新規顧客開拓

新規顧客開拓

  • 依頼主 :エルド(イシュガルド:上層 X6-Y9)
  • 受注条件:革細工師レベル58~
  • 概要  :宝杖通りのエルドは、商売を拡大しようとしているようだ。

エルド
「Nikuqさん、お世話になります!
 おかげさまで、売れ行きも上々・・・・・・
 「着飾る」ことへの関心が、皇都に広がっているようです。
 ・・・・・・ところで、そろそろ顔役のエレイズさんに、
 商人ギルドへの上納金を納める時期なのですが・・・・・・。
 すみません、あなたにお願いしてもいいですか?
 わがままを言って申し訳ないんですが、
 商会の代表として、ひとりでも多くのお客様と接したくて、
 今はなるべく、お店を離れたくないんですよ。
 それから、エレイズさんに上納金を渡すときに、
 紹介状を書いてもらえないか相談してほしいんです。
 上流貴族のお客様に対する紹介状を・・・・・・。
 もちろん、平民向けの商売は続けますよ。
 でも、あなたという相談役がいてくれる今なら、
 貴族向けの高級品も、開発できると思うんです。
 「着飾る」ための商品が評判を呼んだ今こそ、
 ウチが、貴族向けの高級品も作れるって証明したいんです!
 そうなれば商会の格式も高まり、お客様にも話題になるはず!
 では、この「上納金の革袋」を、
 「エレイズ」さんに渡してください。
 紹介状の相談のほうも、よろしくお願いします!」
エルド
「その「上納金の革袋」を、
 「エレイズ」さんに渡してください。
 紹介状の相談のほうも、よろしくお願いします!」
エレイズに上納金の革袋を渡す
エレイズ
「いらっしゃいませ。
 ・・・・・・あら、エルドの店から上納金を?」
(上納金の革袋を渡す)
エレイズ
「・・・・・・はい、確かに受け取りました。
 あなたもすっかり、この宝杖通りに馴染みましたわね。
 正直言うと、最初は、エルドとあなたには半信半疑でしたの。
 でも、あなたたちのおかげで新たな市場が開け、
 ほかの商会にも、良い影響をあたえているようです。
 感謝せねばなりませんわね。
 貴族のお客様を紹介してほしいですって?
 困りましたね、皮革製品を好む方の知識がなくて・・・・・・。
 そうね、ここは・・・・・・顔役である私からの紹介ということで、
 老舗の「ゲルハルト」さんに、相談してみたらいかがかしら?」
エルド
「なるほど、「ゲルハルト」さんに紹介状を・・・・・・。
 少し心配ですけど、私が行くよりは、
 このまま、あなたにお任せしたほうがよさそうです。」
ゲルハルトと話す
ゲルハルト
「また、あんたか・・・・・・。
 あの小娘と小賢しいことばかりしおって。
 今度は、何の用だ?
 ・・・・・・なに!? 貴族の上客への紹介状が欲しいだと?
 なぜ商売敵を助けてやらねばならんのだ!
 エレイズの名を出せば、すんなりいくとでも思ったか!?
 ・・・・・・よかろう、書いてやろうではないか!!
 ガハハハ! 実を言うとワシは、オブルナルの大ファンでな!
 彼の宣伝を聞いて、試しに例のブーツを取り寄せてみたら・・・・・・
 まさかの品質で、心底驚いたわい。
 長年商いをしていると、敵にしてはならない相手がわかる。
 あんたらとは協力すべきだと、考えを改めたのだ。
 ・・・・・・その代わりと言っちゃなんだが、ひとつ頼みがある。
 オブルナルに・・・・・・ワシのために詩を書いてもらいたいのだ!
 とてもじゃないが、自分からは恥ずかしくて、言い出せん・・・・・・。
 どうか、頼んだぞ・・・・・・!」
エルドと話す
エルド
「Nikuqさん、ありがとうございます!
 ・・・・・・ところで、紹介状の件はいかがでした?
 ・・・・・・フフフ、まさかゲルハルトさんが!
 でも、あの人が味方についてくれてよかったです。
 老舗の方こそ、仲間にするべきですから。
 ちょうど、オブルナルさんに届け物があったのです。
 Nikuqさんにお任せするので、
