釣り道楽、対決に興ず


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

釣り道楽、対決に興ず

  • 依頼主 :アンソールム(イシュガルド:下層 X13-Y11)
  • 受注条件:漁師レベル53~
  • 概要  :忘れられた騎士亭のアンソールムは、冒険者に情報を教えたいようだ。

アンソールム
「おっ、いいところに来たじゃねえか!
 お前さんも満足できそうな、獲物の情報が入ってきたぜ!
 「アイスピックスメルト」って魚でよ。
 引きもなかなか、釣りごたえも極上な上に・・・・・・
 カラッカラに揚げて食うと、いい酒のツマミになるんだ。
 釣り場は、クルザス西部高地にある。
 「ファルコンネスト」北側の出口で落ち合おうぜ!」
ファルコンネストでアンソールムと合流
レイナ
「あんたの全身から、魚の匂いが漂ってくるよ。
 ふふふ、釣りに命かけちゃってる道楽者みたいだね・・・・・・!」
アンソールム
「Nikuq、来てくれたか。
 ・・・・・・実は、お前さんを待っている間に、
 ちょいと状況が変わってよ。
 ここにいる「レイナ」って姉ちゃんは、
 オレと同じように、各地で釣りをしながら旅しているらしい。
 さっき出会ったばかりなんだが、かなり話が弾んでな。
 話の流れで、「アイスピックスメルトHQ」の、
 釣り対決をすることになったんだが・・・・・・
 なんと、この姉ちゃん・・・・・・
 オレが1匹釣り上げるうちに、2匹も釣り上げやがったんだ!」
レイナ
「アハハ、経験者がチャンチャラおかしいねえ!
 あの釣り場は初めてだったんだけど、ちょろいもんだったよ。」
アンソールム
「ぬううう、ムカつくだろ!?
 そこで、お前さんにオレの仇をとってほしいんだ!
 ワワラゴ親分を唸らせた超凄腕の天才漁師が、
 仇討ちしてくれるってことになってるから、よろしく頼むぜ!」
(なんと返答する?)
(超凄腕の天才漁師・・・・・・?)
アンソールム
「お前さんのことに決まってるだろう!
 これでふたりとも負けたら、恥の上塗りだ・・・・・・!
 なんとしてでも勝ってみせてくれ!」
(任せておけ!)
アンソールム
「おう、頼もしい答えじゃねえか!
 これでふたりとも負けたら、恥の上塗りだ・・・・・・!
 なんとしてでも勝ってみせてくれ!」
アンソールム
「「アイスピックスメルトHQ」が釣れるのは、
 北にある橋を越えた先、ゴルガニュ牧草地の水辺だ。
 レイナの記録が2匹だから、お前さんは3匹釣ってきてくれ!」
クルザス不凍池でアイスピックスメルトHQを釣る
アンソールム
「「アイスピックスメルトHQ」が釣れるのは、
 北にある橋を越えた先、ゴルガニュ牧草地の水辺だ。
 姉ちゃんの記録が2匹だから、お前さんは3匹釣ってきてくれ!」
(アイスピックスメルトHQを渡す)
アンソールム
「おお、見事なアイスピックスメルトHQ!
 どうだ、姉ちゃん!
 Nikuqは3匹だぜ、勝負ありだな!」
レイナ
「嘘~! あたしが負けるなんてっ!?
 いやー、あんた、本当に釣りがうまいんだねえ。
 釣りに情熱そそぐ道楽者に、ふたりも出会えるなんて・・・・・・!
 旅先でいろんな仕事を引き受けながら、釣り三昧の日々。
 そんな連中が、あたし以外にもいるとはね!」
アンソールム
「・・・・・・なあ、姉ちゃんよ。
 良ければ、オレやNikuqが知らない、
 とっておきの釣り場でもありゃあ、教えちゃくれないかい?」
レイナ
「ああ、構わないよ、勝者にはご褒美も必要だしね!
 そう・・・・・・噂というか、伝承の類になっちまうけど、
 ひとつ、面白い話を聞かせてあげようじゃないか。
 ・・・・・・昔、とあるチョコボ猟師が、
 傷つき地に伏していた雲海魚を見つけたそうだ。
 空のマンタと呼ばれる「スピリット」って雲海魚をね。
 猟師は傷を手当てして、その礼に雲の彼方へと案内された・・・・・・。
 雲の上に案内された猟師は、そこで釣り糸を垂らし、
 誰も見たことのないような魚を、山ほど釣り上げたらしいよ。
 チョコボ猟師の間で、暇つぶしに語られるお伽話・・・・・・。
 でも、あたしは、この夢物語が真実じゃないかと思ってるんだ。
 ・・・・・・さて、敗者はこのあたりで退散するかね。
 今の話、興味があったら、あんたも雲海で試してみるといいよ!」
アンソールム
「ふむ、心当たりがあるな。
 そのチョコボ猟師が釣った魚は、「幻の雲海魚」かもしれねえ・・・・・・。
 かつて貴族たちが乱獲した結果、姿を消したと言われている魚だ。
 ほれ、こいつを持って行きな!
 当時の釣り師たちは、
 この「レッドバルーン」を餌にしてたらしい。
 そういう類の釣り餌が欲しかったら、
 お前さんの、馴染みの園芸師や採掘師に頼んでみなよ。
 同じもんを探してきてくれるはずだ!
 ともあれ、今回はお前さんのおかげで助かったぜ・・・・・・。
 また、例の酒場で会おうや!」