奇妙な刺客

奇妙な刺客

  • 依頼主 :オボロ(東ラノシア X20-Y26)
  • 受注条件:忍者レベル54~
  • 概要  :船着場の平屋のオボロのもとに、アカギから新たな文が届いたようだ。

オボロ
「Nikuq、よく来てくれたな。
 アカギ殿より、新たな文が届いた。
 今度は「オシュオン大橋まで来てほしい」とのことだ。
 詳細は書いてなかったが、
 大方、またユキ姫が動いたのでござろう。
 Nikuq、急ぎ「オシュオン大橋」へ向かおう。」
オボロ
「さあ、ユキ姫を守りぬくのだぞ。」
オシュオン大橋のアカギと話す
オボロ
「何やら、アカギ殿は焦っているようだな。」
アカギ
「あああ、やっと来てくれたか!
 待ってたよ、俺だけじゃ何もできねぇからな。
 ・・・・・・いや、偉そうにいうことじゃねぇな・・・・・・ハハ・・・・・・。」
オボロ
「アカギ殿、落ち着け。
 ユキ姫はどこにいる?」
アカギ
「これが落ち着いていられっかってんだい・・・・・・。
 姫様が、「翡翠蘭」の購入者を特定したのはいいが、
 俺を置いてひとりで取り戻しにいっちまったのさ!」
翡翠蘭を探す賊
「あの、奇っ怪な妖術を使う女はどこだ!?
 まだ遠くにはいっていないはずだ、探せ・・・・・・!!」
アカギ
「購入者の護衛たちが、血眼になって姫様を探しているようだ。
 ・・・・・・・・・・・・肝心のユキ姫様はっと・・・・・・あそこだ!」
オボロ
「まったく、ひとりで「翡翠蘭」を取り返したというのは、
 さすがユキ姫というところだが・・・・・・。
 このままでは「退路」がござらんな。
 Nikuq・・・・・・。
 お主が今、最も優先すべきことは何と考える?」
(一番大事にすべきことは?)
(ユキの安全)
オボロ
「・・・・・・「忍び」としては花丸の回答だな。
 そうだ、まずはユキ姫の安全を第一に考える必要がある。」
(任務の遂行)
オボロ
「任務の遂行・・・・・・そう、それでこそ「忍び」だ。
 そして、お主の任務とは、すなわちユキ姫を救い出すこと。
 すなわち、ユキ姫を守る必要がある。」
(答えない)
オボロ
「・・・・・・言葉で語らず、行動で語るか。
 我々が優先的に為すべき行動はひとつ、ユキ姫の救出だ。」
オボロ
「退路を作るため、我々が囮となる。
 都合のいいことに、敵はユキ姫の使う忍術を見たようだ。
 これを利用しよう。
 我々が「雷遁の術」の轟音を使って惑わせば、
 音の先にユキ姫がいると思って、追ってくるはずだ。
 「雷遁の術」を放ちながら、南西に移動してくれ。
 適当に敵を引き付けたら、「ソルトストランド」で合流だ。」
指定地点に雷遁の術を使う
この辺りで「雷遁の術」を使い、敵の注意をひこう。
(雷遁の術を使う)
遠くから足音が聞こえる・・・・・・。
翡翠蘭を探す賊
「あの女が使う妖術の音がしたぞ!!
 音のする方に向かえ!!」
次の指定地点に雷遁の術を使う
この辺りで「雷遁の術」を使い、敵の注意をひこう。
(雷遁の術を使う)
遠くから足音が聞こえる・・・・・・。
翡翠蘭を探す賊
「今度は別の方角から音が・・・・・・!?
 買い取ったばかりの「翡翠蘭」を、奪われたとあっちゃ、
 旦那様に何と言われることか! くそったれっ!」
さらに指定地点に雷遁の術を使う
この辺りで「雷遁の術」を使い、敵の注意をひこう。
(雷遁の術を使う)
遠くから足音が聞こえる・・・・・・。
翡翠蘭を探す賊
「くそっ、どこだ・・・・・・!? 追えっ!
 「翡翠蘭」がいくらするか、わかっているだろうな!
 とても、俺たちじゃ、弁償できる額じゃないんだぞっ!」
指定地点で待機
????
「ウン、ウン・・・・・・想定外、想定外。」
奇妙な男
「ユキ・ヤツルギではなかったか・・・・・・。
 まさか、あの女に忍びを雇う財力が残っていたとは・・・・・・。
 ま、名家の血筋があれば、なんとでもなるんだろうね・・・・・・ウン。
