花冠の逃亡者

花冠の逃亡者

  • 依頼主 :ソヌバヌ(アバラシア雲海 X11-Y14)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :オク・ズンドのソヌバヌは、何やら気になることがあるようだ。

ソヌバヌ
「おお、ヒトの勇者よ。
 あなたの再訪を、島を潤す雨のように感謝いたしましょう。
 ・・・・・・というのも、是非とも依頼したいことがあるのです。
 実はここ最近、オク・ブンド・モックが、
 降り続く五月雨のように騒がしいのです。
 「冷酷なるブンド」が、悪だくみをしているに違いありません。
 しかし、しかし、オク・ブンド・モックはブンドの中枢。
 その警備は雲海の雲のように厚く、
 我らズンドの間諜とて、容易には近づけぬ場所・・・・・・。
 そこで、そこで、是非ともヒトの勇者たるあなたに、
 「オク・ブンド・モック」の様子を探ってきていただきたいのです。
 おぉ・・・・・・なんと、なんと、願いを聞き入れてくださるか!
 それでは、ヒトの勇者よ、よろしくお願いします。」
ソヌバヌ
「「オク・ブンド・モック」は、はるか高みにあります。
 我らのサヌワのような、天駆ける乗り物を用いねば、
 辿り着くことさえ適わぬのです。」
指定地点で見渡す
ブンド族の雑兵
「止まれ、止まれ! 汚らわしき逆賊どもめ!
 追い詰めたぞ、観念せよ!」
花冠のバヌバヌ族
「なんと、なんと、逆賊ですって?
 私たち「グンド族」は、ただ独立を求めただけ!
 決して、逆賊などと言われる筋合いはないわ!」
ブンド族の雑兵
「だまれ、だまれ!
 貴様たち「グンド族」は、我ら「偉大なるブンド」の奴隷よ!
 物言わぬサヌワの如く、黙って従わねばならんのだ!」
花冠のバヌバヌ族
「そんなの、そんなの、あんまりよ!」
年老いたバヌバヌ族
「もはや、もはや、戦うのみ!
 リヌバリさま、ここは私に任せてくだされ!」
ブンド族の雑兵
「これは、これは、驚くほどの愚かさよ!
 我らに刃向かうとは、転んで墜死するパイッサの如き愚行よな!
 戦うまでもない、我らが「太陽の舞」を見せてやろうぞ!」
年老いたバヌバヌ族
「ひ、ひええええ~!
 なんと、吹きすさぶ北風のように荒々しい舞なのだ!
 こ、これでは、戦うなど無理というもの!」
ブンド族の雑兵
「な、なんだ、貴様は!?
 我らの「太陽の舞」を前に平然としているだと・・・・・・?
 おのれ、おのれ、ヒトの分際で生意気なっ!
 邪魔立てする者は、雲海の底へと投げ入れてくれるわ!」
ブンド族の雑兵を討伐
リヌバリ
「恐ろしい、恐ろしい・・・・・・。」
年老いたバヌバヌ族
「くわばら、くわばら・・・・・・。」
(ヴクガイ・ブンド
「者ども、やれえ!」)
リヌバリと話す
年老いたバヌバヌ族
「助かりました、助かりました・・・・・・。
 雲海に浮かぶ無数の雲ほど、感謝いたします。」
リヌバリ
「ありがとう、ありがとう。
 あんなに恐ろしい「太陽の舞」に動じないなんて、
 嵐でも倒れない、大木のように頼もしいヒトのお方・・・・・・。
 我々バヌバヌ族の「太陽の舞」は、古くから伝わる戦の踊り。
 己の力と仲間との団結力を示し、戦わずして戦意を喪失させる、
 それは、それは、恐ろしい威嚇なのよ。
 ・・・・・・申し遅れましたが、私はリヌバリといいます。
 私たちは「冷酷なるブンド」に支配された、
 「グンド族」の者です。
 ですが、ですが、哀れなトーテムのように、
 魂まではブンドに支配されてはいません!
 私たちは、雲神さまを招くことはもちろん、
 ほかの氏族を支配することも、ヒトと敵対することにも反対・・・・・・。
 なぜなら、どれも、本来のグンドの掟に反する蛮行だから。
 そして、そして、私たちはグンドの独立を求めました。
 しかし「冷酷なるブンド」は聴く耳を持たず、
 追われる身となってしまったのです。
 もう、ここにはいられない。
 かといって、行くあてもないのだけど・・・・・・。
 ヒトのお方、どこかブンドの支配及ばぬ場所を知りませんか?
 ・・・・・・「オク・ズンド」ですって?
 まさか、まさか、貴方、「大らかなズンド」と交流があるの?
 私たちグンドは、ブンドに支配されてからというもの、
 ズンドたちとの交流は途絶えてしまっていたのです・・・・・・。
 どうか、どうか、仲を取り持っていただけませんか?
