己の聖剣

己の聖剣

  • 依頼主 :コンスタン(クルザス西部高地 X32-Y36)
  • 受注条件:ナイトレベル54~
  • 概要  :ファルコンネストのコンスタンは、聖剣の行方について手がかりを見つけたようだ。

コンスタン
「姉さん!
 ソルクザギルさんの遺品から、手記が見つかりました。
 その最後のページに、地図らしきものが記されていたんです。
 彼は「聖剣」を求めて、そこに行ったのではないでしょうか?
 問題の場所は、「ゴルガニュ牧場」の南西の辺りです。
 僕たちも行ってみましょう!
 ・・・・・・僕は、ソルクザギルさんが託してくれた、
 装備を身につけてから向かいますね!
 それでは、現地で合流しましょう!」
コンスタンと話す
コンスタン
「姉さん、見てください!
 ソルクザギルさんに託された、唯一のナイトの装備なんですよ!
 ・・・・・・ふふ、少しは、カッコもついたでしょうか。
 さて、手記に記されていたのは、この辺りですね。
 手がかりがないか探してみましょう。」
聖剣の手がかりを探す
雪の中に「近衛騎士の小冠」が埋もれていた・・・・・・!
凍った血痕が続いている・・・・・・。
コンスタンに近衛騎士の小冠を渡す
コンスタン
「ふぅ、ここには、特に手がかりはありませんでした。
 ・・・・・・姉さんは、何か見つかりましたか?」
(近衛騎士の小冠を渡す)
コンスタン
「・・・・・・こ、これは、ソルクザギルさんの!?
 彼が手記を書いた後、ここに来たのは間違いないようです・・・・・・。
 うう、ソルクザギルさん・・・・・・。
 手がかりは、それくらいですね・・・・・・。
 それにしても、凍った血痕というのが気になります。
 跡を辿ってみましょう。」
血痕を探す
コンスタン
「姉さん、見てください!」
コンスタン
「どうやら、ダスクヴィジルの方に向かっているようですね。
 追ってみましょう!」
再び血痕を探す
コンスタン
「姉さん、ほら、ここにも!」
コンスタン
「ここから西に向かっているようです。
 行きましょう!」
さらに血痕を探す
(毒尾の惨殺者
「奴の仲間か!?」
毒尾の呪殺者
「しつこい奴らめ!」)
コンスタン
「くっ、今のは「見えざる毒尾」・・・・・・!?
 やつら、僕たちを誰かの仲間だと思ったようです。
 ・・・・・・まさか、ソルクザギルさんの?
 西の方面に逃げたやつらが居ます。
 後を追いましょう!」
コンスタンと話す
コンスタン
「・・・・・・居ました、やつらです!
 「聖剣」を探すのが目的ではありますが、
 それ以上に、この地を脅かしているやつらを放置できません。
 ・・・・・・「見えざる毒尾」には多くの人が殺されているんです。
 姉さん、戦いましょう!
 ・・・・・・僕は、この甲冑に誓います。
 ソルクザギルさんの教えのとおり、
 憎しみの連鎖を呼ぶ戦いではなく、守るために戦うと!」
見えざる毒尾を倒せ!
木剣のコンスタン
「「見えざる毒尾」め、よくも・・・・・・!
 姉さん、ここでやつらを倒しましょう!」
毒尾の支配者
「忌々しき王党派の犬どもめ!
 こうなれば奥の手だ・・・・・・来たれヴォイドの妖異よ!」
木剣のコンスタン
「こ、これは・・・・・・!? 術者は僕が引きつけます!
 姉さんは、あの魔方陣と魔物をお願いします!」
毒尾の支配者
「・・・・・・くそがっ! まだ終わったわけではないぞ!」
(失敗時)
木剣のコンスタン
「ご、ごめんなさい、姉さん・・・・・・。」
コンスタンと再び話す
コンスタン
「や、やりましたね・・・・・・!
 どうやら、先ほど倒したやつはリーダー格。
 これで、少しは被害が減ることでしょう!
 ですが、残念ながら「聖剣」の手がかりは、
 途絶えてしまいました・・・・・・。
 ・・・・・・ひとまず、「ファルコンネスト」に帰りましょう。」
ファルコンネストのコンスタンと話す
コンスタン
「おかえりなさい、姉さん・・・・・・。
 ・・・・・・実は、行商人だった僕の母は、
 「見えざる毒尾」に襲われて命を失いました。
 当時、やつらの存在は知られていなく、夜盗かと思われました。
 神殿騎士団に夜盗退治を嘆願しましたが、
 ドラゴン族や異端者の絡まない案件として、うやむやに・・・・・・。
 それどころか、母が行商に向かったチョコボの森は、
 危険な場所だということはイシュガルド人の常識。
 それを知っていながら行ったのだから、自己責任だと・・・・・・。
 ・・・・・・その後、ソルクザギルさんからやつらの話を聞き、
 犯行の手法などから、
 母を襲ったのが「見えざる毒尾」だとわかったのです。
 神殿騎士団総長のアイメリク様は、
 僕たち貧民の言葉をも、聞いてくださるお方と耳にします。
 ですが、僕たちの言葉は、アイメリク様に届く前に、
 古き体制にもみ消されてしまう・・・・・・。
 ・・・・・・だから、僕はソルクザギルさんに弟子入りを志願したのです!
 ゆくゆくは、姉さんのような自由騎士となって、
 本当に守りたい人を守れるように!
 さっき倒したのは、やつらの一派でしょう。
 おそらく、まだ残党はいるはず・・・・・・。
 ・・・・・・いずれ、決着を付けなくては。
 ・・・・・・僕は、ソルクザギルさんや家族のためだけじゃない。
 やつらに怯えている、すべての人のために戦いたいのです!」
若き騎士の「己の聖剣」への芽生えが、
ソウルクリスタルを震わせた!
  近衛騎士の小冠:銀冑団の近衛騎士用の小冠