ココロツヨキオンナ

ココロツヨキオンナ

  • 依頼主 :ウィルトウェーク(モードゥナ X23-Y8)
  • 受注条件:錬金術師レベル55~
  • 概要  :レヴナンツトールのウィルトウェークは、冒険者に最新の捜査状況を伝えたいようだ。

ウィルトウェーク
「いいところに来たな・・・・・・君に報告がふたつある!
 まずは、先に捕縛した「近東風の若者」についての続報だ。
 いまだに自失状態が続いていて、取り調べができる状況にない。
 可能性として考えられるのは、犯罪集団の下っ端・・・・・・
 または、最近相次いでいる失踪事件の被害者で、
 口封じに記憶を失わせる薬でも飲まされた・・・・・・というところだ。
 ただ、届出があったなかに、該当しそうな失踪者はいなかった。
 つまりは身許不明のまま、というわけだ。
 そして、もうひとつ・・・・・・これは、たったいま入った情報だ!
 先に聖コイナク財団から盗まれた品のひとつが、
 「ロウェナ」さんの店に持ち込まれたらしい!
 事情を聞きにチャネネが向かったから、君も立ち会ってくれ!
 しかし・・・・・・地元の商会に盗品を持ち込むとは、
 すぐに足がつくということを考えなかったのか。
 どうも、これまでに比べて、手口が稚拙すぎるようだが・・・・・・。」
ロウェナ記念会館でチャネネと合流
ロウェナ
「買い取った品に、盗品が混じっていてね。
 厄介なことになっているのよ。」
チャネネ
「ウィルトウェークから話を聞いてきたんだね?
 店に持ち込まれた盗品は、古代アラグ文明の遺物らしいの。
 できれば、証拠品として調べたいけど・・・・・・。」
ロウェナ
「もちろん、捜査に協力するわ。
 知らなかったとはいえ、盗品を買い取ってしまった責任もあるし。
 ただ・・・・・・金を支払ってしまったからには、多少は稼ぎたいわね。
 証拠品は手数料がわりに、ある品と交換ということでどうかしら?
 最近出まわってる「知力の錬金溶剤G1HQ」に興味があるの。
 あんた、錬金術の腕前は相当らしいじゃない。
 ・・・・・・どう、3つばかし作ってもらえない?」
チャネネ
「ごめんね・・・・・・。
 冒険者ギルドとしては、いつもお世話になってる、
 ロウェナさんの頼みを無碍にはできないんだよ。」
知力の錬金溶剤G1HQを製作
ロウェナ
「どう、「知力の錬金溶剤G1HQ」はできた?
 あたしに3つほど用立ててちょうだいな。」
(知力の錬金溶剤G1HQを渡す)
ロウェナ
「取引成立ね・・・・・・持ち込まれた盗品の「アラグの錫杖」を渡すわ。
 二束三文で買い叩いた品だし、どうぞ持っていって。
 そうね、お釣りがわりに、売りにきた奴のことを教えてあげる。」
チャネネ
「ロウェナさんご自身が接客されたんですね。
 詳しい話を聞かせてもらえますか?」
「・・・・・・ロウェナさんの話で、盗品を持ち込んだ犯人がわかったよ!
 そいつ、ここらじゃ有名なコソ泥だ!
 ただ、とても錬金術なんか使いそうもない小物だけど・・・・・・。」
ロウェナ
「犯人は、錬金術を使う連中ってことだったわね?
 ひょっとして、そいつが別の泥棒から盗んだのかもしれないわよ。
 ・・・・・・あら、お客さんだわ。」
????
「失礼・・・・・・ロウェナ商会とやらは此処か?
 「アラグの錫杖」が入荷したとの噂を耳にし、
 買い求めに参った・・・・・・。」
ロウェナ
「悪いわね、たったいま売れたところよ。」
????
「そうか・・・・・・では、ほかの品を試すか。
 ・・・・・・邪魔をした。」
チャネネ
「あいつ、このあいだ犯行現場にいた怪しい老人だよ!
 私は跡を追うから、すぐにウィルトウェークに知らせて!」
ロウェナ
「ウィルトウェークとかいう人に、
 急いで知らせたほうがいいんじゃない?」
ウィルトウェークに報告
ウィルトウェーク
「・・・・・・なんだって!?
