キキルン族の思い出の味

キキルン族の思い出の味

  • 依頼主 :シシプ(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X7-Y14)
  • 受注条件:漁師レベル15~
  • 概要  :漁師ギルドのシシプは、冒険者に頼みごとがあるようだ。

シシプ
「ねぇNikuq、お願いがあるの。
 漁師ギルドに来たお客さんの相手をしてくれない?
 キキルン族の船乗りさんみたいなんだけど、
 自分のために、お魚さんを釣ってほしいようなの。
 小口の仕事ってことみたい。
 でも、今はちょうどギルドにいる
 仕事を受けられそうな漁師が出払っててね。
 Nikuq、あなたに引き受けてほしいの。
 今、漁師ギルドの入口でお魚を眺めてる
 「チュチュルン」さんよ・・・・・・
 話を聞いてみてくれる?」
チュチュルンと話す
チュチュルン
「チュチュルン、船乗りっちゃ。アナタ、漁師っちゃ?
 チュチュルン、ギラギラお魚、さがしてるっちゃ。
 お船ぷかぷか、チュチュルン、見たっちゃ。
 お魚、ぎんいろ、ギラギラっちゃ。
 お魚、ぴょんぴょん、飛んでたっちゃ。
 ギラギラお魚、どんな味っちゃ?
 チュチュルン、ギラギラお魚、食べたいっちゃ!
 アナタ、ギラギラお魚、5匹 釣る釣るっちゃ?
 釣り方、シシプに、聞く聞くっちゃ!」
シシプと話す
シシプ
「あらあら、チュチュルンさんは、
 欲しいお魚の名前がわからないのね?
 だったら、親分に相談してみるといいわ。
 ワワラゴ親分は、普段はちゃらんぽらんだけど、
 エオルゼアの七つの海を渡り歩いてるからね。
 歩く釣り手帳なのよ。」
ワワラゴと話す
ワワラゴ
「あ? わしにお魚さんについて聞きたいぢやと?
 ・・・・・・なんぢや、あんまり驚かせんでくれ。
 てっきり、シシプちゃんからの刺客かと。
 シシプちゃんのソルトコッドパフを、
 小腹が空いたもんで、つい食べてしまったのぢや。
 いつバレるかビクビク・・・・・・って、それはどうでもよい。
 ともかく、そのギラギラお魚の情報ぢやな?
 おそらく「リムレーンズダガー」ぢやろう。
 「ぴょんぴょん」しよるお魚さんは、少ないでの。
 「ぎんいろ、ギラギラ」という色合いも、
 まさしく「リムレーンズダガー」の特徴ぢや。
 リムサ・ロミンサでは、食用にしないんぢやが、
 南洋諸島のほうぢや、ダシをとったり、
 卵を食べたりするんぢやと。
 その「リムレーンズダガー」は穴場の釣り場である、
 西ラノシアの「ブルワーズ灯台」におるのぢやが・・・・・・
 スゴ腕の証、「ガルアイ」を持つチミなら釣れるハズぢや!
 それと、「リムレーンズダガー」は好奇心旺盛な魚でな。
 ウネウネした「ラットの尾」なんかに興味を示すんぢや。
 さ、がんばって5匹くらい釣って、あいつに届けちゃれ。」
チュチュルンにリムレーンズダガーを納品
チュチュルン
「ギラギラお魚・・・・・・「リムレーンズダガー」っちゃ?
 5匹、食べるの、わくわくっちゃ!」
(リムレーンズダガーを渡す)
チュチュルン
「ギラギラ、ギンギン、きれいっちゃ!
 チュチュルン、見たの、これこれっちゃ!」
シシプ
「やっぱり、チュチュルンさんが見たのは、
 「リムレーンズダガー」だったのね。
 それにしても、このヒレ、ほんとに翼みたい。」
チュチュルン
「チュチュルン、じゅるじゅる腹減りっちゃ。
 ギンギン、キラキラ、食べたいっちゃ。」
シシプ
「あらあら、さすがはキキルン族ね。
 噂通りの食いしん坊さんなんだから。」
チュチュルン
「チュチュルン、ギラギラ、丸呑みっちゃ!
 ありがと、ありがと、ワカダイショー!
 チュチュルン、とっても、嬉しいっちゃ!」
シシプ
「あなたがワカダイショーですって、うふふ。
 こんなに喜んでもらえるなんて、すごいわ!
 今回のお仕事は大成功ね!
 Nikuqは、
 あとで、私のところによってね。
 私からも、ちゃんとお礼がいいたいの。」
シシプに報告
シシプ
「今回は、助かっちゃった。
 漁師って、船に乗って遠洋まで出ることも多いじゃない?
 意外とギルドに動ける人がいなかったりするのよ。
 あなたみたいな自由に動ける冒険者が、
 漁師ギルドの一員として仕事を受けてくれると、
 すっごく助かるのよね。
 それに、釣り上げたお魚も、ほんとうに見事だったわ!
 あなたの腕前は、もう「新入り」じゃないわね。
 「ワカダイショー」ってよばなくちゃ、うふふ。
 そういうわけだから、これからもよろしくね?
 どんどん仕事を回しちゃうから!」
チュチュルン
「カラカラのお魚、どんな味っちゃ?
 一口だけでも、食べてみたいっちゃ~!」