愛情のレシピ

愛情のレシピ

  • 依頼主 :メルココ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X12-Y13)
  • 受注条件:調理師レベル55~
  • 概要  :永遠の乙女亭のメルココは、なにやら嬉しそうにしている。

メルココ
「Nikuqさん、聞いてください!
 ハ・マシャの野郎が、珍しくヘコんでやがるんですよ!
 どうやら、この店のオーナーでもある、
 頭領のローズウェン姐さんから、
 新しいスープ料理の考案を頼まれたようなんです。
 あの野郎は、凝った冷製スープを出したんですが、
 姐さんは、「気合い入らねぇ」の一言で突き返したんです。
 や~い、いい気味だ~!
 ・・・・・・って、さっきまでは喜んでたんですが、
 お前が熱々スープを考えろって、こちらに火の粉が・・・・・・。
 このままじゃ、姐さんの機嫌がおさまりません。
 姐さんは、密かにレストラン「ビスマルク」の常連なので、
 料理長の「リングサス」さんなら、好みがわかるかも・・・・・・。
 彼に相談して、ぴったりな料理を作ってもらえませんか!?」
リングサスと話す
リングサス
「よう、「デルモン・ドール」に向けて精進してるか?
 俺も若いころは毎年のように出てたもんだ・・・・・・懐かしい思い出さ。
 今回は、会場も提供するわけだし、俺は裏方に回っておくぜ。
 ま、お前さんと勝負するなんて・・・・・・正直、冷や汗もんだしな。
 ところで、今日は何用で顔を出したんだ?
 ・・・・・・ふむ、熱いスープ料理か。
 熱々のスープに拘るのは、ローズウェンの個人的な理由だろう。
 彼女は今、イシュガルド料理にご執心だからな。
 ・・・・・・まあ、そこらへんは、お前さんなら察してくれるよな。
 詳しく知りたいなら、「ローズウェン」に直接聞いてくれ。」
リングサス
「「ローズウェン」がイシュガルド料理にご執心な理由か・・・・・・。
 詳しく知りたいなら、彼女に直接聞いてくれ。」
メルココ
「姐さん好みのスープ料理を作ってもらえませんか!?」
ローズウェンと話す
ローズウェン
「・・・・・・あたしがイシュガルド料理にご執心だって?
 馬鹿言ってんじゃないよ、カルヴァランの好物なんかに、
 これっぽっちも興味なんかないよ・・・・・・。
 ましてや、あんなムカつく男のために、
 イシュガルドのスープ料理を勉強中だなんて、
 そんなわけないだろう!
 ・・・・・・し、しくじっちまったな・・・・・・白状するよ。
 百鬼夜行を率いるカルヴァランに好物を振る舞ってだね・・・・・・。
 その・・・・・・油断させて・・・・・・討ち取ろうという作戦なんだ・・・・・・。
 もちろんこれは最高機密・・・・・・口外するんじゃないよ!
 ・・・・・・よし、知られた以上、あんたに動いてもらおうかね。
 まず、カルヴァランからイシュガルド料理の達人を聞きだす。
 そして、その料理人からスープ料理を教わってくる。
 それから、あたしに作り方を伝授してもらおうか!
 ・・・・・・なるほど、メルココからの依頼で動いてんだね。
 なら、その仕事の一環としてやってくれりゃいいさ。
 「カルヴァラン」なら薬舗「セブンスセージ」にいる。
 その金をヤツに掴ませりゃ、情報をくれるはずだ。
 ・・・・・・いいかい、決して、あたしの名を出すんじゃないよ?」
リングサス
「客の個人的な事情を、
 ペラペラと話すわけにはいかないからな。」
カルヴァランに硬貨の詰まった袋を渡す
カルヴァラン
「・・・・・・イシュガルド料理の達人を教えてほしい?
 何故そのような情報を、この私に尋ねるのです。」
(硬貨の詰まった袋を渡す)
カルヴァラン
「・・・・・・ふむ、情報料ですか。
 どうやら隠された事情があるようですが、
 あなたも「取引」の何たるかを知っているようですね。
