破壊の力を求めて

破壊の力を求めて

  • 依頼主 :ラライ(ウルダハ:ザル回廊 X12-Y13)
  • 受注条件:黒魔道士レベル50~
  • 概要  :ウルダハのミルバネス礼拝堂にいるラライは、冒険者に、ククルカの遺した新たな黒魔法を託したいようだ。

ラライ
「黒魔道士Nikuq Niuniuよ。
 破壊の力を極めるべく、着実に前進しているようですね・・・・・・。
 そんなあなたに、頼みたいことがあるのです。
 私は、あの悲しき事件で師が亡くなったあと・・・・・・
 ククルカ様が100年の時を過ごした、
 マラサジャ監獄の独房を調べていました。
 すべては、師を一時でも疑ったことの罪滅ぼし・・・・・・。
 ククルカ様の研究内容を調査して、後世に伝えるため。
 ・・・・・・そして調査の結果、独房の中から、
 謎めいた文字列が綴られた、一枚の紙片が見つかったのです。
 暗号化魔法を解いてみて驚きました。
 そこに記されていたのは、呪術士ギルドも存在さえ知らぬ、
 「二冊の禁書の在処」が記されていたのですから・・・・・・!
 書物の名は、「ナルの書」と「ザルの書」・・・・・・。
 「古の禁術」が記されているという、この双書は、
 ククルカ様の後継者たる、あなたが受け継ぐべきでしょう。
 暗号に記されていた、ひとつ目の書物の在処は、
 「南ザナラーン」の「ナルの祠」です!
 かの地で、秘匿された書物を紐解いてみましょう!」
ナルの祠のラライと合流
ラライ
「暗号に記された位置に、確かに古書が隠されていました・・・・・・。
 ・・・・・・これが、ククルカ様が遺された「ナルの書」。
 この書物を手にしてから、手の震えが止まりません。
 どれほど強力な黒魔法が載っているのかと思うと恐ろしくて・・・・・・。
 しかし、危険だからこそ、管理せねばなりません・・・・・・。
 残る「ザルの書」は、「ザルの祠」に封じられています。
 早速、行ってみましょう。」
ザルの祠のラライと合流
ラライ
「た、大変です・・・・・・!
 Nikuq Niuniuよ、
 こちらを御覧なさい!
 「ザルの書」が封印されていたはずの箱の中に、
 何も入っていないのです・・・・・・!
 い、いったい、誰が持ち去ったのでしょうか!?
 これは由々しき事態ですよ・・・・・・!
 「破壊の力」の悪用を企む輩の手に、
 「ザルの書」が渡ったとしたら、どんな惨事を招くことか!
 ・・・・・・それだけではありません。
 もし、「ザルの書」の存在を呪術士ギルドが知れば、
 彼らは草の根分けても書物を探し出し、封印してしまう・・・・・・。
 そうなれば、私たちの研究も難しくなり、
 ククルカ様が復活させた知が、忘れ去られてしまいます。
 大いなる破壊の力を、忘却の彼方に捨て去るなど・・・・・・!
 ・・・・・・ともかく、ここにいても仕方ありません。
 「ミルバネス礼拝堂」に戻りましょう。
 一度、冷静になって考えなくては・・・・・・。」
ローブ姿の男
「・・・・・・ここには、もう用はない。」
ミルバネス礼拝堂のラライと話す
ラライ
「黒魔道士Nikuq Niuniu・・・・・・。
 先ほどは、取り乱してすみません・・・・・・。
 ここに戻る間に、だいぶ冷静に考えることができました。
 「ザルの書」が入っていた箱は、
 100年の間に積もったホコリにまみれていました。
 しかし、その一部に、何者かが触れた形跡があったのです。
 その正体が誰であれ、「ザルの書」が持ち去られたのは、
 最近の出来事と考えていいでしょう。
 とはいえ、この書物は暗号化魔法により、
 簡単には内容を読むことができなくなっています。
 「ザルの書」も、おそらくは同様のはず。
 ・・・・・・つまり、持ち去った者に悪意があったとて、
 まずは暗号化魔法を解く時間が必要ということです。
 私は、「ナルの書」を読み解きつつ、
 さまざまなツテを使い、「ザルの書」の行方を探ってみます。
 あなたは、禁術の修得に向け、修行を積んでおいてください。」
ラライ
「黒魔道士Nikuq Niuniu。
 「ザルの書」を持ち去った憎き奴らに対する破壊の力を、
 その身に宿すことはできましたか・・・・・・?」
(何を聞く?)
(近況について)
ラライ
「ククルカ様の遺した「ナルの書」。
 この書には、きっと秘められた黒魔法が記されているはず!
 私は、黒魔道士として、ククルカ様の最後の弟子として、
 師が研究してきた知識が潰えてしまわぬよう、
 後世に残す使命があるのです!
 解読して得られた知識は、あなたにも伝えましょう!
 その知識を用いて、「ザルの書」を取り戻す力とするのです。
 頼みましたよ、Nikuq Niuniu!」