことがあるんだ。
 イシュガルドの神殿騎士団から、
 グリダニアの幻術士ギルドに情報が寄せられた。
 ・・・・・・「まつろわぬ魔道士」が目撃されたらしい。
 各都市に捜査協力を要請していたのが幸いしたよ。
 連中は「ドラゴン族を倒す力を授ける」という誘い文句で、
 都市内で勧誘していたそうだ。
 幸いにも、イシュガルドは長き鎖国政策を解きつつあり、
 皇都に入ることも、昔ほど難しくはなくなった・・・・・・。
 だが、残念ながら、僕はかの地の事情に疎くてね・・・・・・。
 「まつろわぬ魔道士」たちを探すにも、人手が必要だ。
 君の力を、貸してくれないか?」
ラライ
「今まで、黒魔道士を拒んできたあなたの要請・・・・・・。
 私たちを受け入れてくれたと考えていいのですね?」
ザイ・ア・ネルハー
「情報を提供してくれた神殿騎士が、
 イシュガルド都市内の「聖徒門」で待っているそうだ。
 君の準備が整い次第、さっそく向かおう・・・・・・。」
ラライ
「ザイ・ア・ネルハーの言葉を信じたいですが・・・・・・。
 いくら、あなたへの誤解が晴れたとはいえ、
 「破壊の力」を嫌う彼が、完全に心を許したとは思えません。
 いったい、何を考えているかわかりませんが・・・・・・
 ザイ・ア・ネルハーの動向にも注意してみてください。」
聖徒門付近の精強な神殿騎士と話す
ザイ・ア・ネルハー
「「まつろわぬ魔道士」め、どこにいる・・・・・・!」
精強な神殿騎士
「貴公らが、グリダニアから派遣されてきた者だな?
 あの口やかましい集団を、なんとかしてくれ。
 「ドラゴン族を倒す力を授ける」など、バカバカしい。
 我々には我々の戦い方があると言ってやったのだが、
 聞く耳持たずに喚き散らしおって・・・・・・。
 放置するわけにもいかず、皇都から追い払ったが、
 今度は、クルザス西部高地に現れ、
 「聖フィネア連隊の露営地」で勧誘をつづけているそうだ。
 ・・・・・・聖フィネア連隊は、ドラゴン族を狩り、
 名を挙げようという血気盛んな連中が多い。
 奴らの甘言に踊らされる者が現れないともかぎらんからな・・・・・・。」
ザイ・ア・ネルハー
「ええい、「まつろわぬ魔道士」め、恥知らずな連中だ・・・・・・。
 さあ、「聖フィネア連隊の露営地」へ向かおう・・・・・・!」
精強な神殿騎士
「放置するわけにもいかず、皇都から追い払ったのだが、
 今度は、クルザス西部高地に現れたらしい。
 「聖フィネア連隊の露営地」で勧誘を続けているそうだ。」
聖フィネア連隊の露営地でザイ・ア・ネルハーと話す
ザイ・ア・ネルハー
「「まつろわぬ魔道士」らしき姿は見えないな・・・・・・。
 手分けして、聖フィネア連隊の者たちに話を聞いてみよう。」
「まつろわぬ魔道士」の情報を集める
聖フィネア連隊の騎兵
「・・・・・・おお、そいつらの誘いは断ったぜ!
 あいにく魔法より、肉弾戦のほうが得意なもんでな!」
聖フィネア連隊の弓兵
「ああ、あの妙な集団か・・・・・・。
 僕らはドラゴン族と戦うため、さまざまな研究をしてきた。
 外様の者に学ぶことはないと、言ってやったよ。」
聖フィネア連隊の槍兵
「・・・・・・「まつろわぬ魔道士」だと? またその話か。
 奴ら「秘術を授けてほしくば、我らのもとへ」とか、
 ひとしきり喚いたあと、露営地を去って行ったぞ・・・・・・。
 「スウィフトラン川」の辺りに陣取っているそうだ。
 しかし、さっきから何なんだ・・・・・・?
 同じ事を聞いてきたミコッテ族の男が、慌てて走っていったが。」
ザイ・ア・ネルハーを追う
「まつろわぬ魔道士」の構成員たちを倒せ!
ザイ・ア・ネルハー
「うぐっ・・・・・・ここで逃すわけにはいかない。
 Nikuq、ヤツらを倒すんだ・・・・・・!」
「伏兵か・・・・・・! 奥から攻めてくるぞ!」
「まずい、ヤツら、妖異を召喚したぞ!
 ヴォイドクラックを潰すんだ!」
「まだ潜んでいたのか・・・・・・。
 ヴォイドクラックから召喚される妖異に気をつけろ!」
ザイ・ア・ネルハー
「・・・・・・協力を求めときながら、ひとりで突っ走ったことに、
 怒っているのかい?
 だが、君が戦えばどうなる・・・・・・。
 敵も持てるかぎりの「破壊の力」で応戦するはずだ。
 そして、己の力を制御できずに、死んでしまう・・・・・・!
 たとえ悪人であろうと、無意味に死なせていいはずがない。
 だからこそ、僕ひとりで戦おうとしたのに・・・・・・。
 情けないな・・・・・・。
 僕の「癒しの力」は、奴らの「破壊の力」に対して、
 まったく太刀打ちできなかった・・・・・・。」
(なんと言葉をかける?)
(協力すればいいのでは)
(ひとりでなんて無謀すぎる)
ザイ・ア・ネルハー
「・・・・・・そうだね。
 ひとりで行動した結果がこのザマだ。
 協力して行動していれば、結果は違ったかもしれない。
 「破壊の力」と「癒しの力」を合わせて・・・・・・。
 君が倒し、僕が癒していれば・・・・・・。
 ・・・・・・僕は、本当に愚かだな。
 「破壊の力」すべてを悪だと決めつけて、
 正しく力を使っていたはずの、君のことも信じられなかった。
 ・・・・・・すまない、僕が独走したがために、
 ウォルディーヴの足取りを、途絶えさせてしまった・・・・・・。
 「ラライ」にも、この結果を謝罪しておいてほしい・・・・・・。
 なに、これでも角尊からの勅命を受けた道士だ。
 ひとりでも帰れる・・・・・・少し、頭を冷すよ・・・・・・。」
ミルバネス礼拝堂のラライに報告
ラライ
「イシュガルドへの旅路、ごくろうさまでした。
 あら、ザイ・ア・ネルハーは・・・・・・?
 ・・・・・・そうですか。
 イシュガルドでの勧誘活動を阻止できてよかったと、
 彼も、そのように考えてくれれば良いのですが・・・・・・。
 遠方のイシュガルドまで足を伸ばしたということは、
 やはり「まつろわぬ魔道士」の勢力拡大計画は、
 うまくいっていないと考えていいでしょう。
 黒魔道士Nikuq Niuniuよ。
 あなたに、「ナルの書」に記された最後の禁術・・・・・・
 「ブリザジャ」を授けます。
 決戦の日も、そう遠くはありません・・・・・・!
 更なる黒魔法を覚えたければ、ウォルディーヴを倒し、
 「ザルの書」を取り返すのです!」
「ナルの書」に記された古の知識を得た!