宝剣と名匠


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宝剣と名匠

  • 依頼主 :フレモンダン(イシュガルド:上層 X7-Y10)
  • 受注条件:鍛冶師レベル58~
  • 概要  :宝杖通りのフレモンダンは、ロリスのために製作してほしいものがあるようだ。

フレモンダン
「いよいよ、ロリス様の神殿騎士団入りがかかった、
 上覧試合の本戦が近づいてまいりました!
 そこで鍛冶師どのに、ひとつ大仕事をお願いしたく・・・・・・。
 実は、ジェルヴァン家には、
 歴代のお館様が愛用した「宝剣」がございます。
 これを、ロリス様が本戦で振るえるようにしていただきたいのです。
 ただ、この剣は幾多の実戦を経て、激しく傷んでおります・・・・・・。
 以前、鍛冶師ギルドのブリサエルどのに相談したところ、
 実物を見れば、修復の手だてが見つかるやもしれぬとのこと。
 鍛冶師どの、リムサ・ロミンサの「ブリサエル」どのに、
 この「ジェルヴァン家の宝剣」を届けていただけませぬか?」
リムサ・ロミンサのブリサエルにジェルヴァン家の宝剣を見せる
ブリサエル
「やぁ、おかえりなさい。
 イシュガルドのフレモンダン様から、書状をもらっています。
 「ジェルヴァン家の宝剣」を修復したいとのことでしたね?」
(ジェルヴァン家の宝剣を渡す)
ブリサエル
「・・・・・・むむ、これは・・・・・・・・・。
 もとは素晴らしい「宝剣」だったのでしょうが、
 さすがに傷みが激しすぎて、修復は無理です・・・・・・。
 なるほど、お家再興を掲げるお嬢様のために・・・・・・。
 すみません・・・・・・僕が紹介した話でしたが、
 そういった事情では、タダ働き同然だったようですね。
 だけど、鍛冶師としては、大いにやりがいのある仕事ですよ!
 英雄の陰に名工があるように、名工の陰にもまた、英雄がある。
 鍛冶師の名声は、その武器をふるう英雄の武勲があってこそ。
 聞けば、そのお嬢様は、素晴らしい資質をお持ちじゃないですか!
 どこまでもまっすぐな心根と、民を想う優しさ・・・・・・
 そのうえ、人の上に立つ者としての覚悟がある!
 高貴な英雄の卵を、原石の状態から鍛えあげ、
 ともに高めあい成長する・・・・・・
 鍛冶師としてまたとない機会です、絶対に手放しちゃだめですよ!
 ・・・・・・さて、この「宝剣」をどう修復するかについてですが。
 キミは聞いたことがありませんか?
 北部森林のハーストミルにいる伝説の武具職人「ゲロルト」の噂を。
 この「ジェルヴァン家の宝剣」の修復法を知る者は、
 エオルゼア広しといえども、その方ぐらいでしょうね・・・・・・。」
ハーストミルのゲロルトにジェルヴァン家の宝剣を見せる
ゲロルト
「あぁン!?
 そのツラ・・・・・・さては厄介事を持ち込んできやがったな!?
 何しにきやがった!」
(ジェルヴァン家の宝剣を渡す)
ゲロルト
「なんだ・・・・・・この小汚ねぇ剣は・・・・・・。
 こっちはヤカン作りで、手一杯なンだよ!
 しょっぱい仕事の話なら、ドレイクの小僧に回しやがれ!!」
ドレイク
「・・・・・・すみません、冒険者さん!
 私が用件を伺います。
 ・・・・・・なるほど、その「宝剣」の修復法を知りたいと?
 修理にかけては、それなりの経験を積んできた私ですが、
 ここまで傷みが激しいと、難しいですね・・・・・・。
 やはり、お師匠様の知恵が必要です。
 ・・・・・・私がなんとか執りなしますから、かわりにひとつ、
 仕事を依頼できないでしょうか?
 お師匠様の機嫌が悪いのは、借金のカタとして、
 愛用の「チタンランプハンマーHQ」が奪われたからでして。
 かわりの品を用意していただければ、機嫌も直ると思うんです。」
チタンランプハンマーHQを製作
ドレイクにチタンランプハンマーHQを納品
ドレイク
「ああ、冒険者さん。
 「チタンランプハンマーHQ」ですが、
 かわりの品は用意できましたでしょうか?」
(チタンランプハンマーHQを渡す)
ドレイク
「・・・・・・おお、良い品をありがとうございます!
 鉄器の細かい仕上げをしやすいよう、使い勝手を考え抜いた、
 繊細かつ丁寧な仕事・・・・・・これで、極上のヤカンが作れそうです!
 お師匠様には、すでに話をしてあります。
 どうか、「ジェルヴァン家の宝剣」をお見せください。」
ゲロルトにジェルヴァン家の宝剣を見せる
ゲロルト
「あぁン、こっちは今、忙しいンだよ!!
 ・・・・・・とっとと「ジェルヴァン家の宝剣」とやらを見せな!」
(ジェルヴァン家の宝剣を渡す)
ゲロルト
「ずいぶんと、年季の入った「宝剣」だな、オイ!
 刀身は、古式の精錬法で純度を増したアダマンか・・・・・・。
 こいつを実戦で使えるように打ち直せたぁ、無茶言いやがる!
 悪いが、ハッキリ言わせてもらうとだな。
 「こいつ」自体の修繕は・・・・・・不可能だ!
 ・・・・・・だが、あきらめるのはまだ早い。
 この剣の柄にゃ、どうやら「聖遺物」が入ってるようだ。
 「宝剣」と呼ばれているのは、そのためだろう。
 こいつを修繕することはできないが、
 同じ素材、同じ様式の剣を、テメェで打って、
 柄の中身を移し替えりゃ・・・・・・
 つまり、そっくりそのまま、
 新しい「宝剣」を創り出すことならできるはずだぜ。」
イシュガルドのフレモンダンにジェルヴァン家の宝剣を渡す
フレモンダン
「おお、鍛冶師どの、ご足労をおかけしました・・・・・・。
 「宝剣」の修復法は判明しましたでしょうか?」
(ジェルヴァン家の宝剣を渡す)
フレモンダン
「・・・・・・ふむ、柄の中身を移植すると。
 この「宝剣」の柄に収められている聖遺物は、
 戦神ハルオーネの聖人「聖フィネア」の遺骨・・・・・・。
 つまり、新しい剣を作り、その柄に聖遺物を移すことで、
 新たな宝剣としての「魂」を込めるわけですな!
 なるほど、それならば、歴代のお館様も納得されましょう!
 ・・・・・・上覧試合の本戦開始も近づいてまいりました。
 決勝の時が迫り、いよいよ佳境となりましたら、
 鍛冶師どのに、正式な依頼をさせていただきますぞ!」
  ジェルヴァン家の宝剣:古びて傷んだジェルヴァン家の宝剣