バヌバヌ族は羽根が命

バヌバヌ族は羽根が命

  • 依頼主 :ムナバヌ(アバラシア雲海 X6-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ナッキ島のムナバヌは、なにやら居心地が悪そうだ。

ムナバヌ
「そろそろ、そろそろ、換羽期だというのに・・・・・・。
 これはNikuqさま、ちょうど良いところに。
 ぜひ、手を貸してくださりませぬか?
 実は、実は、櫛の数が足りず、困っておりまして。
 優れた櫛職人として名高い「大らかなズンド」と取引し、
 櫛を分けていただくのに、協力してほしいのです。
 ピチピチのワモーラカンパの柔肉であれば、
 ズンドの方も快く物々交換に応じてくださるはず。
 ただ、生まれたての幼虫は警戒心が強く、巣穴から出てきません。
 ですから幼虫は、巣穴を煙で燻し、引きずり出してください。
 煙を出すには、「ブルーウィンドウ」にある、
 「乾いた枯れ草」を燃やすのがよいでしょうな。
 首尾よく「ワモーラカンパの柔肉」が取れたなら、
 それを「グナバヌ」殿にお渡しください。
 2匹ぶんも渡せば、きっと取引してくださるでしょう。」
指定地点で乾いた枯れ草を入手
ワモーラの巣穴に乾いた枯れ草を使い、現れた幼虫からワモーラカンパの柔肉を入手
グナバヌにワモーラカンパの柔肉を渡す
グナバヌ
「おや、あなたは・・・・・・。
 なるほど、なるほど、グンドの代理で櫛の取引と。
 いったいどのようなものと、櫛を交換してくださるのかな?」
(ワモーラカンパの柔肉を渡す)
グナバヌ
「これは、これは、ワモーラカンパの柔肉!
 このように香り高き花蜜の如く美味な肉を2匹ぶんも!
 ありがたい、我らの櫛であればいくらでも持っていくがいい!」
グナバヌ
「やはり、やはり、ワモーラの肉は生まれたてのものにかぎる。
 2匹ぶんあることだし、グヌバヌの奴と分けて食べるとしよう。
 ありがとう、グンドの方々にもよろしくお伝えしてほしい。」
ムナバヌにズンド製の櫛を渡す
ムナバヌ
「・・・・・・どうやら取引に成功したようですな。
 あとでグナバヌ殿にはお礼を言いにいかなければ。
 さて、さて、「ズンド製の櫛」をいただけますかな?」
(ズンド製の櫛を渡す)
ムナバヌ
「これこそ、これこそ、「ズンド製の櫛」!
 青々とした葉が茂る樹木のように見事です。
 この櫛なら、羽繕いも問題ありません!
 そろそろ、そろそろ、羽根が抜け替わる換羽期です。
 この時期は、特に丁寧に羽繕いしなければ、
 気持ち悪くて仕方がありません。
 それに、それに、古い羽根をつけたままでは病気になりますし、
 そんなみすぼらしい鳥の如きバヌバヌ族とは、
 誰も雛を作りたいなどと思わぬでしょう?
 それゆえ、それゆえ、我らにとって櫛は必需品。
 いくらあっても足りぬということはないのです。
 さて、さて、それでは早速この櫛で、私も羽繕いをせねば!」
  乾いた枯れ草:燃やすと多量の煙を出す乾いた枯れ草
  ワモーラカンパの柔肉:ワモーラカンパの柔らかな肉
  ズンド製の櫛:ズンド族が魔物の骨で作った櫛