ブンドより青し?

ブンドより青し?

  • 依頼主 :ムナバヌ(アバラシア雲海 X6-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ナッキ島のムナバヌは、家に塗る塗料について冒険者に頼みたいことがあるようだ。

ムナバヌ
「Nikuqさま、お待ちしておりました!
 貴方にしかお願いできない仕事がございましてな。
 家の外壁に塗る塗料を手に入れてほしいのです。
 なんでも、なんでも、材料が足りないという話でして・・・・・・。
 詳しくは「大工のギヌバヌ」からお聞きください。」
大工のギヌバヌと話す
大工のギヌバヌ
「Nikuqさん、塗料の件で来てくれたのかい?
 濡れた羽根を乾かす日光のように助かるよ。
 どんなに立派な家も、仕上げ抜きでは完成しないからね・・・・・・。
 自分たちで作りたいけど、道具は全部壊されちゃったし、
 そもそも材料の草花は「冷酷なるブンド」が押さえてるから、
 風に流される雲のように、どうにもならなくてさ。
 しかたがないから、「冷酷なるブンド」の塗料をいただこう!
 というわけで、というわけで、「オク・ブンド・ヴァナ」から、
 「ブンド族の塗料壺」を3つ取ってきてほしいんだ。
 僕たちじゃ、ブンドから盗むなんて絶対にできない。
 大木を引き裂く雷のように強い、君が頼りなんだ。
 どうか、どうか、よろしくお願いするよ!」
ブンド族の塗料壺を入手
ブンド族の戦士
「晴れ渡る空の如き青の塗料は我らが魂!
 ヒトめ、返してもらうぞ!!」
大工のギヌバヌにブンド族の塗料壺を渡す
大工のギヌバヌ
「お帰り、お帰り、浮島を渡る風のように早かったね!
 「ブンド族の塗料壺」は、上手く取ってこれた?」
(ブンド族の塗料壺を渡す)
大工のギヌバヌ
「ありがとう、ありがとう、これで仕上げに入れるよ。
 鮮やかに色を塗って、美しい紋様を描かなくちゃ、
 建物に魂が入らないからね!
 部族ごとに、代々使ってきた色が違うから、
 赤の塗料を使う「大らかなズンド」は頼れなくてね。
 この青の塗料を持ってきてくれて、本当に助かったよ。
 さあ、さあ、気合いを込めて塗装に入るぞ!
 澄み切った空のように鮮やかに紋様を描いて、
 新しい建物に魂を入れるんだ!」
  ブンド族の塗料壺:ブンド族の塗料がたっぷり入った壺