無軌道な若者たちへ

無軌道な若者たちへ

  • 依頼主 :ムナバヌ(アバラシア雲海 X6-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ナッキ島のムナバヌは、怒り心頭の様子だ。

ムナバヌ
「まったく、まったく、グンドの土地をなんだと思っている!
 おお、Nikuqさま!
 私の話と頼みをお聞きください!
 ブンドの若者が、オク・グンドで酒宴を開いているのです。
 おそらく、おそらく、長老の目を逃れて羽目を外すため、
 廃墟となったあの地で騒いでおるのでしょう。
 どうか、どうか、奴らを追い払っていただけませんか?
 あの鳥頭どもに、サヌワの「突風」を浴びせてやれば、
 水をかけられたゲイラキャットのように逃げるはずです。
 サヌワの用意はすでに整っておりますので、
 「オク・グンド」へ向かう際は、商人のルナバヌに申しつけを。
 それでは、麗らかな日射しのように、お願いいたしますぞ!」
商人のルナバヌと話す
商人のルナバヌ
「話は聞いております、Nikuqさま!
 私の育てたサヌワの「突風」で、
 「冷酷なるブンド」の鳥頭どもを吹き飛ばしてください!」
商人のルナバヌ
「サヌワが再びご入用なら、私に声をおかけください。
 「ブンド族の若者」を「突風」で吹き飛ばす御役目は、
 Nikuqさまに、お任せいたします!」
サヌワに騎乗してブンド族の若者に突風を使う
ブンド族の若者
「うぃーっく・・・・・・お前は誰だー?
 ブンドの者では・・・・・・ないな・・・・・・。
 まさか腰抜けグンドの亡霊・・・・・・なんてなー!」
(突風を使う)
ブンド族の若者
「うぎゃ! な、何が起きた!?
 なんでヒトがサヌワに乗っている!?
 ま、ま、まさかグンドの亡霊が乗り移って・・・・・・ひぃー!」
ブンド族の若者
「うぃーっく・・・・・・ぐふふ・・・・・・。
 うるさい長老どもの目を盗んで飲む酒は、
 生まれたてのワモーラカンパのように最高だなあ!」
(突風を使う)
ブンド族の若者
「ぐはあ!? サヌワの「突風」だと!
 くそ、鳥に笑われるが如き屈辱!
 この件は長老さまに報告しておくからな、覚えていろ!」
ブンド族の若者
「・・・・・・ぐぅ。
 おっとっと・・・・・・ちょっと飲み過ぎたか。
 嵐のごとく抗いがたい眠気が・・・・・・ぐぅ・・・・・・。」
(突風を使う)
ブンド族の若者
「ぐえ!? ヒトの襲撃か!
 微睡んでいるところに「突風」を浴びせるとは卑怯な!
 浮島から雲海に落ちるが如きこの屈辱は必ず晴らす・・・・・・今は撤退だ!」
ムナバヌに報告
ムナバヌ
「お疲れさまでした、Nikuqさま。
 ブンドの鳥頭どもを追い払っていただけたようですな。
 貴方に、貴方に、緑を育む優しき陽光の如き感謝を。
 それと、それと、申し訳ありませんでした。
 貴方なら、力で追い払う方が簡単だったかもしれませんが、
 多くの血が流れたあの地を、更なる血で汚したくなかったのです。
 なんにせよ、サヌワの「突風」で吹き飛ばされるなど、
 バヌバヌ族にとって、浮島より転落するパイッサの如き屈辱。
 この件で、鳥頭どもが懲りてくれればよいのですが・・・・・・。」