聖剣を追って

聖剣を追って

  • 依頼主 :ジェンリンス(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y11)
  • 受注条件:ナイトレベル50~
  • 概要  :ウルダハ王政庁のジェンリンスは、自由騎士たる冒険者に頼みがあるようだ。

ジェンリンス
「Nikuqか・・・・・・。
 この国の政情が不安定なことは、貴公も知るとおりだ。
 だが、我々「銀冑団」は、王家を守護するために存在している。
 パパシャン殿を始め、王党派の皆と協力し、
 いつ何時、女王陛下から号令がかかっても良いよう、
 準備に万全を尽くすつもりだ。
 今こうして「己の聖剣」を持ち、決意を新たにできるのは、
 貴公が教えてくれたこと・・・・・・。
 感謝しているぞ。
 「銀冑団」も、一時は民から不信の目で見られていたが、
 貴公の活躍もあってか、ここ最近は、志願者も増えていてな。
 彼らは現在、「キャンプ・ブルーフォグ」で訓練を行っている。
 自由騎士である貴公が顔を見せれば喜ぶだろう。
 どうか、激励に行ってやってくれないか。」
キャンプ・ブルーフォグのオワインと話す
オワイン
「自由騎士Nikuq殿ですね!
 私は、オワインといいます。
 此度は、ご足労いただきありがとうございます。
 ジェンリンス総長から、連絡を受けています。
 なんでも、新人たちを激励していただけるとか!
 現在、彼らは、不滅隊の「東方監視塔」付近で、
 この地の魔物を相手に、実戦訓練をしているところ。
 戦いの手本を示していただければ、彼らも喜びましょう!」
東方監視塔付近のオワインと話す
オワイン
「この先に、敵を釣るための罠を仕掛けてあります。
 ここに居る新人たちに、
 自由騎士としての戦いっぷりを見せてやってください!」
指定地点で待機して現れた魔物を討伐
オワインと話す
オワイン
「ありがとうございます!
 さすが自由騎士殿、すばらしい戦いでした。
 やはり、言葉よりも行動で示すのは説得力が違う!
 ここに居る新人たちは、貴方の話を聞き、憧れているものも多い。
 此度、貴方の戦いを間近で見れたことで、
 ウルダハを守るために、さらに奮起することでしょう。
 私たちは負けません。
 ウルダハがどのような状況になろうとも、守り切ってみせますよ!」
ウルダハ王政庁のジェンリンスと話す
ジェンリンス
「おお、戻ったか。
 オワインから、興奮気味の連絡を受けたところだ。
 わざわざ、すまなかったな。
 貴公は、すでに一人前の自由騎士。
 これ以上、私から伝えることはない。
 このエオルゼアが、ウルダハの様に混乱しないよう、
 貴公の目で物を見て、自由騎士として戦い続けてほしい。」
????
「冒険者殿・・・・・・。
 ちょっと、いいですかな。」
パパシャン
「実は、お主に協力を願いたい案件がありましてな。
 やや、ここでは話せません。
 ・・・・・・「ウルダハ操車庫」まで来ていただけますか。」
ジェンリンス
「どうした、パパシャン殿に用事でもあるのか?
 あのお方なら、「ウルダハ操車場」に居られるはずだ。」
ウルダハ操車庫のパパシャンと話す
パパシャン
「よく来てくださった!
 このパパシャン、感謝しますぞ。
 ソルクザギル・・・・・・という者を覚えておるでしょうか?
 ジェンリンスの先代、「銀冑団」の前総長だった男です。
 奴は「銀冑団」から失われた「聖剣」を求めて旅だった後、
 時折、私に便りを寄越していたのです。
 いずれも、残された者を気に掛ける内容でしたがの・・・・・・。
 それが、ある時・・・・・・
 聖剣「オウスキーパー」を見つけたとの便りを最後に、
 消息が途絶えてしまったのです。
 この事は、ジェンリンスには伝えておりません。
 ようやく「銀冑団」が持ち直してきたところ・・・・・・
 ここで、不安の種を植えるわけにはいきませんからな。
 Niuniu殿・・・・・・。
 どうか、秘密裏にソルクザギルを探してもらえぬだろうか!
 依頼を受けてくださって、感謝しますぞ!
 ソルクザギルから最後に連絡があったのは、
 北の大地・・・・・・「イシュガルド」。
 ソルクザギルの手がかりになる情報を探しておきますので、
 時が来たら、よろしく頼みますぞ!」