嗚呼、懐かしの草団子

嗚呼、懐かしの草団子

  • 依頼主 :ムナバヌ(アバラシア雲海 X6-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ナッキ島のムナバヌは、冒険者に協力してもらいたいことがあるようだ。

ムナバヌ
「これは、これは、Nikuqさま。
 実はいま、薪が不足しておりまして、ヒトから手に入れたいのです。
 彼らとの取引に、ひとつ協力していただけませんかな?
 ヒトの騎兵は、美味い食料に目がないと聞きます。
 そこで、「特製の草団子」を作ろうと思うのですが、
 材料の一部が足りません。
 オク・ズンド付近に自生する「浮島の野草」を、
 ひとまず、ひとまず、3つほど採ってきてください。
 私はその間、調理の準備を整えておきますので。」
浮島の野草を入手
ムナバヌに浮島の野草を渡す
ムナバヌ
「お戻りになりましたか、Nikuqさま。
 「浮島の野草」を、無事に採ることができましたかな?」
(浮島の野草を渡す)
ムナバヌ
「なんと、なんと、香り高い野草でしょうか!
 これなら旭日の如く見事な草団子が作れましょう!
 では、では、この野草をちょちょいっと・・・・・・。
 うむ、できましたぞ、Nikuqさま!
 これこそ、これこそ、「特製の草団子」!
 この「特製の草団子」を、
 「キャンプ・クラウドトップ」と呼ばれている場所の、
 「カリボー」というヒトにお渡しください。
 かのヒトは、かつて我らグンドと取引をしていたので、
 草団子を渡せば、薪と交換してくれることでしょう。
 よろしくお願いいたします、Nikuqさま。」
カリボーに特製の草団子を渡す
カリボー
「・・・・・・燃料になる薪が欲しいって?
 さすがに、タダであげるわけにはいかないよ。
 もしかして、何か交換材料になるものがあるのかい?」
(特製の草団子を渡す)
カリボー
「こ、これはバヌバヌ族の「特製の草団子」じゃないか!
 嬉しいね、このところは保存食が多くて、
 うんざりしていたところだったんだよ!
 野草で作られてるはずなのに、
 プリプリとした独特の食感があって、美味しいんだよね。
 どこで手に入れたか知らないが、ありがとう冒険者!
 ちょうどいいことに、今は薪の備蓄にも余裕がある。
 好きなだけ、とは言えないけれど、
 多めに持っていくといいよ!」
カリボー
「「特製の草団子」のプリプリとした食感・・・・・・。
 どうやれば、野草からこの食感を生みだせるんだろう?
 ちょっと・・・・・・いや、かなり気になるね。」
ムナバヌによく乾いた薪を渡す
ムナバヌ
「Nikuqさま、お待ちしておりましたぞ。
 どうでしょう、燃料になる「よく乾いた薪」を、
 ヒトから分けてもらえましたか?」
(よく乾いた薪を渡す)
ムナバヌ
「確かに、確かに、受け取りました。
 雲海において木は、大地を流れる水のように貴重ですから、
 オク・グンドにいたころも、こうしてヒトと交換したものです。
 当時は、当時は、交換材料の中で最も喜ばれたのが、
 我々が丹精込めて作ったこの草団子でしてな。
 風化した岩石を眺めるように、懐かしい話です。
 そのことを思い出し、今回の草団子づくりは力が入りました。
 材料のワモーラカンパの肉も、良いものを厳選しましたし、
 昔のようにヒトに喜んでいただけたはずです。
 Nikuqさま、ご足労ありがとうございました。
 このお礼に、いつか貴方にも草団子をご馳走いたしましょう!」
  浮島の野草:アバラシア雲海の浮島に自生する野草
  特製の草団子:プリプリした弾力のある謎の草団子
  よく乾いた薪:乾燥してよく燃えそうな薪