仰がれる竜騎士

仰がれる竜騎士

  • 依頼主 :ウスティエヌ(クルザス西部高地 X26-Y20)
  • 受注条件:竜騎士レベル52~
  • 概要  :ブラックアイアン・ブリッジ西方のウスティエヌは、冒険者が見出した技について聞きたいようだ。

ウスティエヌ
「Nikuq、先の戦いで君が見出した技というのは、
 ともに戦う者を鼓舞し、その力を引き出す技だというのだな。
 そのような戦い方など、私は思いも寄らなかった・・・・・・。
 竜騎士とは、竜を狩る者・・・・・・ゆえに誰よりも鋭くあれ。
 そう教えられ信じてきた身では、とても思いつかない戦法だ。
 君の強さの秘訣は、やはり柔軟な思考ということか・・・・・・。
 先代「蒼の竜騎士」であるアルベリク卿から、
 槍に誓った正義を見失えば、ドラゴン族に魅入られると、
 教えを受けたことがある。
 それを防ぐには、己の心身を鍛えるしかないと思っていたが、
 君は、仲間の力を引き出して戦うという・・・・・・。
 またひとつ、差を見せつけられた気分だよ。
 さて、そろそろ私は神殿騎士団本部に帰還しなければ・・・・・・。
 よければ、君も立ち寄ってくれないか?
 「竜騎士団」の根拠地を、君にも見てもらいたいのだ。」
神殿騎士団本部付近のウスティエヌと話す
ウスティエヌ
「ようこそ、我らが「竜騎士団」の根拠地へ。
 さっそく、施設を見てもらいたいところなのだが・・・・・・
 実は、折よく我が父が訪れていてな、紹介させてもらいたい。
 父上、この方が、私を指導してくださっている、
 冒険者にして「蒼の竜騎士」のNikuqです。」
モントルガン
「モントルガンと申します・・・・・・娘がお世話になっています。
 詰所の訪問は、娘から禁じられてはいるのですが、
 鍛練に熱中しすぎる娘なもので、つい足が向いてしまって。」
ウスティエヌ
「父上に心配をかけるなど、我ながらふがいない・・・・・・。
 かつて誇り高き竜騎士であった父上を安心させられるよう、
 その偉業に匹敵する武功を挙げるべく、精進致します。」
モントルガン
「やれやれ・・・・・・親の心子知らずとは、正にこのこと。
 無茶を重ねて、身体を壊しては元も子もないのだぞ?
 ・・・・・・おや、師の前で小言が過ぎました。では、私はこれで。」
ウスティエヌ
「・・・・・・私は、孤児でな。
 生き抜くために、槍の腕をひたすら磨きあげた。
 そんな私を父が見出し、拾ってくれたのだ。
 野垂れ死んでいたかもしれない、この命が、
 生かされたのには、意味があると思えてならない・・・・・・。
 だから私は命のかぎり、竜を狩り皇都を護ると、槍に誓った。
 この誓いを果たすには、私はより強くならねばならん・・・・・・!
 今後も、厳しい指導をよろしく頼む。
 ・・・・・・そうそう、伝え忘れるところだった。
 実はアルベリク卿から連絡があってな、君に話があるそうだ。
 施設を見た後にでも、立ち寄ってみてほしい。」
アドネール占星台のアルベリクと話す
アルベリク
「わざわざすまない、Nikuq。
 ウスティエヌの様子が、どうしても気になってな・・・・・・。
 彼女との鍛錬は、どうだったかな?
 ・・・・・・ふむ、相変わらずのようだな。
 ウスティエヌの義父は槍の名手で、腕利きの竜騎士だったのだが、
 あるドラゴン族との戦いで負傷し、引退したのだ。
 ウスティエヌは、その義父を継がんと竜騎士を志してな。
 同期のエスティニアンとは、同じく孤児出身ということもあり、
 好敵手として技を競い合っていたものだ。
 だが、「蒼の竜騎士」の座に就いたのは、彼女ではなかった。
 以来、彼女はより過酷な鍛練にのめりこむようになったのだ。
 己を罰するかのようにな・・・・・・。
 鍛錬に励むこと自体は、悪くない・・・・・・。
 だが、強さを求めるあまり、冷静さを欠けば、
 ドラゴン族に魅入られる心の隙となりかねないだろう。
 君自身の立ち居振る舞いで、
 竜騎士の有るべき姿を示し、彼女を導いてほしい。
 そのためにも鍛練を積み、また私を訪れてくれ。」