俺の舞を見ろ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺の舞を見ろ

  • 依頼主 :ムナバヌ(アバラシア雲海 X6-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ナッキ島のムナバヌは、冒険者を探しているようだ。

ムナバヌ
「これは、これは、Nikuqさま。
 リヌバヌさまが貴方を探しておりましてな・・・・・・。
 どうやら、どうやら、何か依頼したいことがある様子。
 お手数ではありますが、西風のように颯爽と、
 リヌバヌさまにお声がけいただけませんか?」
群雲のリヌバヌと話す
群雲のリヌバヌ
「きたか、きたか、我が求めに応じて、
 話を聞きに来てくれたことに感謝するぞ!
 「太陽の舞」を修得したお主の協力が必要なのだ!
 実は最近、「冷酷なるブンド」の中で、
 優秀なる舞手を育てんという動きが盛んらしい。
 いかん、いかん、我らが脅威となる前に牽制せねば・・・・・・!
 オク・ブンド・モックの「ブンド族の舞手」に、
 お主の素晴らしき「太陽の舞」を見せつけ、意気を挫くのだ!
 挫けず襲い掛かってくるようなら、返り討ちにしてくれ!」
ブンド族の舞手に「太陽の舞」をする
ブンド族の舞手
「フンッ・・・・・・!?
 ヒトが、我らバヌバヌ族に何の用だ!
 「太陽の舞」すら知らぬ、愚かな種族め!」
(太陽の舞をする)
ブンド族の舞手
「まさか、まさか、ヒトでありながら、
 「太陽の舞」を踊ることができるというのか!
 しかも、しかも、荒れ狂う暴風のように、
 我が心を攻め立てるとは……く、くそう、撤退だ!」
ブンド族の舞手
「なんだ、なんだ、ここは我らブンド族の土地なるぞ!
 まさかヒトの分際で、この誇り高き「太陽の舞」を、
 踊ろうというのではないだろうな?」
(太陽の舞をする)
ブンド族の舞手
「なんと、なんと、ヒトの分際で「太陽の舞」を!?
 こ、この威圧感・・・・・・すべてを穿つ竜巻のようではないか!
 だめだ、だめだ、これは敵わぬ!」
ブンド族の舞手
「ヒトでありながら、いきなり襲ってこないとは・・・・・・
 もしや、「太陽の舞」で勝負しようとでも?」
(太陽の舞をする)
ブンド族の舞手
「そ、そのような「太陽の舞」ごときで、
 我の心を萎えさせられるとでも思ったか!
 沸き立つ雲のように、怒りが満ちているぞ!
 さあ、さあ、武器を取るがいい!」
群雲のリヌバヌに報告
群雲のリヌバヌ
「どうやら、どうやら、「ブンド族の舞手」を、
 幾人も退けてきてくれたようだな!
 さすがは、俺が認めたヒトの戦士!
 「冷酷なるブンド」のさらなる脅威を、遠雷に備えるがごとく、
 未然に防ぐことができたというわけだ。
 感謝するぞ、Nikuq。
 俺も、お主に負けぬよう「太陽の舞」に磨きをかけねばな!」