封印の大要石

封印の大要石

  • 依頼主 :スリト・カリト(高地ラノシア X25-Y22)
  • 受注条件:学者レベル52~
  • 概要  :ワンダラーパレスのスリト・カリトは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

スリト・カリト
「朗報だ、Nikuq君。
 ワンダラーパレスを封じていた「封印の大要石」の場所が、
 ようやく判明したのだよ。
 アルカ・ゾルカ君が、私の調査に協力してくれてね。
 彼は「ニーム」について、随分と熱心に研究していたようで、
 今に残る遺跡に詳しく、その知識が役立ったのだ。
 彼は、すでに現地に向かっている。
 東の遺跡に赴いて「アルカ・ゾルカ」君と合流し、
 「封印の大要石」を入手してほしい。
 ・・・・・・だが、注意してくれたまえよ。
 大要石は、手強い「守護者」に護らせるのが定石なのでな。」
ブロンズレイク東の遺跡のアルカ・ゾルカと話す
アルカ・ゾルカ
「待っていたぞ、Nikuq君!
 「封印の大要石」は、ここだ!
 持ち去ろうとすれば、大要石を護る「守護者」が現れるはず・・・・・・
 だけど、僕と君のふたりならやれるよな?
 よし、準備が出来たら、「封印の大要石」を調べるんだ!」
封印の大要石を入手
アルカ・ゾルカ
「大要石を護る「守護者」には、くれぐれも注意してくれよ・・・・・・。
 や、やっぱり出たな!
 Nikuq君、僕らでアイツを倒すんだ!」
大要石の守護者を倒せ!
海兵のアルカ・ゾルカ
「よし、僕が海兵の技で敵を引き付ける!
 君とフェアリーには、支援を頼むよ!」
「ソウルストーンを壊せば、
 ゴーレムの動きを一時的に止められるはずだ!」
「よし、今がチャンスだぞ!
 動きが止まっているうちに集中攻撃だっ!」
「いい調子だぞ、流石はNikuq君だ!」
「うおおおっ、このまま押し切るぞ!」
(海兵のアルカ・ゾルカ
「くらえぃ!」
「ウォォォォ!」)
(失敗時)
海兵のアルカ・ゾルカ
「ゆ、油断した・・・・・・。
 後は・・・・・・頼むよ・・・・・・。」
アルカ・ゾルカ
「やったな、Nikuq君!
 僕ら、新生「海兵団」の勝利だぞ!
 これで無事に「封印の大要石」も手に入ったことだし、
 スリト・カリトさんのところに戻るとしようか!」
スリト・カリトに封印の大要石を渡す
スリト・カリト
「どうだね、Nikuq君。
 「封印の大要石」は、見つかったか?」
(封印の大要石を渡す)
スリト・カリト
「おぉ、これだ・・・・・・これだ・・・・・・!
 この「封印の大要石」さえあれば、
 封印魔法を張り直すことができるぞ!」
アルカ・ゾルカ
「や、やりましたね!」
スリト・カリト
「ありがとう、ふたりとも!
 私は、ワンダラーパレスの一角を再封印し、
 重症患者たちを眠りにつかせるつもりだ・・・・・・。
 そして、その間に何としても・・・・・・
 何としても、「トンベリ病」の治療法を見つけてみせる!」
アルカ・ゾルカ
「乗りかかった船です、僕らも手伝いますよ!
 な、Nikuq君!」
スリト・カリト
「ありがとう、アルカ・ゾルカ君・・・・・・。
 そして、Nikuq君・・・・・・
 少し見ぬ間に、君はさらに学者としての腕を上げたようだ。
 今の君なら、ニーム軍学の修士しか扱えぬ、
 上級軍学魔法「不撓不屈の策」をも使いこなせるはず・・・・・・。
 次代の学者よ、我らの知識を受け継いでくれ!」
  封印の大要石:ワンダラーパレスを封じていた封印魔法の大要石