 おお、恵みもたらす雨のように感謝いたします!
 それでは、追っ手が来ないうちに移動することとしましょう。」
ソヌバヌに報告
ソヌバヌ
「・・・・・・なるほど、なるほど、ここ最近の騒ぎは、
 グンドの者が、独立を求めていたというわけですか。
 ともかく、不穏な動きではなくよかった、感謝いたします。
 そして、「冷酷なるブンド」に追われることになったグンドの者を、
 匿ってほしいというわけですな・・・・・・。」
リヌバリ
「初めまして「大らかなズンド」の長老ソヌバヌさま。
 「鮮やかなグンド」の長老ウヌバヌの娘、リヌバリと申します。
 こちらのふたりは、亡き父の側近だったムナバヌと、
 商人のルナバヌです。」
ソヌバヌ
「なんと、なんと、ウヌバヌの娘であったか!
 父上とは仲が良くてな、よく釣り勝負をしたもんだ。
 ブンドに攻め込まれ、命を落とすとは・・・・・・残念でならん。」
リヌバリ
「その憎き、憎き、「冷酷なるブンド」から逃げてきました。
 しかし、身を隠す場もなく、そちらのヒトのお方に救われ、
 厚かましくもズンドを頼って参りました。」
ソヌバヌ
「かまわん、かまわん、このソヌバヌにいくらでも頼るがいい。
 ところで、ウヌバヌの息子「群雲のリヌバヌ」は無事か?」
リヌバリ
「それが、それが・・・・・・
 兄はグンドの独立を求めたことで、捕らわれの身。
 そして、解放を求めた私たちも、追われる身となった次第です。」
ソヌバヌ
「それは、それは、難儀なことであったろう・・・・・・。
 我らズンドの浮島ひとつ「ナッキ島」を譲るゆえ、
 そこで身を落ち着けるといい。」
リヌバリ
「まさか、まさか、そんな・・・・・・
 ありがとうございます、ソヌバヌさま!
 恵みもたらす雨のように感謝いたします!」
サヌバヌ
「お待ちを、お待ちを、長老さま。
 貴重な浮島をほかの氏族に渡すなんて、村民が不満を抱きます。
 先だっても、雲神「ビスマルク」を鎮めるためとはいえ、
 そちらのヒトの勇者に、貸したばかりではありませんか?」
ソヌバヌ
「よいのだ、よいのだ。
 亡きウヌバヌと村を失ったグンドのため、
 我らズンドも、そのくらい身を削ろうではないか。」
サヌバヌ
「しかし、しかし、食料や物資だって、
 それほど余裕があるわけではないのですよ?」
リヌバリ
「食料や物資までお世話にはなれません。
 私はいただける浮島を、新たなグンドの村として独立させ、
 同志を集めて再建していきたいと思います!」
ソヌバヌ
「頼もしい、頼もしい、亡きウヌバヌも喜んでおることだろう。
 「オク・ズンド」の西の浮島を使うと良い。
 村の再建を期待しておるぞ!」
ソヌバヌ
「リヌバリは、ヒトの勇者のお力添えを期待しているようです。
 浮島は「オク・ズンド」の西側にあります。」
サヌバヌ
「やれやれ、やれやれ・・・・・・。
 浮島ひとつを簡単に譲るとは「大らか」が過ぎるというもの。
 長老さまと村民の間に入る身は、つらいだぁよ。」
リヌバリと話す
ムナバヌ
「本当に、本当に、ありがとうございました。
 グンドの村の再建は、このムナバヌの悲願なのです。
 そのためにも、粉骨砕身働かねばなりません。」
商人のルナバヌ
「どうも、どうも、ヒトのお方。
 申し遅れましたが、私は商人のルナバヌといいます。
 とはいうものの、ブンドに支配されてからは、
 ずっとサヌワの世話ばかり、やらされておりました。」
リヌバリ
「貴方は、雲神さまを鎮めたヒトの勇者だったのね。
 どおりで、どおりで、お強いはず!
 それにしても・・・・・・
 こんな、こんな、素敵な浮島をいただけるなんて夢のよう!
 それもこれも、貴方のお陰、どうもありがとう。
 ですがこの浮島は、しばらく放置されていたようで、
 樹上に「クラウド・ミッヂ」が巣食っていました。
 せっかくの浮島なのに、このままでは生活できません。
 バヌバヌ族にとって「クラウド・ミッヂ」は、小さな天敵。
 刺されたら痒くて痒くて、羽毛を掻き毟ってしまうの。
 そこで、ヒトである貴方にお願いが・・・・・・。
 このサヌワに乗って樹上へ行き、その強力な「突風」で、
 「クラウド・ミッヂ」を吹き飛ばしてほしいんです。」
リヌバリ
「サヌワから降りてしまったのなら、
 ルナバヌに話しかければ、また乗ることができるわ。
 強力な「突風」で「クラウド・ミッヂ」を吹き飛ばしてください。」
商人のルナバヌ
「これは、これは、サヌワに乗りたいのですね。
 私が丹精込めて育てました・・・・・・。
 どうか、可愛がってくださいな。」
サヌワに騎乗してクラウド・ミッヂに突風を使う
サヌワの「突風」が、
「クラウド・ミッヂ」を遠くに吹き飛ばした!
