かっとばせ、ブンド

かっとばせ、ブンド

  • 依頼主 :ムナバヌ(アバラシア雲海 X6-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ナッキ島のムナバヌは、悩みごとを抱えているようだ。

ムナバヌ
「こまった、こまった、Nikuqさん。
 私たちは、立ちこめる濃霧のように深く悩んでいるのです。
 どうか我らグンドに迫る危機に対処するため、
 リヌバヌさまに、声をかけてはいただけないでしょうか?」
群雲のリヌバヌと話す
群雲のリヌバヌ
「おのれ、おのれ、「冷酷なるブンド」どもめ!
 グンドの狩人たちを脅し、追い散らすとは何事か!
 俺の心は、沸き立つ雲のように怒りに満ちているぞ!
 頼む、Nikuqよ。
 「ブンド族の暴漢」を追い散らしてきてはくれぬか?
 商人のルナバヌに声をかければ、サヌワを貸してくれるだろう。
 「ブンド族の暴漢」にサヌワの「突風」を浴びせ、
 確実に吹き飛ばしてきてくれ!」
商人のルナバヌと話す
商人のルナバヌ
「これは、これは、サヌワがご入り用ですと?
 それでは、私が丹精込めて育てたサヌワをお貸ししましょう。
 吹き荒れる台風の如き、「突風」を吹くことができますよ!」
サヌワに騎乗してブンド族の暴漢に突風を使う
ブンド族の暴漢
「どうだ、どうだ、吾輩の「太陽の舞」は!
 怖れおののけ、ぬはははははは!」
(突風を使う)
ブンド族の暴漢
「ぶはっ!
 きさま、きさま、吾輩の「太陽の舞」を邪魔するか!
 だが、これしきで吾輩は止められぬぞ・・・・・・!」
サヌワに騎乗してブンド族の暴漢に突風を再度使う
ブンド族の暴漢
「こ、今度は、耐えてみせるぞ。
 根を張る大木のように、動くものかっ!」
(突風を使う)
ブンド族の暴漢
「もふぁっ!?
 ぐぬぬ、ぐぬぬ、またしても・・・・・・!
 それでも吾輩は懲りぬ、諦めぬ!」
サヌワに騎乗してブンド族の暴漢に突風をさらに使う
ブンド族の暴漢
「踊る、踊るぞ!
 ぬおおおおおおおおお・・・・・・!」
(突風を使う)
ブンド族の暴漢
「ぶほっ!!!
 ま、参った、参った・・・・・・!
 これでは舞を続けられん・・・・・・退散だっ!」
群雲のリヌバヌに報告
群雲のリヌバヌ
「よくぞ、よくぞ、戻られた!
 荒くれた「ブンド族の暴漢」といえど、
 「突風」には耐えきることができなかったようだな!
 これで、安心して狩りに専念できるというものだろう。
 しかし、あの程度の「太陽の舞」で逃げ出すことがないよう、
 狩人たちを、しっかり鍛えることも必要だな・・・・・・。
 俺たちは、お主を見習って、
 竜巻のような強さを身に付けなければならない。
 そのことを教えてくれたこと、感謝させてもらうぞ!」