鮮やかな耕人と釣師

鮮やかな耕人と釣師

  • 依頼主 :リヌバリ(アバラシア雲海 X6-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ナッキ島のリヌバリは、気になる噂を聞いたようだ。

リヌバリ
「これは、これは、いいところにNikuqさん!
 私といっしょに、今や廃墟となったグンド族の故郷・・・・・・
 「オク・グンド」まで行ってくれませんか?
 実は、実は、こんな噂を耳にしたのです。
 「オク・グンド」に、何者かが棲んでいるらしいと・・・・・・。
 もしかしたら、ブンドから逃げ出した私の同志が、
 身を潜めているのかもしれません。
 ですから、ですから、私といっしょに「オク・グンド」に向かい、
 隠れているであろう同志を探すのを手伝ってほしいのです。
 恐ろしいブンドが、追っ手を放っているかもしれませんから。
 私は、先に「オク・グンド」の入口に向かいます。
 現地で合流しましょう!」
オク・グンドのリヌバリと合流
耕人のラヌバリ
「どうも、どうも、ラヌバリといいます。
 リヌバリから話を聞いたところです。」
リヌバリ
「やはり、やはり、ブンドから逃げた同志が隠れていたわ!
 ここに着いた途端、コリガンのように駆けてきたんです。」
耕人のラヌバリ
「どうも、どうも、ラヌバリといいます、よろしくお願いします。
 雲神さまを鎮めた方がお仲間だなんて、心強いかぎりです。」
リヌバリ
「ラヌバリは「耕人のラヌバリ」と呼ばれる園芸師です。
 地野菜や草花にとても詳しく、畑作りも採集もお手の物!
 私のこの花冠も、ラヌバリがこさえてくれたのよ。
 でも、いっしょに逃げ出した「釣師のエヌバヌ」という者が、
 追っ手を振り切るために、近くの崖から飛び降りたそうなのです。
 頑丈な彼のこと、無事だとは思いますが・・・・・・。
 私たちは、ここで追っ手が来ないか見張っていますので、
 どうか、Nikuqさん、
 「釣師のエヌバヌ」を探してきていただけませんか?」
耕人のラヌバリ
「エヌバヌは、崖のすぐ下に落ちたはずなんですが、
 綿毛のように消えてしまったんです。」
釣師のエヌバヌを探す
釣師のエヌバヌ
「まさか、まさか、ブンドではなく、ヒトにみつかるとは・・・・・・。
 ヒトよ、この傷ついたバヌバヌをどうする気だ?
 ・・・・・・なんと、なんと、リヌバリが探していると?
 それなら、いつまでも休んでいるわけにいかんな。
 我も戻るとしよう。」
オク・グンドのリヌバリに報告
耕人のラヌバリ
「ありがとう、ありがとう。
 エヌバヌは、うまいこと隠れていたようですね。」
釣師のエヌバヌ
「聞いたぞ、聞いたぞ。
 雲神さまを鎮めたヒトの勇者がお仲間とは、
 雲海の風向きを味方につけたも同然!」
リヌバリ
「探してくれて、ありがとう。
 この「釣師のエヌバヌ」は、グンド随一の雲海釣り名人です。
 これから村は、魚に困ることはなくなるでしょう。」
????
「やはり、やはり、
 隠れていたか、逆賊どもめっ!」
リヌバリ
「あ、あなたたちは「グンド族」の・・・・・・!?
 ブンドの言いなりになる、貴方たちの方が逆賊でしょう!
 「鮮やかなグンド」の誇りは失ってしまったの!?」
グンド族の雑兵
「白き神を呼ぶ「偉大なるブンド」の長老ホヌバヌ様こそ、
 我々の道を照らしてくれる、太陽なのだ!
 者ども、逆賊をひっ捕らえろ!」
リヌバリ
「Nikuqさん・・・・・・
 ここは、ここは、私に「太陽の舞」をさせてください!」
グンド族の雑兵
「どうした、どうした!
 まるで、動かぬトーテムのようではないか!
 「太陽の舞」とは、こう踊るのだ!」
グンド族の雑兵を討伐
リヌバリ
「どうか、どうか、倒してください・・・・・・。」
耕人のラヌバリ
「怖い、怖い・・・・・・。」
釣師のエヌバヌ