 いいでしょう、この程度の情報なら悪用されることもない。
 皇都「イシュガルド」にて、「金鐘紋の調理師」を探しなさい。
 胸に付けた金の警鐘のバッジは、
 名門貴族「デュランデル家」の専属調理師である証・・・・・・。
 その男こそ、イシュガルド料理の達人と言えましょう。
 彼は、無類の酒好き・・・・・・
 会うことができたら、このワインを渡すといい。
 食の都のファンからとでも伝えればいいでしょう。」
カルヴァラン
「皇都「イシュガルド」にて「金鐘紋の調理師」を探しなさい。
 その男こそ、イシュガルド料理の達人と言えましょう。」
イシュガルドの金鐘紋の調理師にローマニロッソを渡す
金鐘紋の調理師
「・・・・・・いかにも、私こそデュランデル家に仕える調理師だが、
 はて、冒険者に声をかけられるとは何事?」
(ローマニロッソを渡す)
金鐘紋の調理師
「なんと、この高級ワインを私に!?
 遠く離れたリムサ・ロミンサにまで、私のファンがいるとは・・・・・・
 ・・・・・・摩訶不思議だが、嬉しいかぎり。
 ・・・・・・イシュガルド伝統のスープ料理を教えてほしいと?
 それなら、なんといっても「クリムゾンスープHQ」・・・・・・。
 身体を芯から温めてくれる、極寒のクルザスの家庭料理だ。
 「マグマビート」をはじめとする具材を、
 よく刻んで炒め、スープを加えて、調味料で味を調える。
 鮮やかな深紅になるまで、愛情を込めて煮込むのがコツだぞ。
 なにを隠そう、母の「クリムゾンスープHQ」こそ私の料理の原点。
 病弱だった私のため、母は野菜をタップリ入れてくれた。
 家族を想うように、相手を気遣って作ることを忘れずにな。
 「クリムゾンスープHQ」には、「カイザーゼンメルHQ」を添えて、
 「グリルドスイートフィッシュHQ」を一緒に出すのが、
 イシュガルドの定番・・・・・・さて、お役に立てたかな?」
(リムサ・ロミンサ)
カルヴァラン
「金鐘紋の調理師・・・・・・
 いつか再び、彼の料理を味わいたいものです。」
リムサ・ロミンサのメルココに依頼の品を納品
メルココ
「Nikuqさん、おかえりなさい!
 ずいぶんと時間がかかりましたね・・・・・・。
 姐さんが納得する熱々スープ料理、何とかなりましたか?」
(カイザーゼンメルHQとクリムゾンスープHQ、グリルドスイートフィッシュHQを渡す)
メルココ
「おお、ありがとうございます!
 ・・・・・・これが、カルヴァランの好物ですか。
 ・・・・・・すみません、実は知っていました。
 カルヴァランについてアツく語る姐さんの声、
 店の外まで聞こえるんですもん・・・・・・内緒にしときますけど。
 それにしても、カルヴァランを討ち取る作戦だなんて、
 相変わらず素直じゃないんだから・・・・・・。
 ともかく、姐さんに試食してもらいましょう!」
ローズウェン
「・・・・・・はぁ、美味かった! こりゃ、即採用だ!
 ガラにもないこと言うけど、温かい家庭の味がしたよ・・・・・・。
 オ、オーナーとして、わ、私にも作り方を教えてもらおうか?
 なるほど・・・・・・料理は愛情ってことだね。
 メルココ、ハ・マシャにこのスープの研究をさせてこい!」
メルココ
「がってんです!」
ローズウェン
「・・・・・・「デルモン・ドール」でハ・マシャを負かすだなんて、
 あの子も素直じゃないねぇ・・・・・・。
 本当は、あの男のことが大好きなくせに。
 メルココの企みは、とっくに知ってたさ。
 ハ・マシャのことをアツく語る、あの子のデカい声は、
 店内にまで聞こえてくるんだよ。
 あたしは、そんな大会なんてどうでもいいけど・・・・・・
 好いた男が、あんたという凄腕の調理師に負けちまっても、
 あの子は本当に大丈夫なのかねぇ。」
  硬貨の詰まった袋:カルヴァランに渡す情報料が入った袋
  ローマニロッソ:カルヴァランから預かった手土産。醸造家シャマニ・ローマニが仕込んだ高級ワイン