幼馴染の大工

幼馴染の大工

  • 依頼主 :リヌバリ(アバラシア雲海 X6-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ナッキ島のリヌバリは、耳寄りな情報を聞いたようだ。

リヌバリ
「Nikuqさん!
 耕人のラヌバリと、釣師のエヌバヌが来てから、
 「大らかなズンド」との距離が縮まってきているんですよ!
 それというのも、それというのも、
 ラヌバリは「オク・ズンド」の草花の手入れを手伝い、
 エヌバヌはヌシを釣り上げ、大いに尊敬を集めているのです。
 ・・・・・・それに比べて、私はまだ何もできていません。
 得意の「太陽の舞」も、実戦で踊れないなら意味も無い・・・・・・。
 ああ、まるでウィセントに踏まれたような、惨めな気持ち。
 でも、でも、悩んでばかりはいられません!
 ラヌバリが仲良くなったズンドの者から、
 耳よりな情報を聞いてきたのです。
 貢ぎ物を納めに「ブンド・オク・ベンド」へ赴いたとき、
 小突き回されているグンドの男を見たのだとか。
 その者はしきりに「暴力反対!」と叫んでいたといいます。
 これは、これは、私の幼馴染「大工のギヌバヌ」の口癖・・・・・・。
 私は、どうにか彼を助けて、この村に招きたいのです。
 Nikuqさん、今回も私といっしょに、
 「ブンド・オク・ベンド」前まで来てくださいませんか?
 貴方が力を貸してくだされば、幼馴染を助けられるはずです!」
ブンド・オク・ベンド前のリヌバリと合流
リヌバリ
「Nikuqさん、来てくれてありがとう!
 ギヌバヌを助けるために、私と彼にしかわからない、
 秘密の印を刻んだ「傷ついた骨」を用意しました。
 これを道標として集落内に置いていけば、
 気付いたギヌバヌは私が来たことを理解して、
 必ずや、ここまで辿ってくれるでしょう。
 もしかしたら、彼は脅され続けたことで、
 すっかり「冷酷なるブンド」に怯えているかもしれない・・・・・・。
 でも、でも、私がいっしょに逃げるように説得します。
 それでは、Nikuqさん。
 「傷ついた骨」を5つほど、集落内に置いていただけますか?
 どうか、どうか、お願いします。」
リヌバリ
「秘密の印を刻んだ「傷ついた骨」・・・・・・
 これを5つほど、集落内に置いていただけますか?
 きっとギヌバヌなら、気付いてくれることでしょう。」
指定地点に傷ついた骨を使う
ブンド・オク・ベンド前のリヌバリに報告
リヌバリ
「ありがとうございます、Nikuqさん。
 あとは、あとは、ギヌバヌが来るのを待つばかりです。」
????
「おのれ、逆賊めっ!
 ひっ捕らえてくれるわ!」
大工のギヌバヌ
「な~んちゃって! やっぱり、リヌバリだったか!
 子どものころの、友情の印をまだ覚えてるなんてね。」
リヌバリ
「ギヌバヌ・・・・・・!
 まったく、まったく、脅かさないでほしいわ!
 ・・・・・・でも、変わってないようでよかった。
 私ね、こちらのヒトのお方に協力してもらって、
 新たなグンドの村を作っている真っ最中なの・・・・・・。
 「大らかなズンド」からもらった「ナッキ島」にね。
 「大工のギヌバヌ」が来てくれれば、
 建物もいっぱい建てられて大助かりだわ。
 だから、勇気を出して、ブンドの元から逃げ出してほしいの!」
大工のギヌバヌ
「もちろん、もちろん、喜んで引き受けるさ!
 奴らに小突き回されるのは、もう御免だ。
 ・・・・・・暴力反対だからね。
 ・・・・・・あわわ、あわわ、あ、あれはグンドの巡察兵!
 この時間なら、まだ来ないと思っていたのに!
 このままだと、みんな捕まってしまうぞ!」
リヌバリ
「こ、今度こそ、私の「太陽の舞」でっ・・・・・・
 Nikuqさん!
 私に、貴方の踊りを見せてくれませんか!?
 貴方から勇気をもらえれば、私は踊れる・・・・・・
 そんなふうに思えるのです!
 どうか、お願いします!」
大工のギヌバヌ
「暴力反対、暴力反対!
 このままでは、戦いで血が流れてしまう!」
ブンド・オク・ベンド前のリヌバリに「踊る」をする
(「踊る」以外のエモートの場合)
リヌバリ
「違います、違います!
 貴方の「踊る」姿を見せてほしいのです!」
(踊る)
リヌバリ
「ありがとう、勇気が湧いてきたわ!
 Nikuqさんは、脇から見守っていてください!
 今度こそ、今度こそ、踊ってみせます!」
「・・・・・・やったわ、やったわ!
 貴方の不思議な踊りのお陰で、恐怖を乗り越えて、
 ついに、ついに、「太陽の舞」を踊ることができました!
 さあ、「オク・ズンド」へ戻って、
 長老さまに、新たな村民を紹介しましょう!」
ソヌバヌと話す
リヌバリ
「長老さま、「オク・グンド・ナッキ」の新たな村民となる、
 大工のギヌバヌです。
 彼は、グンドでも随一の建築の達人なんですよ。」
サヌバヌ
「なんと、なんと、グンド式の建築とは興味深い!
 是非、是非、詳しく聞かせてほしいだぁよ!
 ・・・・・・いけない、いけない。
 私としたことが、長老さまの前で無礼でした。」
ソヌバヌ
「ほっほっほ、「鮮やかなグンド」の本領とは、
 さまざまな技術の結晶のようだの。
 それには、今や我らズンドも、すっかり魅了されておるぞ。」
ソヌバヌ
「「鮮やかなグンド」の本領とは、
 さまざまな技術の結晶のようですな。
 それには、今や我らズンドも、すっかり魅了されております。」
サヌバヌ
「釣りにしても、園芸にしても、
 「鮮やかなグンド」の技術は、目を見張るものがある。
 グンド式の建築がどういうものか、楽しみだぁよ。」
リヌバリと話す
大工のギヌバヌ
「どれにしよう、どれにしよう・・・・・・。
 いや、バヌバヌ族の家は、自然の樹を柱にして建てるんだけど、
 どの樹にしようか、迷っているんだよ・・・・・・。」
リヌバリ
「お陰さまで、この村も賑やかになってきました。
 私も、「太陽の舞」を舞うことができるようになって、
 澄み渡った青空のように、軽やかな気分です。
 フフフ、今日は食事を美味しく食べられそう。
 たくさん食べて、さらに舞に磨きをかけるわ。
 ・・・・・・しかし、この村には大きなものが欠けています。
 それは指導者である兄の「群雲のリヌバヌ」の存在です。
 リヌバヌがどこに幽閉されているのか未だにわかりませんが、
 いつか必ず見つけ出します・・・・・・。
 そのときは、また貴方の力を貸してくださいね。」
「大工のギヌバヌ」が村民に加わり、
「オク・グンド・ナッキ」で「長老の家」の建造が始まりました!
大工のギヌバヌ
「どうしようかな、どうしようかな・・・・・・。
 足場はできたものの、どんな家にしようか迷っているんだ。
 なんせ、長老となる群雲のリヌバヌさまの家だからね。」
  傷ついた骨:リヌバリとギヌバヌの「友情の印」が刻まれた魔物の骨