受け継がれる護身刀


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

受け継がれる護身刀

  • 依頼主 :レオフリック(中央ザナラーン X23-Y16)
  • 受注条件:レベル12~
  • 概要  :ロストホープ流民街のレオフリックは冒険者に届け物を頼みたい。

レオフリック
「いろいろと街の仕事を引き受けてくれたようだな。
 俺はこの体なんでな、正直言って助かったよ。
 最後にひとつ配達を頼まれてくれないか?
 この「年代物のダガー」を
 「ホライズン」にいる「フフルパ」に渡してほしい。
 ん? 特に意味のあるもんじゃないさ。
 俺じゃあもうダガーを振るう機会はなさそうだから
 死ぬ前に他の奴に渡しておいた方がいいかと思ってな。」
ホライズンのフフルパに年代物のダガーを渡す
フフルパ
「冒険者殿、お久しぶりであります!
 先日レオフリック元連隊長殿から
 手紙の返事がきたでありますっ!」
(年代物のダガーを渡す)
フフルパ
「こ、これは・・・・・・っ!
 銅刃団ローズ連隊の連隊長が、
 代々受け継いできた護身刀ではありませんか!!
 じ、じ、じ、自分がこのダガーを持つなど、
 そんな恐れ多いことできないでありますっ!
 い、いやいや、ちょっと待ったであります!
 この贈り物は・・・・・・きっと自分に対する、
 元連隊長殿のメッセージに違いないでありますっ!
 ・・・・・・とにかく、この不肖フフルパ、
 せめてこのダガーに恥じぬよう、
 銅刃団の使命を果たすであります!」
  年代物のダガー:銅刃団ローズ連隊の連隊長が代々受け継いできた護身刀