おかしなイチザと守護天節

おかしなイチザと守護天節

  • 依頼主 :冒険者ギルドの調査員(グリダニア:旧市街 X10-Y8)
  • 受注条件:レベル20~
  • 概要  :グリダニアの冒険者ギルドの調査員は、冒険者に手伝ってほしいことがあるようだ。

冒険者ギルドの調査員
「おや、見たところ同業者のようですね。
 いいところに!
 どうか、仕事を手伝ってはもらえないでしょうか?
 実は、冒険者ギルド本部から、ある任務を請け負っているのです。
 それは、現在、都市を訪れている、
 「コンチネンタル・サーカス」という旅芸人一座の監視・・・・・・。
 なぜ旅芸人を見張るのか、不思議に思うかもしれませんね。
 ですが、ちゃんと理由があるんです。
 なんと奴らは、人の姿に化けた「魔物の集団」なんですから。
 「守護天節」の季節になると、こうして都市を訪れ、
 イタズラじみた興行をする、妙な連中なんですが・・・・・・。
 楽しみにしている市民も多いですから、追い返す訳にもいかない。
 そこで、騒ぎにならないように、
 こっそりと奴らの「イタズラ」を阻止してほしいというのが、
 本部からの依頼なんです。
 ・・・・・・ところが、私の監視の仕方が露骨すぎたせいか、
 警戒されてしまい、仕事にならず困っていたところで・・・・・・。
 そこで、あなたに調査への協力をお願いしたいのです!
 ありがとうございます!
 では、まずはその辺りにいる一座の奇術師たちに声をかけ、
 それとなく、奴らの目的を探ってもらえませんか?」
冒険者ギルドの調査員
「都市内にいる一座の奇術師たちに声をかけ、
 それとなく、奴らの目的を探ってもらえませんか?」
奇術師と話す
(クエスト受注前)
妖しい奇術師
「我々は、コンチネンタル・サーカス!
 「守護天節」を盛り上げるためにやってきているのです!」
不気味な奇術師
「今年の守護天節も、特別な催し物を考えてます。
 何をやるかは・・・・・・まだヒミツです!」
面妖な奇術師
「ワタシたちと一緒に、守護天節を楽しんでくださいね~!」
妖しい奇術師
「子どもたち、おいでおいで!
 今回の「守護天節」の主役は、みんなだよ!
 子どものみんなを主役にしたイベントを催すよ~!」
不気味な奇術師
「なんだい、あなたも仮装がしたいの?
 でも、悪いけれど今回の主役は子どもなんだ。
 大人のあなたは、また今度ね!」
面妖な奇術師
「子ども限定! なんと、今なら無料で仮装をしてあげちゃうよ!
 しかも、仮装してくれた子には、特別なお菓子もプレゼント!
 さぁさぁ、仮装したい子はハーストミルまで来てね~!!」
冒険者ギルドの調査員に報告
冒険者ギルドの調査員
「おかえりなさい!
 奴らが企んでいることについて、何か掴めましたか?
 ふむふむ、仮装をするといって、子どもを誘っていると・・・・・・。
 しかも、都市外のハーストミルに誘導しているとは、
 なんだか怪しいですね。
 子どもたちの行方が心配です。
 急ぎ、ハーストミルに向かう必要がありそうですね!」
旅芸人一座の広報係
「ワタシは「コンチネンタル・サーカス」の広報係です。
 わからないことは、なんでも聞いてくださいネ!」
(何を聞く?)
(「コンチネンタル・サーカス」とは?)
旅芸人一座の広報係
「ワタシたち「コンチネンタル・サーカス」は、
 大陸を横断しながら各地で公演している旅芸人の一座なんデス。
 この時期になるとエオルゼアにやって来て、
 「守護天節」が盛り上がるような出し物をしているのヨ。
 アナタのような冒険者も、気に入るに違いないと思うワ!
 魔物退治は忘れて、一緒に「守護天節」を楽しみまショー!」
(「守護天節」とは?)
旅芸人一座の広報係
「「守護天節」の時期は、聖人たちが天上の宮殿に招かれて、
 夜ごと盛大な宴に興じるというノ。
 だから、この時期の夜は、聖人の加護が弱まって魔物が大暴レ。
 ヒトは皆、家に閉じこもって門扉を閉じる習慣ができたノ。
 でも・・・・・・それも昔の話。
 今では毎日、魔物相手に冒険者が大暴レ!
 聖人の加護に代わって、冒険者が都市を守っているのヨ!
 そうして安全になった都市では、
 「守護天節」は、ただの楽しいお祭になったのヨ。
 ホント、不愉快・・・・・・じゃなくて、不思議な話ですヨネ!」