「恐ろしや、恐ろしや・・・・・・。」
(ランガイ・グンド
「なんだ、なんだ、やるというのか!」)
オク・グンドのリヌバリと話す
耕人のラヌバリ
「ありがとう、ありがとう。
 残念ながらグンド族のほとんどは、
 今の雑兵たちと同じく、操り人形のようになっています・・・・・・。」
釣師のエヌバヌ
「・・・・・・悲しい、悲しい。
 かつての仲間が敵になるというのは、
 心に釣り針が引っかかるような気持ちだ・・・・・・。」
リヌバリ
「ごめんなさい、ごめんなさい、怖くて体が動かなかった・・・・・・。
 こう見えて、私は「太陽の舞」の名手だったのだけど、
 村を攻め込まれた恐怖で、踊れなくなってしまったのです・・・・・・。
 舞は私の唯一の取り柄なのに・・・・・・情けない、情けない・・・・・・。
 羽根を毟られ、丸裸にされたように恥ずかしいわ。
 とにかく助かりました、本当にありがとう。
 一度「オク・ズンド」に戻って、
 長老さまに、新たな村民を紹介しなければなりませんね。」
ソヌバヌと話す
リヌバリ
「これは、これは、長老さま。
 「オク・グンド・ナッキ」の新たな村民となる、
 耕人のラヌバリと、釣師のエヌバヌを連れてまいりました。」
ソヌバヌ
「そうか、そうか、「オク・グンド・ナッキ」に、
 新たな風が吹き込むのだな、楽しみにしておるぞ。」
サヌバヌ
「それにしても、それにしても、
 そちらの村民が増えて、食料は大丈夫なのか?」
リヌバリ
「フフフ、それは心配無用です。
 これからが、これからが、「鮮やかなグンド」の本領発揮ですよ。」
ソヌバヌ
「ほう、「鮮やかなグンド」の本領発揮ときたか。
 これは、これは、いよいよ楽しみだ。」
サヌバヌ
「やれやれ、やれやれ、
 長老さまと村民の間に入る身は、つらいだぁよ。」
リヌバリと話す
耕人のラヌバリ
「まずは、まずは、種まきからよ。
 浮島にお花を咲かせましょう。」
釣師のエヌバヌ
「さっそく、さっそく、試し釣りといくか。
 ・・・・・・おや、もうかかったか?」
リヌバリ
「Nikuqさん・・・・・・。
 先ほどは強がってしまいましたが、食料は問題のひとつでした。
 でも、ふたりが来たことで、自給することができそうです。
 それというのも、実は「大らかなズンド」の村民たちの間で、
 私たちグンドを、よく思わない者が少なくないからです。
 貴重な浮島のひとつを、よその氏族に取られたのですから、
 ゲイラキャットにご馳走を取られた気持ちになったのでしょう。
 ですから、ですから、「大らかなズンド」の恩に報いるため、
 早く「オク・グンド・ナッキ」を、自立した村にしたいのです。
 自給自足は、そのための第一歩になるはずです。
 恐怖で「太陽の舞」すら踊れなくなる未熟者ですが、
 未だ囚われたままの兄に代わり、がんばらなくちゃ・・・・・・。
 どうか、どうか、これからもよろしくお願いしますね!」
「耕人のラヌバリ」と「釣師のエヌバヌ」が村民に加わり、
「オク・グンド・ナッキ」の食料が豊かになりました!
商人のルナバヌ
「どうも、どうも、Nikuqさま。
 村民が増えたお陰で、商いを再開することができました。
 きっと、ヒトのお方には珍しい品を揃えていますよ。
 どうか、窪みに溜まる雨水のように、ご贔屓に。」
耕人のラヌバリ
「お花があると、陽だまりのように温かな気持ちになります。
 今は見る影もありませんが、「オク・グンド」にも、
 かつては、たくさんのお花が咲いていたんですよ。
 ここ「オク・グンド・ナッキ」も、
 いずれは、いずれは、鮮やかなお花で埋め尽くしたいですね。」
釣師のエヌバヌ
「ありがたや、ありがたや。
 こうして、釣り糸を垂れているときこそ、至福のとき。
 ブンドに支配されているときは、
 釣りも自由にできなかったからな・・・・・・。
 村民のために、浮島の如き大魚を釣り上げようぞ。」