その真相は

その真相は

  • 依頼主 :ダンシング・ウルフ大闘士(ウルダハ:ナル回廊 X8-Y9)
  • 受注条件:召喚士レベル54~
  • 概要  :不滅隊:作戦本部のダンシング・ウルフ大闘士は、沈痛な面持ちで冒険者を待っている

ダンシング・ウルフ大闘士
「来てくれたか・・・・・・!
 不滅隊に情報が入ってきた・・・・・・ただ、こちらの望まぬ形でな。
 そう、ふたたび襲撃事件が起きてしまったのだ・・・・・・!
 調査報告に目を通したが、トリスタンの犯行の可能性が高い。
 ヤ・ミトラの嬢ちゃんには、俺から連絡しておく。
 現場の「ナナワ銀山」で、鉱員から話を聞こう・・・・・・!」
(グリダニア)
ヤ・ミトラ
「少しだけ調べたいことがあるの。
 悪いけど、先に向っておいて・・・・・・。」
ナナワ銀山の襲われた鉱員と話す
ダンシング・ウルフ大闘士
「嬢ちゃんも、すぐに来るそうだ。
 しかし、この鉱員・・・・・・。」
襲われた鉱員
「また、調査ってかあ?
 もう事情聴取は勘弁してくれよ・・・・・・。
 その度に仕事中断させられて、納期過ぎちまってんだぜ?
 そうだな、話が聞きたいってんなら、
 協力的姿勢を見せてもらわねえとなあ・・・・・・。
 例えば、そっちのオッサンには、鉱石を運搬してもらうとか!
 姉ちゃんは、魔法使いか?
 さっきスプリガンどもに、稀少な「紅銀鉱」を奪われちまってよ。
 そいつを取り返してきてくれ!」
ダンシング・ウルフ大闘士
「ちょっと待て、俺たちに仕事を手伝えというのか!?」
襲われた鉱員
「だーかーらー、協力的姿勢を見せてほしいのさあ。
 俺は仕事を手伝ってもらえて、時間のロスを軽減できる。
 あんたらは情報を得ることができる・・・・・・文句ないだろう?」
ダンシング・ウルフ大闘士
「・・・・・・仕方ない、すまんが、Nikuq。
 この付近を探して、その「紅銀鉱」とやらを、
 スプリガンどもから取り返してきてくれ・・・・・・!」
襲われた鉱員
「スプリガンどもに「紅銀鉱」を奪われちまったんだ。
 まだ、その辺をうろついてるはずだからよ。
 そいつを取り返してきてくれ!」
スプリガンの痕跡を調べて魔物から紅銀鉱を入手
襲われた鉱員に紅銀鉱を渡す
ダンシング・ウルフ大闘士
「ぬう・・・・・・なあに、不滅隊の教練に比べれば、これしき・・・・・・!」
襲われた鉱員
「よう、姉ちゃん!
 「紅銀鉱」は取り返せたかいー?」
(紅銀鉱を渡す)
襲われた鉱員
「おっ、数もバッチリだな!
 いやあ、助かったぜー!」
ヤ・ミトラ
「遅くなって、ごめんなさい・・・・・・!
 ・・・・・・ダンシング・ウルフ大闘士、なんだか疲れていない?」
ダンシング・ウルフ大闘士
「・・・・・・何でもない。
 それより、話を聞かせてくれ。」
襲われた鉱員
「ああ、銀山で作業をしてたら、ローブの男が現れたんだ。
 いきなり、炎をぶっ放す魔物をけしかけて来やがってよ・・・・・・。」
ヤ・ミトラ
「炎の魔物・・・・・・
 Nikuq、イフリート・エギを・・・・・・!」
襲われた鉱員
「うわっ、スゲー!
 ローブの男が命令してた炎の魔物と同じだ!」
ヤ・ミトラ
「やはりね・・・・・・。
 ところで、ローブの男が襲ってきたときは、
 どんな仕事をしていたの?」
襲われた鉱員
「ああ、ナナワ銀山では、鉱石だけじゃなくて、
 クリスタルも産出するんだけどよ・・・・・・。
 ちょうど、採掘したクリスタルの搬出中だったな。
 炎の魔物に襲われて、慌てて逃げ出してさ。
 その後、戻ってみたら、列車に積んでたクリスタルが、
 ごっそりなくなってたんだ。」
ヤ・ミトラ
「クリスタルがなくなっていた・・・・・・?」
襲われた鉱員
「ああ、俺が見たのは、それで全部さ。
 そんじゃ、手伝ってくれてありがとうなー!」
ダンシング・ウルフ大闘士
「待てよ・・・・・・確か、ドライボーンで聞き込みをしたときも、
 クリスタルが奪われていた、という話を聞いたような・・・・・・。
 少し見えてきたかもしれん・・・・・・!
 俺は作戦本部に戻って、ほかの事件も洗い出してみる。
 お前たちも、後から来てくれ!」
ヤ・ミトラ
「トリスタンの目的がクリスタルだとしたら・・・・・・!
 私たちも「ウルダハ」へ向かいましょう!」
不滅隊:作戦本部のダンシング・ウルフ大闘士と話す
ヤ・ミトラ
「クリスタルが敵の狙いだとしたら、推測できる部分もあるわ。
 ダンシング・ウルフ大闘士から、話を聞いてみましょう。」
ダンシング・ウルフ大闘士
「・・・・・・思ったとおりだったぞ。
 襲撃事件に関する資料を見なおしてみたが、
 すべての事件でクリスタルが持ち去られていた。」
ヤ・ミトラ
「疑似蛮神「召喚獣」を使役する召喚士は、
 蛮神との関わりがとても深い・・・・・・。
 そんな人物がクリスタルを狙う理由といえば・・・・・・
 やはり、蛮神召喚を目論んでいると考えるべきね。」
ダンシング・ウルフ大闘士
「俺はイフリートと戦って、その力をこの身で味わった・・・・・・。
 あの圧倒的な力を、味方として利用できる召喚魔法は、
 大きな可能性を秘めていると思ってる。
 だが、トリスタンが蛮神召喚なんて暴挙を犯せば・・・・・・
 召喚魔法まで有害なものとみなされ、
 戦術として利用することが難しくなっちまう!」
ヤ・ミトラ
「アラグの遺物、アラガントームストーンを調べてわかったの。
 かつて、敵対する蛮神を退けたアラグの召喚士は、
 一度は英雄と称えられていたわ・・・・・・。
 しかし、やがて、その強大な力に溺れて、
 私利私欲のために、召喚魔法を使う者が現れはじめた・・・・・・。
 もちろん、召喚士がみな愚者だったわけではないでしょう。
 でも、人々の中には「蛮神の力を使うから悪に堕ちる」という、
 思想が広がってしまった・・・・・・。
 そして、人々の恐れが頂点に達したとき、
 召喚士狩りが行われ、彼らは歴史の表舞台から消えた・・・・・・。
 これが、第三星暦の末期に起こった史実よ・・・・・・。」
ダンシング・ウルフ大闘士
「トリスタンが蛮神召喚を行えば、歴史が繰り返されてしまう。
 俺は、クリスタルの流通経路の警護を見なおしてみる。
 必ずや、ヤツを止めなければ・・・・・・!」
ヤ・ミトラ
「Nikuq。
 遺物から得られた新たな技の知識を、あなたに授けるわ。
 トリスタンを捕えるためにも、力を蓄えておいて・・・・・・!」
失われたアラグの知識を得た!
  紅銀鉱:銀山で稀に産出する美しい鉱物