 一緒に、詩も頼んでみてはくださいませんか?
 これが、お渡しする「代金の革袋」です。
 オブルナルさんへの「宣伝料」ですよ。
 彼なら「雲霧街」にいるはずです、よろしくお願いしますね。」
エルド
「オブルナルさんなら「雲霧街」にいるはずです。
 彼に「代金の革袋」を届けてください。」
雲霧街のオブルナルに代金の革袋を渡す
オブルナル
「やあ、Nikuqじゃないか・・・・・・。
 僕が、ここにいるのが不思議かい?
 僕もここの出身でね、子どもたちに詩を聴かせてるのさ。」
(代金の革袋を渡す)
オブルナル
「・・・・・・エルドがこれを? フフ、奥ゆかしい人だね。
 彼女は「宣伝料」と言っていたようだけど・・・・・・
 僕は、すでに受け取っているんだ。
 ・・・・・・君が届けてくれたこれは、
 エルドから貧しい者へ贈る、匿名の寄付金なんだよ。
 僕が雲霧街の子どもたちのために、活動をしていると知って、
 彼女は寄付を申し出てくれてね・・・・・・。
 この革袋は、修道士のジェラルジュさんに届けておくよ。
 ・・・・・・おっと、僕が話したのは内緒だよ。
 彼女は商売に熱心だが、それは儲けだけのためじゃない。
 このことを、君に知っておいてもらいたかったのさ。
 ・・・・・・ゲルハルトさんのために詩を作ってほしいって?
 あの人なら、よく聴きにきてくれるから知ってるよ。
 引き受けよう、君やエルドのお役に立てるなら、お安い御用さ。
 さあ、即興だが、ひとつ詩を綴ってみたよ。
 題して「皇都の商人」・・・・・・貴族相手に奮闘する、
 商人の哀愁を描いた詩さ、ぜひ「エルド」に渡してくれ。」
宝杖通りのエルドに皇都の商人を渡す
エルド
「Nikuqさん、おかえりなさい!
 オブルナルさんに、詩は作ってもらえましたか?」
(皇都の商人を渡す)
エルド
「ありがとうございます!
 私が責任を持って、ゲルハルトさんに渡しておきますね。
 直接、お礼も言いたいですから。
 ・・・・・・そうそう、職人としてのあなたにも依頼があります。
 紹介してもらう貴族のお客様のために、
 高級な製品を作ってもらいたいのです!
 製作してほしいのは、「ドラゴンレザーチョーカーHQ」・・・・・・。
 我が商会の新たな舞台のため、よろしく頼みますよ!」
ドラゴンレザーチョーカーHQを製作
エルドにドラゴンレザーチョーカーHQを納品
エルド
「製作してほしいのは、「ドラゴンレザーチョーカーHQ」・・・・・・。
 我が商会の新たな舞台のため、よろしく頼みますよ!」
(ドラゴンレザーチョーカーHQを渡す)
エルド
「うん、うん、素晴らしい作りですね!
 これなら、審美眼に富んだ貴族にも受け入れられそうです。」
ゲルハルト
「おお、ここにおったか。
 例の紹介状だが、約束どおり書いてきてやったぞ。
 ワシの夢を、本当に叶えてくれたことだしな。」
エルド
「ゲルハルトさん、お忙しい中、
 どうもありがとうございます!」
ゲルハルト
「あんたも、なんだ・・・・・・。
 ちゃんと話してみれば、職人の仕事をよく理解しとった。
 ご祖父が職人で、その仕事ぶりを見て育ったそうだな。
 大いに気に入った!
 今後は全面的に、協力しようじゃないか。
 ガハハハ、エレイズたちとも同じ意見でな。
 商人ギルドを挙げて、投資を加速させようと盛り上がったぞ。
 ワシは、皇都の中に倉庫をいくらか持っている。
 もし工房を拡大したいというなら、使うがいい。
 今までの詫びも兼ねて、な。」
エルド
「本当ですか・・・・・・!
 ありがとうございます、ありがとうございます・・・・・・!」
オルテフォシェル
「街は、「異邦の名工」の噂で持ちきりだ。
 そのうち、流浪の身の俺なんかにゃ、
 手の届かないトコに行っちまうんだろうな・・・・・・。」
  上納金の革袋:イシュガルド商人ギルド宛ての上納金が入った革袋
  代金の革袋:宣伝料が入ったずしりと重い革袋
  皇都の商人:オブルナルが綴った詩が記された羊皮紙