 例の老人が、証拠品の「アラグの錫杖」を買い取りにきた?
 チャネネがひとりで追ってるんだな!?
 ・・・・・・チャネネだな、大丈夫か!?
 なに・・・・・・老人を見失った?
 いや、無事ならいい! 深追いせずに戻るんだ!
 ・・・・・・チャネネは、視界を覆われて老人を見失ったようだ。
 おそらく、闇を招くとかいう錬金薬を使われたのだろう。
 その老人、いよいよ怪しいぞ?
 しかし、闇雲に老人を探すのは効率が悪いか・・・・・・。
 まずは、証拠品である錫杖の用途と、
 それが店に持ち込まれた経緯を探ろう。
 「アラグの錫杖」は、君の手許にあるな?
 そいつを、錬金術師ギルドの「セヴェリアン」に見せてくれ。
 錬金術師が欲しがる品かどうかを調べるんだ。」
錬金術師ギルトのセヴェリアンにアラグの錫杖を見せる
セヴェリアン
「おお、達者にしていたか、我が助手よ。
 なに、ウィルトウェークに「アラグの錫杖」の鑑定を頼まれた?
 気乗りがしない話だが・・・・・・どれ、見せてみろ。」
(アラグの錫杖を渡す)
セヴェリアン
「・・・・・・ふん、古いだけがとりえの骨董品と言いたいところだが・・・・・・
 この錫杖は、ある種の錬金術師にとって、計り知れぬ価値を持つ。
 魔力の結節点として、特殊な結晶が用いられているのだ。
 古の錬金術師らは、この結晶を、
 「人造生命体」の心核として用いたと伝えられている・・・・・・。
 法を侵し、人を殺めてでも、これを欲する錬金術師はいるだろう。
 ふふ・・・・・・ウィルトウェークには、こう伝えるがいい。
 敵は手段を選ばず、秘法を究めんとする錬金術師に違いないと!
 生命の神秘を解せんとするは、錬金術師のサガ・・・・・・。
 だが不用意に馬脚を現し、俗人を敵にまわすは二流の輩。
 ふふふ・・・・・・私なら誰にも悟られぬよう、もっと巧くやるものを。」
レヴナンツトールのウィルトウェークにアラグの錫杖を渡す
チャネネ
「おかえり!
 君が留守してるあいだに、捜査にもだいぶ進展があったよ!」
ウィルトウェーク
「帰ってきたか!
 ・・・・・・その顔、何かつかんできたようだな。」
(アラグの錫杖を渡す)
ウィルトウェーク
「・・・・・・これが証拠品か、たしかに受け取ったぞ。
 すぐにでもセヴェリアンの意見を聞きたいところだが、
 まずは、チャネネの報告を聞いてほしい。」
チャネネ
「君が留守してるあいだに、捜査にもだいぶ進展があったよ!
 ロウェナ商会に、その錫杖を売ったコソ泥をつかまえたの!
 供述によると、偶然潜り込んだ、湖畔の洞窟から盗んだ品だって。
 コソ泥は、盗掘者の隠れ家だと思ってたみたいだけど、
 実はそこが、問題の犯罪集団のアジトだったってわけ!
 私たちも、すぐに踏み込んだんだけど・・・・・・。」
ウィルトウェーク
「・・・・・・すでに犯人の姿はなく、引き払われたあとだった。
 かわりに見つかったのは、おびただしい量の血痕・・・・・・!
 おそらくは失踪した人々を使って行った、人体実験の痕跡だ・・・・・・。
 現時点で、これだけは言える。
 連中は、金銭めあての窃盗団などでは断じてない!
 ・・・・・・この点について、セヴェリアンは何か言っていたか?
 ・・・・・・なるほど、この錫杖は、ある種の錬金術師が欲する品。
 「人造生命体」の心核を形成しうる、古代文明の遺物か・・・・・・。
 これで、犯人像が絞り込めたな!
 犯人は、秘法探究のために殺しも厭わぬ、外法な錬金術師!
 このあたりは古代の遺跡も近く、よそ者も潜り込みやすい・・・・・・
 おぞましい実験には、うってつけの場所だったわけだ!」
チャネネ
「危険な犯人はまだ、この近くに潜伏してる・・・・・・。
 これまで以上に慎重に、捜査を進める必要がありそうだね。」
  アラグの錫杖:聖コイナク財団が発掘した古代アラグ文明の錫杖