堕ちた蠍

堕ちた蠍

  • 依頼主 :コンスタン(クルザス西部高地 X23-Y26)
  • 受注条件:ナイトレベル58~
  • 概要  :キャンプ・リバーズミート付近のコンスタンは、冒険者にお願いがあるようだ。

コンスタン
「姉さん・・・・・・。
 「聖剣」の手がかりはなくなったままです。
 いろいろ情報を集めていますが、有力なものはありません。
 残されたのは、未だ潜伏している「見えざる毒尾」だけ・・・・・・。
 ・・・・・・僕は、あれから考えました。
 姉さん、いっしょに「聖剣」を探すというお願いは、
 もう、無しにしてください。
 ですが、今一度、お願いがあります。
 僕は僕の正義を果たすために、「見えざる毒尾」を倒そうと思う。
 もう、母のような犠牲を出さないために。
 もし、その先に「聖剣」があるのなら、
 それがソルクザギルさんが求めていたものだと思うから・・・・・・。
 ・・・・・・どうか、ともに戦ってくれませんか!?
 ありがとうございます、姉さん!
 では、やつらによる被害が出ていないか、確認しに行きましょう。
 ・・・・・・っと、その前に、少し寄るところがあります。
 「ファルコンネスト」まで、ついてきてもらえますか?」
コンスタンと話す
ハンドレッド・アイズ
「・・・・・・ん? いつぞやの冒険者か。
 今は忙しくてな、後にしてくれ。」
コンスタン
「ハンドレッド・アイズさん、こんにちは。」
ハンドレッド・アイズ
「よう、確か、コンスタンだったな。
 いつも復興の手伝い、ご苦労さん!」
コンスタン
「ハンドレッド・アイズさん、ひとつ聞きたいことがあります。
 以前、あなたが作ってくれた、ソルクザギルさんの墓・・・・・・。
 ・・・・・・あの土の下に、本当に彼は眠っていますか?」
ハンドレッド・アイズ
「何かと思えば、野暮なことを聞く・・・・・・。
 ああ、たしかに眠っているさ。
 ・・・・・・人の墓を掘るのは辛い仕事だ・・・・・・忘れるはずもねぇ。」
コンスタン
「・・・・・・そうですよね、ありがとうございます。
 もしかしたら、先に見かけた謎の男は、
 ソルクザギルさんかと思ってしまい・・・・・・。
 でも、いらぬ考えでした。
 ・・・・・・やはり、もう彼は居ないのですね。
 さて、心のモヤモヤは解けました。
 「見えざる毒尾」の被害を確認するため、
 「デュランデル家の騎兵」の方に話を聞きましょう。」
エムリセルと話す
コンスタン
「「見えざる毒尾」の被害を確認するため、
 デュランデル家の騎兵「エムリセル」さんに話を聞きましょう。」
エムリセル
「・・・・・・「見えざる毒尾」の被害だって?
 そのような夜盗が出没するという話は聞いていたが、
 ここ最近は、めっきり被害報告が減ったな。
 なんでも、奴らはウルダハ出身らしいじゃないか。
 大方、この寒さに対処できず、どこかに流れていったのだろう。
 ・・・・・・ただ、気になることといえば、
 最近、アバラシア雲海に向かう飛空艇で、
 密航者騒ぎがあったことだ。
 キャンプ・クラウドトップへの補給物資に紛れ、
 何人かが雲海に渡ったらしい。
 あんな何もない場所に行く理由は、見当もつかないがね。」
コンスタン
「・・・・・・聞きましたか?
 クルザス西部高地から姿を消した直後の密航騒ぎ・・・・・・。
 これは匂いますよ。
 姉さん、「キャンプ・クラウドトップ」に行ってみましょう。
 あそこには、「アインハルト家の騎兵」が駐屯しているはずです。
 彼らに話を聞いてみましょう。」
キャンプ・クラウドトップのアインハルト家の騎兵と話す
コンスタン
「この、「アインハルト家の騎兵」の方に、
 話を聞いてみましょう。」
アインハルト家の騎兵
「・・・・・・なに、密航者だと?
 ふむ、確かにそのような騒ぎがあったが、それどころではない。
 奴ら、「プロテクトゥール号」に手を出しやがった。
 さすがの神殿騎士団も、これにはお怒りの様子でな、
 密航者たち・・・・・・「見えざる毒尾」の討伐命令が来ている。