 名家の血筋、俺にはない・・・・・・羨ましいね、羨ましい。
 まあいいよ、俺の人生はこれからだからね・・・・・・ウンウン。
 そのためにも、まずは任務をこなすんだ・・・・・・ウン。
 雇い主から任されたのは、商品受渡の護衛・・・・・・。
 渡した後だから関係ないけど、恩を売るのも悪くない・・・・・・ウン。
 ハ・・・・・・なんだその眼、なんかムカつく。
 カラスもゲッカイも、そういう眼で俺を見た・・・・・・。
 俺なんて、敵じゃないって眼だ・・・・・・ウン、馬鹿にしてる。
 お、お前も忍術を使うってことは、東州から来たんだろ?
 つまり、ゲッカイやカラスと同じ「本場の忍び」・・・・・・。
 その肩書、俺にはない・・・・・・ウン。
 俄然、ムカついてきた・・・・・・。
 ぶっ殺して、腹掻っ捌いて、
 ユキ・ヤツルギのこと全部吐かせなきゃ・・・・・・ウン!」
刀下のレッドウェイを倒せ!
刀下のレッドウェイ
「ウンウン、形勢有利・・・・・・追加報酬は確実だな・・・・・・!」
「捨て駒は所詮捨て駒・・・・・・。
 真打ちは後から登場するんだな・・・・・・ウン。」
月夜のオボロ
「すまぬ、Nikuq・・・・・・遅れた!!」
刀下のレッドウェイ
「ふたりめ・・・・・・? どこかで、見たことがあるような・・・・・・。
 まあいい、不愉快だが、あいつに教わった技を使うか・・・・・・ウン。」
「お、お前は・・・・・・思い出した、ゲッカイとカラスの敵・・・・・・オボロ?
 じゃあ、もうひとりはNikuq・・・・・・!」
「お、お前も・・・・・・俺の口寄せの印が、ダメだって言うのか!」
「形勢不利、これ以上の戦いは不毛だ・・・・・・ウン。
 俺は賢い男だから、無茶な戦いはしない・・・・・・ウンウン。」
月夜のオボロ
「ゲッカイとカラスを知っているとは、あいつはいったい・・・・・・?」
(失敗時)
月夜のオボロ
「お前は勝て、なんとしてもだ・・・・・・!」
ソルトストランドのオボロと話す
オボロ
「奴は、橋にいた護衛たちとは、明らかに毛色が違う・・・・・・。
 それに、カラスとゲッカイの存在を知る忍びなど、
 この地にいるはずがない・・・・・・。
 ・・・・・・いや、「魔導忍衆」の残党ならば!
 ゲッカイの死後、帝国軍の隠密諜報部隊は姿を消している。
 部隊ごと解体されたと思っていたが・・・・・・。
 居場所を失った残党が、帝国軍から脱走し、
 ゲッカイから学んだ忍術を用いて、傭兵に転身したか・・・・・・。
 「翡翠蘭」の買い手が雇った護衛か、あるいは・・・・・・?
 ・・・・・・考えても仕方ないか。
 今は、ユキ姫の安全が第一だ。
 テンペスト陸門に向かい、ユキ姫と合流しよう。」
ユキと話す
オボロ
「・・・・・・ユキ姫は無事なようだな。」
アカギ
「やあやあ、ありがとう!
 おかげでユキ姫と合流できたよ!」
ユキ
「・・・・・・アカギに聞いた。
 退路を作ったのはお前らだそうだな。
 余計なことをせずとも、俺はひとりで逃げられたというのに。
 まあいい・・・・・・残る家宝は「乱光包」だけ。
 ・・・・・・手がかりはないが、なんとか見つけ出してみせる。
 お前はもう、関わってくれるな。
 これは・・・・・・俺の問題なのだから。」
アカギ
「・・・・・・ああ言ってるが、姫様も感謝はしてるのさ。
 それじゃ、また何かあったら頼むぜ、忍者さん!」
オボロ
「では、Nikuq。
 一度、船着場の平屋に帰ろう。」
船着場の平屋のオボロと話す
オボロ
「・・・・・・ソルトストランドで出会った忍びについては、
 よく注意するようアカギ殿に伝えておいた。
 お主も、警戒を怠らぬようにな。
 さて、変わらずユキ姫は頑固なままだが、
 お主の働きのおかげで、怪我もなく脱出することができた。
 さぁ、今日も瞑想をするがいい。
 お主の心は、新たな力を刃に写すだろう。」
使命が心を研ぎ澄ます・・・・・・新たな忍術に開眼した!