釣り道楽、故郷に帰る

釣り道楽、故郷に帰る

  • 依頼主 :シシプ(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X7-Y14)
  • 受注条件:漁師レベル50~
  • 概要  :漁師ギルドのシシプは冒険者に頼み事があるようだ。

シシプ
「あら、いいところに来てくれたわね!
 ちょっと用事を頼まれてもらえないかしら・・・・・・?
 実は、さっきワワラゴ親分を訪ねてきたお客さんが、
 「使い込まれた釣り竿」を忘れていっちゃってね・・・・・・。
 これを、そのお客さんに届けてほしいの。
 もちろん、ただのおつかいじゃないわよ?
 その人、世界中を釣り歩いてる旅の釣り人なんですって。
 親分とも、すごい秘境にある釣り場の話で盛り上がってたわ。
 ギルドいちの漁師であるNikuqなら、
 話も合うでしょうし、有益な情報も聞けるんじゃないかしら。
 もしかしたら、私たちの知らない、
 遠方の釣り場を教えてもらえるかも・・・・・・。
 そうしたら、あなたの腕を十二分に振るってくるといいわよ!
 お客さんは「アンソールム」さんっていうエレゼン族の方よ。
 今なら、まだ「溺れた海豚亭」にいると思うわ!」
溺れた海豚亭のアンソールムに使い込まれた釣り竿を渡す
アンソールム
「さて、この街の眺めも見納めかね。
 ・・・・・・・・・・・・ん、お前さん、オレに何か用かい?」
(使い込まれた釣り竿を渡す)
アンソールム
「おっと、こいつは愛用の釣り竿じゃねえか!
 久しぶりにワワラゴ親分と会えて、はしゃぎすぎたかね。
 オレとしたことが、相棒を忘れちまうとは!
 いやあ、わざわざすまねぇなあ。
 ところで、お前さんも漁師ギルドの者かい?
 さっき、顔を見せたときにはいなかったようだが。
 ほほう、なるほど!
 釣りを愛する者が、会いにきてくれるとは嬉しいねえ。
 今まで、どんな釣りをしてきたんだい?
 ・・・・・・なんと、漁師ギルドの危機を救った英雄はお前さんか!
 ってぇことは、ワワラゴ親分にも劣らぬ腕の持ち主なんだな。
 こいつは、面白い姉ちゃんと知り合えたもんだぜ。
 実は、オレの故国はイシュガルドなんだ。
 しばらく里帰りしてる予定だから、ぜひ訪ねてきてくれ!
 「忘れられた騎士亭」って酒場が、オレの行きつけだからよ。
 珍しい釣り場も紹介してやれると思うから、
 イシュガルドに来る機会があれば、よろしくな!」
シシプ
「「アンソールム」さんの忘れ物は届けられた?
 ギルドいちの漁師であるNikuqなら、
 話も合うでしょうし、有益な情報も聞けるんじゃないかしら。」
イシュガルドのアンソールムと話す
(クエスト進行前)
アンソールム
「せっかく、こうしてイシュガルドに戻ってきたんだ。
 さーて、今日はどこへ釣りに出向こうかねえ・・・・・・。」
アンソールム
「おっ、よく来たな!
 へへへっ、お前さんの経験したことのない珍しい釣り場を、
 いろいろと教えてやろうじゃねえか。
 ここんとこ、クルザスの気候も落ち着いてきてるらしい。
 頃合いの時節が到来したら、また教えるから、
 たまに、ここに顔を出してくれよ!」
アンソールム
「へへっ、釣りを嗜む道楽仲間のご来訪だ!
 どうだい、元気に釣り竿振ってるかい?
 活きがいい獲物の話を聞いたら、教えちゃるからな!」
(リムサ・ロミンサ)
シシプ
「あなたの行動力を見習って、
 最近、私もいろんなお魚さんの勉強中なの。
 このギルドを盛りたてるため、私もがんばらなくちゃ!」
(何を聞く?)
(近況について)
シシプ
「この近海じゃ、今やあなたの名前を知らない漁師はいないわ。
 いつか、このエオルゼア全域の魚を釣り上げるだろうって、
 みんな噂してるの!
 今度は、あなたがどんな釣果を達成するか、
 こっそり、親分も気にしてるみたい!
 面白い釣りを体験したら、ぜひお話を聞かせてね!」
  使い込まれた釣り竿:お客さんが忘れていった使い込まれた釣り竿