 ちょうど、これから出向くところよ。
 ・・・・・・ほう、協力してくれるというのか。
 フォルタン家の客人が味方とは心強い。
 ならば、我々に同行してほしい。
 そこの少年も来てくれるのであれば、私と同じ隊に。
 客人は、先鋒隊に合流してくれ。」
コンスタン
「・・・・・・はい、がんばります!」
アインハルト家の騎兵
「先鋒隊は、ここから南東の見張り台付近にいる。
 予め連絡をしておこう。
 ・・・・・・よろしく頼んだぞ!」
コンスタン
「姉さん、どうかご武運を・・・・・・!」
アインハルト家の騎士と話す
コンスタン
「姉さん、ご武運を!」
アインハルト家の騎兵
「よく来てくれた、心強いぞ!」
アインハルト家の騎士
「おお、来てくれたか、助かるぞ!
 敵は我々の動きを察し、東方面に後退しつつある。
 我々は、奴らを追うぞ。
 途中、妨害に遭うことも想定される、気をつけて進んでくれ。
 では、散開、進軍!」
見えざる毒尾を討伐
アインハルト家の騎兵
「すまん、後はまかせた・・・・・・!」
(アインハルト家の騎兵たち
「もう少しなのに・・・」
「くそ、奴ら強い!」
「ゼェゼェ・・・」)
再び見えざる毒尾を討伐
コンスタン
「ハァハァ・・・・・・奴らをこの先に追い詰めました・・・・・・。
 しかし、奴らの首謀者は、魔方陣から魔物を召喚して・・・・・・
 か、かなりの強さです・・・・・・。
 姉さん、あとを頼みます・・・・・・。
 力になれなくてすみません・・・・・・。」
アインハルト家の騎士
「くそ・・・・・・こんなところで・・・・・・!
 奴らはこの先だ、あとを頼む!」
(毒尾の虐殺者
「しつこい奴らめ・・・
 ここで死ね!」)
アインハルト家の騎士と話す
コンスタン
「おつかれさまです、姉さん。
 無事でよかった!
 ぜひ、騎士の方に報告してください。」
アインハルト家の騎士
「助かったぞ・・・・・・!
 さすが、フォルタン家の客人か。
 ・・・・・・得ていた情報からも、こいつが首謀者で間違いない。
 ・・・・・・では、私は報告に戻る。
 今回は本当にありがとう。
 ラニエット様にも、よろしく伝えておこう。」
コンスタンに近衛騎士の篭手を渡す
コンスタン
「姉さん、無事でよかった!
 ・・・・・・おや、何か発見したんですか?」
(近衛騎士の篭手を渡す)
コンスタン
「・・・・・・これを「見えざる毒尾」の首謀者が持っていたんですか!?
 な、なぜ、やつらが・・・・・・。
 これも・・・・・・回収させるつもりだったのですか?
 いつか、僕が「見えざる毒尾」と戦うと見越して・・・・・・?
 ・・・・・・ソルクザギルさん、いったい何を考えていたのです。
 ・・・・・・ここでは考えがまとまりませんね。
 姉さん、「ファルコンネスト」に戻りましょう・・・・・・。」
ファルコンネストのコンスタンと話す
コンスタン
「・・・・・・姉さんと合流する前、
 僕たちの隊は、やつらのアジトらしき場所を発見したんです。
 ですが、そこには落ちぶれた犯罪者の貧しい生活の痕跡だけで、
 「聖剣」に繋がるようなものはありませんでした・・・・・・。
 彼らにしてみれば聖剣「オウスキーパー」は、
 取引材料として切り札だったはず。
 その「聖剣」を所持していなかったということは、
 やはり、ソルクザギルさんが奪取していたのでしょうか・・・・・・。
 そして、身につければ何かわかるとでも言いたげな、
 ソルクザギルさんの残してくれた装備・・・・・・。
 ・・・・・・今回の件で、「見えざる毒尾」の騒動は一段落するでしょう。
 仮に、まだ生き残りがいたとしても、
 やつらが人々に被害を及ぼすのなら、僕は決して許しません。
 そのために、この装備を身につけて戦い続けます。
 ・・・・・・きっとこれは、ソルクザギルさんが、
 何らかの意志のもとで残しているのでしょうから・・・・・・。」
若き騎士の決意が、ソウルクリスタルを震わせた!
  近衛騎士の篭手:銀冑団の近衛騎士用の篭手