友好への宴

友好への宴

  • 依頼主 :リヌバリ(アバラシア雲海 X6-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ナッキ島のリヌバリは、何やら張り切っているようだ。

リヌバリ
「・・・・・・ああ、Nikuqさん。
 恐れていたとおり、兄を長老として迎えてから、
 私たちと「大らかなズンド」の間がギスギスしているのです。
 両氏族が仲違いするような、決定的な事柄が起こる前に、
 何か、何か、手を打たなければなりません。
 そこで、そこで、
 この「オク・グンド・ナッキ」に「大らかなズンド」を招き、
 「宴」を開くことにしました。
 私たちバヌバヌ族は、食べることが大好き。
 皆で焚き火を囲んで美味しいご馳走を食べれば、
 わだかまりも、霧が晴れるように消えるでしょう。
 私は、ヒトが「ヴール・シアンシラン」と呼ぶ水辺に向かい、
 宴の主菜となる、魚釣りに挑むことにします。
 親睦の「宴」ですから、自分の手で釣った魚を出したいのですよ。
 その間、Nikuqさんには、
 料理の味の決め手となる「良質なアバラシア岩塩」を、
 手に入れてきてほしいのです。
 あの岩塩は「冷酷なるブンド」に独占されていますが、
 「オク・ブンド・ヴァナ」に赴けば、
 貯蔵されている品が見つかるかもしれません。
 「良質なアバラシア岩塩」が手に入ったら、
 兄の「群雲のリヌバヌ」に渡しておいていただけますか?
 どうか、どうか、よろしくお願いします。」
良質なアバラシア岩塩を入手
群雲のリヌバヌに良質なアバラシア岩塩を渡す
群雲のリヌバヌ
「これは、これは、Nikuqよ。
 お主からの品を受け取るよう、頼まれ事をされていたのだが・・・・・・。」
(良質なアバラシア岩塩を渡す)
群雲のリヌバヌ
「・・・・・・ほう、「良質なアバラシア岩塩」か。
 今となっては貴重な品だ。
 しかし、しかし、我が妹は、これで何をしようとしているのだ?
 なんと、なんと、「宴」を開いて、
 我々とズンドの仲を取り持とうとしているだと・・・・・・?
 ああ、まるで朝露のように、儚くも健気な我が妹よ。
 それもこれも、俺がズンドとそりが合わぬためか。
 狭量な自分を恥じねばならぬな・・・・・・。
 俺がいないと、何もできなかった妹だが、
 お主とともに村の再建に奮闘することで、大きく成長したようだ。
 感謝するぞ、Nikuq。
 ・・・・・・ところで、ところで、リヌバリの帰りが遅いようだ。
 痩せっぽちで華奢な子ゆえに心配でならん。
 だが、長老である俺は、容易にここを離れる訳にもいかん。
 どうか、どうか、「ヴール・シアンシラン」へと赴き、
 「リヌバリ」の様子を見て来てはくれぬか?」
ヴール・シアンシランでリヌバリを探す
ヴール・シアンシランのリヌバリと話す
リヌバリ
「ありがとう、ありがとう。
 貴方には助けられてばかりね。
 釣り糸を垂れるのに夢中で、周りが見えていなかったようです。
 「太陽の舞」では、魔物を追い返せないというのに・・・・・・。
 でも、でも、がんばったかいあって、
 入道雲のように大きな魚を釣り上げたのですよ?
 さあ、戻って料理の腕を振るうとしましょう!」
リヌバリと話す
群雲のリヌバヌ
「ありがとう、ありがとう、妹が無事でよかった。
 成長してくれたのはいいが、心配が増えてしまったな。」
リヌバリ
「兄から「良質なアバラシア岩塩」を受け取りました。
 何から何まで、本当にありがとう。
 それでは、「宴」の料理は任せてください。
 もちろん、Nikuqさんも招待しますよ!」
群雲のリヌバヌ
「ときに、ときに、「冷酷なるブンド」の長老ホヌバヌは、
 なぜ仮面を被っているか知っておるか?」
サヌバヌ
「それは、それは、威厳を保つためではないのか?」
群雲のリヌバヌ
「建前はそうだが、本当のところはな・・・・・・
 ホヌバヌは頭の羽毛が、まるで雛鳥のように薄いからなのだ。
 ハッハッハ!」
ソヌバヌ
「そなたの父、ウヌバヌともこうして焚き火を囲んだものだ。
 あやつの「太陽の舞」は、それは、それは見事であった。
 すべてを照らし、闇を退ける、まさしく太陽のように。」
リヌバリ
「私も、私も、そんな父のような舞を目指しています。
 そして、この「オク・グンド・ナッキ」を守りたい!」
ソヌバヌ
「ほっほっほ、頼もしい、頼もしい。
 いわば、生まれたての小さな太陽のようだ。
 いっそ、そなたが長老になればいいのではないか?」
リヌバリ
「とんでもない、とんでもない!
 わ、私なんか、兄の足元にも及びません!」
ソヌバヌ
「ほっほっほ、冗談だ、冗談だ。」
リヌバリ
「Nikuqさんのお陰で、料理は大評判!
 私たちグンドとズンドの仲も、これまで以上に良くなりましたよ!
 どうか、どうか、これからもよろしくお願いしますね。」
「オク・グンド・ナッキ」の主要施設が完成し、
その祝いとして「大らかなズンド」から「花」が贈られました!
  良質なアバラシア岩塩:アバラシア雲海特有の良質な岩塩。バヌバヌ料理の味の決め手になる