リヌバリに報告
リヌバリ
「助かりました、助かりました、ありがとう・・・・・・。
 ・・・・・・はあ~、グンドの村を再建させるなんて豪語しましたが、
 本当は、本当は、自信なんてまったくないのです。
 見てのとおり、小枝のように華奢な女の子ですから・・・・・・。
 あら、あら、何を驚いているのですか?
 腕もお腹も細すぎて、ヒトである貴方と大差がないくらい・・・・・・。
 これじゃあ、村を導く威厳なんて出すことはできません。
 ムナバヌとルナバヌは忠実だけど、高齢で無理はできず、
 頼りの兄は、多くの同志たちとともに囚われの身・・・・・・。
 幼いころから、兄に頼ってきたので、心細くて仕方ないのです。
 ・・・・・・でも、でも、
 私は幸運にも、光り輝く希望に出会った。
 それは、ヒトの勇者さん・・・・・・貴方です。
 どうか、どうか、村の再建のために、
 私たちといっしょに働いてくださいませんか?
 精一杯のお礼はしますから・・・・・・よろしくお願いいたします。」
(村作りを手伝う?)
(いや、断る)
リヌバリ
「・・・・・・それは、それは、残念です。
 心に空っ風吹きすさぶようですが、仕方がありません・・・・・・。
 どうも、どうも、お世話になりました・・・・・・。」
(もちろん、もちろん、背を押す追い風のように手伝おう)
リヌバリ
「やった、やった!
 グリフィンの鉤爪を得たように、心強い気持ちだわ!
 ところで、ところで、
 まだ貴方のお名前を聞いていませんでしたね?
 Nikuqさん・・・・・・
 とっても、とっても、不思議な名前ですね。
 そうだ、名前と言えば、新たな村にも名付けをしなくては。
 この浮島は、西風を意味する「ナッキ」という名。
 そして、そこに生まれるグンドの村・・・・・・
 そうね、そうね、「オク・グンド・ナッキ」としましょう!
 いよいよ、私たちの村の再建が始まります。
 依頼したいことは、「ムナバヌ」に取りまとめてもらいますから、
 お時間がある時に、彼に話しかけてみてくださいね。」
リヌバヌたちの手により、「ナッキ島」に新たな村・・・・・・
「オク・グンド・ナッキ」が拓かれました!
リヌバリ
「どうも、どうも、Nikuqさん。
 私に何かご用でも?」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
リヌバリ
「あら、あら、忘れてしまったの?
 私は「鮮やかなグンド」のリヌバリ。
 「冷酷なるブンド」に追われている所を貴方に助けていただき、
 さらに「大らかなズンド」に匿ってもらいました。
 指導者である兄が戻ってくるまでの間、
 私が仲間を率いてはいるのですが、心細くて仕方ありません。
 でも、でも、貴方がいてくれれば、
 グリフィンの鉤爪を得たように、心強い気持ちです!」
(ここはどんなところだ?)
リヌバリ
「「冷酷なるブンド」の支配から逃れた、
 我々グンドの新たな村「オク・グンド・ナッキ」です。
 「大らかなズンド」の長老ソヌバヌさまのご厚意で、
 このナッキ島を貰い受け、グンドの村を再建しています。
 それも、それも、追い風のような貴方の協力あってのこと。
 まずは、同志を集めて村民を増やしたいと思いますので、
 これからも、どうぞよろしくお願いします。」
ムナバヌ
「なんと、なんと、私にお話ですと?
 波乱万丈の我が生涯、積もる話がありますが、
 貴方にお願いしたいことも、山積みであります。
 お話すると、空に伸びるすじ雲のように長くなりますので、
 何卒、何卒、またの機会にしてくだされ。」
商人のルナバヌ
「これは、これは、Nikuqさま。
 私は商人ですが、ブンドに支配されてからは、
 ずっとサヌワの世話ばかり、やらされておりました。
 お陰でサヌワの扱いを覚えましたが、
 本業に対する、猛る炎のような情熱は消えませぬ・・・・・・。
 できれば、この新たな村で、商いを再開したく思います。」
(オク・ズンド)
ソヌバヌ
「「オク・グンド・ナッキ」の再建は順調でしょうか?
 このソヌバヌ、今は亡きウヌバヌのため、
 柔らかな春風の如く協力しますぞ。」
サヌバヌ
「「鮮やかなグンド」に譲ったナッキ島は、
 元は、元は、我らズンドの祭事用の島・・・・・・。
 村民はあの浮島で舞うことを、楽しみにしてただよ。」