死より冥き闇に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死より冥き闇に

  • 依頼主 :皇都の市民(イシュガルド:上層 X13-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :皇都の市民は、異端の剣士について話してくれるようだ。

皇都の市民
「君、今日は一段と、風が冷たく感じないかね・・・・・・?
 それとも、あんな凄まじい戦いを見た後だからだろうか・・・・・・。
 ・・・・・・私は、先ほど行われた「決闘裁判」を見ていたんだよ。
 異端の嫌疑をかけられた剣士と、告発した神殿騎士様が、
 戦神「ハルオーネ」の御前で、真の正義を示すために戦ったのさ。
 異端の剣士は、あろうことか盾を持っていなかった。
 神殿騎士様の素早い一撃が決まり、
 すぐに決着がついた・・・・・・はずだったのに!
 ああ、その先は思い出すだけでも恐ろしい・・・・・・!
 あの剣士はまるで、貴族仲間の間で噂されている、
 禁忌の断罪者・・・・・・「暗黒騎士」にそっくりじゃないか!
 ・・・・・・おっと。
 大声で話すようなことではないな。
 この話はここまでにしておくとしよう・・・・・・。」
(「暗黒騎士」について追求する?)
(いいえ)
皇都の市民
「今の話は、忘れた方がいい。
 興味を持ったが最後、好奇心に殺されるぞ・・・・・・。」
(はい)
皇都の市民
「・・・・・・続きを話せと?
 も、もう終わりだと言っただろう!
 君も、よくよく物好きだな・・・・・・。
 ならば、もっと近づいて耳を貸すんだ。
 異端の嫌疑をかけられた者について話していると知れたら、
 私まで疑念の目で見られるからな・・・・・・。」
皇都の市民
「・・・・・・よし、先ほどの続きを話してやろう。
 異端の剣士と、神殿騎士様の決闘裁判は、
 神殿騎士様の一撃によって、あっけなく終わるはずだった。
 攻撃を受けた異端の剣士から、音もなく何かが滴る・・・・・・
 最初は、血だろうと思ったよ。
 だがね、滴ったのは黒い闇・・・・・・そう、まさに「暗黒」だった!
 揺らめきたつ暗黒に、身の丈ほどもある大剣をかざして、
 異端の剣士は、神殿騎士様に立ち向かい続けた・・・・・・。
 ・・・・・・そして、死んだよ。
 途中で降参すれば、ひとまず命は助かっただろうに、
 彼は最後まで戦うのをやめなかったんだ。
 何がそうさせたのか・・・・・・。
 そして、本当に「暗黒騎士」だったのかも、
 今となっては知る術がない。
 それでもまだ気になるなら、骸でも見てきたらどうだ?
 今しがた「雲霧街」の方へと運ばれていったぞ。
 ・・・・・・無論、私は関わりたくもないので、これにて失礼するよ。」
雲霧街で堅物な神殿騎士を探す
堅物な神殿騎士
「ここまで運べば十分だろう。
 所詮は罪人の死体だ・・・・・・
 あとは、雲霧街の「清掃屋」に任せればいい。」
物臭な神殿騎士
「おい・・・・・・。
 そろそろ戻ろうぜ。」
・・・・・・痛い・・・・・・苦しい・・・・・・・・・・・・
嫌だ・・・・・・もう十分だ・・・・・・・・・・・・
やめたほうがいい・・・・・・このままじゃ壊れてしまう・・・・・・
ねえ 聞こえてる?
どうして・・・・・・どうしてこっちを見てくれないの・・・・・・?
気づいて Nikuq・・・・・・
Nikuq Niuniu・・・・・・!
????
「僕のこと、わかるんだね・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・いえ。
 気がついたようで何よりです。
 外傷はないようですが、苦しそうに呻いていたので・・・・・・。」
フレイ
「僕は・・・・・・えっと・・・・・・
 ああ、「フレイ」という名前みたいですね。
 ・・・・・・すみません、自分でもちょっと混乱していて。
 いわれのない罪で告発されて、決闘裁判に臨んだものの、
 力及ばず敗北してしまいました。
 こうして、一命を取り留められたのが・・・・・・嘘のようです。
 僕のことより、心配なのは君の方だ。
 君は今、僕の「ソウルクリスタル」に手を伸ばしたでしょう。
 苦しんでいたようですが、ほかに異変はありませんか・・・・・・?
 眩暈の最中に、誰かの「声」が聞こえたと・・・・・・。
 ああ、なんてことだ・・・・・・それはきっと・・・・・・・・・・・・」
老婆の悲鳴
「きゃあああっ!
 だ、誰か、お助けをッ・・・・・・!」
フレイ
「・・・・・・待ってください。
 ソウルクリスタルに込められていた僕の力に触発されて、
 君の中にも、同じ力が芽生えはじめているようです。
 己の内の闇より生じる力・・・・・・「暗黒」の力。
 それを御す術を知らないまま戦いにでもなれば、
 力の暴走が起き、君が内から崩壊しかねません。
 だから、君はまず知るべきだ。
 「暗黒」の力を、君のものとする方法を。
 その力を御し、弱き者を護るために戦う僕らは、
 記憶によると、こう呼ばれています・・・・・・
 「暗黒騎士」とね。」
フレイと話す
フレイ
「君が「暗黒騎士」のことを知りたがっていたなら、都合がいい。
 先ほどの老婆の悲鳴も気にかかりますし、
 さっそく、君に「暗黒騎士の証」を継承してもらいます。
 「暗黒騎士」となるために、爵位や血統は不要です。
 僕たちは、誰に仕えるのでもなく、
 己の信念に従い、弱き者を護るために剣を振るう・・・・・・。
 ゆえに「暗黒騎士」は、盾を掲げません。
 騎士の盾には、権力の象徴である紋章が描かれますから。
 ただ「両手剣」のみを手に、己を弱き者の盾とするのです。
 さあ、僕の剣とソウルクリスタルを、君に授けましょう。
 これらを身につけ、誓いを立ててください。
 いかなる力を前にしても、君は君の信念によって生きると・・・・・・。」