大いなる母の支配

大いなる母の支配

  • 依頼主 :アヴェリル(イシュガルド:上層 X12-Y10)
  • 受注条件:裁縫師レベル58~
  • 概要  :イシュガルドのアヴェリルは、なにやら困っているようだ。

アヴェリル
「裁縫師さん、聞いてください!
 おかげさまで、デュランデル家の騎兵団に入団できました!
 母には伝えてませんが、戦場に出てしまえばこっちのものです。
 ・・・・・・ところが、母も何か察したのか、
 私に、大聖堂に寄付する綿糸を紡ぐよう言ってきたのです。
 どうにか、急いで用意はしました・・・・・・。
 裁縫師さん・・・・・・申し訳ないのですが、
 「聖レマノー大聖堂」にいる母「グレンダ」に、
 「寄付用の綿糸」を届けていただきたいのです。
 個人的なことですし、私が渡しに行くべきなのですが、
 訓練に出かけたフレスキンが心配で・・・・・・。
 彼が帰るまで待っていたいのです・・・・・・お願いします!」
グレンダに寄付用の綿糸を渡す
グレンダ
「・・・・・・なんでまた、あなたがここにいるのかしら?」
(寄付用の綿糸を渡す)
グレンダ
「・・・・・・あなたがこれを持ってくるなんて、どういうこと?
 それにしても、思ったより早くできちゃったわね。
 ちょっと、簡単すぎたかしら・・・・・・。
 きっと、娘も成長しているってことね・・・・・・
 それじゃあ次は、修道士のローブを作ってもらおうかしら・・・・・・。
 娘に伝えておいてちょうだい。
 できないようだったら、外出を禁止することにするわ。
 裁縫をするのに、外に出る必要はありませんからね。
 ああ、もちろん・・・・・・あなたが作っちゃダメよ。
 私には、娘が作ったものかどうかくらい、わかるんですから!」
アヴェリルに報告
アヴェリル
「裁縫師さん、お手数をおかけしました。
 フレスキンも無事に帰ってきましたよ。
 今度は帰り道で、滑って転んだみたいですけど・・・・・・。
 ・・・・・・ええっ?
 そんな・・・・・・修道士のローブだなんて・・・・・・
 私には難しすぎます。
 やっぱり、母は何かを嗅ぎつけているようですね。
 どうしても私を裁縫漬けにして、家に閉じ込めたいようです。
 裁縫師さんに頼めば、すぐにでも作ってもらえるのでしょう。
 ですが、母が言うように、誰が作ったかは一目瞭然・・・・・・
 やはり自力で作らなければなりません。
 問題は、修道士のローブに使われる、
 素材の「クロウラーの絹糸HQ」です。
 イシュガルドでは、中々手に入らないもの・・・・・・。
 裁縫師さん、力を貸してください。
 品質の高い「クロウラーの絹糸HQ」を、
 3つほど紡いでほしいのです・・・・・・よろしくお願いします!」
クロウラーの絹糸HQを製作
アヴェリルにクロウラーの絹糸HQを納品
アヴェリル
「品質の高い「クロウラーの絹糸HQ」を、
 3つほど紡いでほしいのです・・・・・・よろしくお願いします!」
(クロウラーの絹糸HQを渡す)
アヴェリル
「なんて、美しい糸でしょう・・・・・・!
 これがあればきっと、母も納得する修道士のローブが作れます。
 よーし、今すぐ作ってきますね!
 裁縫師さんにも見てもらいたいので、しばらくお待ちください!」
アヴェリル
「・・・・・・ハァハァ、なんとか・・・・・・できました!
 裁縫師さんの糸が、高品質で丈夫だったからこそ、
 私の腕でも編みきることができましたよ。」
グレンダ
「・・・・・・アヴェリル、こんなところで油売ってるヒマあるの?
 修道士のローブはできたのかしら?」
アヴェリル
「はい、もうできました!」
グレンダ
「なんですって・・・・・・!?
 裁縫師さんに、作ってもらったんじゃないでしょうね!」
アヴェリル
「素材作りは裁縫師さんに手伝ってもらいましたが、
 品を作ったのは正真正銘、私です!」
グレンダ
「・・・・・・この縫い目の癖は・・・・・・確かにあなたのもの・・・・・・。
 まさか・・・・・・本当に作れるなんて・・・・・・。」
アヴェリル
「では、私はこれからも、外出させていただきますから・・・・・・。
 ここは家の中より、ずっと居心地がいいんです。」
グレンダ
「まぁ・・・・・・なんて反抗的な物言いでしょう!
 ・・・・・・まるで、昔の私みたい。」
アヴェリル
「昔の・・・・・・お母さん・・・・・・?
 ・・・・・・ともかく、これで幻術の修行が再開できそうですね。
 初陣の日が近づいたら、また装束の製作をお願いしたいです!」
  寄付用の綿糸:アヴェリルが紡いだ綿糸の束