心すれちがい

心すれちがい

  • 依頼主 :マルセル(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y12)
  • 受注条件:彫金師レベル55~
  • 概要  :宝飾店「エシュテム」のマルセルは、少しあわてているようだ。

マルセル
「これは、Niuniu様。
 申し訳ありません、少々あわただしいことになっております。
 実は、依頼人ジュエルド・ピーク様のご主人がご来店なさるのです!
 もちろん、奥様の依頼のことは、ご存じないはず・・・・・・。
 軍務で急遽ウルダハにお戻りのようで、そのついでだとか。
 ・・・・・・ああ、いらっしゃったようです。」
スティル・リバー
「マルセル君、久方ぶりですね!
 すぐに行かねばならんので、手短に伝えましょう。
 実は妻への贈り物として、オルゴールを作ってほしいのです。
 どうです、我ながら、なかなか気の利いた贈り物でしょう。
 曲目は古い流行り歌・・・・・・あの有名な「ウルダハの歌姫」が、
 世に出るきっかけとなった曲を使ってください。
 当時、歌姫の美声に聞きいっていたとき、
 たまたま隣の席にいたことが、妻と私のなれ初めでね。
 ふたりが出会った記念日に贈って、驚かせてやりたいのです。
 オルゴールの外観は、マルセル君と職人さんにまかせます。
 ・・・・・・ただし妻には、くれぐれも内密に頼みますぞ!」
マルセル
「・・・・・・こ、これは、大変なことになりましたね。
 ご夫婦はともに、同じ日に、同じ曲のオルゴールを、
 おたがいに内緒で贈ろうとされています。
 どちらかに正直にお話しして、あきらめていただくか・・・・・・?
 いやしかし、それでは「内密に」という約束を破ることに・・・・・・。
 ・・・・・・ここはひとつ、あなた様のお師匠様にあたる、
 「セレンディピティー」様に相談してみましょう。
 知恵を貸していただけるかもしれません。」
彫金師ギルドのセレンディピティーと話す
セレンディピティー
「・・・・・・ふむふむ、それは弱りましたね~!
 いい加減な職人なら、注文どおりに同じ曲のオルゴールを、
 納品して終わりですけど・・・・・・もちろん、それはありえません。
 かといって、ご夫婦に正直に話しちゃうのもダメですよね。
 秘密のプレゼントに込められた「心」が台なしです!
 私も、すぐにいい解決法は思いつきませんけど・・・・・・
 私のお師匠様は、こんなことをおっしゃっていましたよ。
 あれこれ思い悩むより、トコトン技術的な可能性を追究しろって!
 たとえば、オルゴールに使う曲を深く掘り下げることで、
 妙案が浮かぶかもしれませんよ。
 ・・・・・・ご夫婦の想い出の曲って、どんな曲なんでしょう?
 「ウルダハの歌姫」が世に出るきっかけになった歌・・・・・・?
 あれ・・・・・・その流行り歌を作った方、私、知ってますよ?
 むかしお世話になった、ピエリヴァンさんという方です。
 いっそ曲を書いたご本人に、お話を伺ってみたらどうでしょう?
 歌について深く知れば、いい案が浮かぶかもしれませんしっ!
 あの方は今・・・・・・イシュガルドの名門貴族である、
 アインハルト伯爵のお屋敷にお世話になってるそうですが・・・・・・
 こうなったらもう、イシュガルドまで行っちゃいましょう!
 イシュガルドの「アインハルト伯爵邸」で、
 衛兵さんに、私からの紹介状をお渡ししてください!
 きっと、ピエリヴァンさんに会えると思いますっ!」
アインハルト伯爵邸の衛兵にセレンディピティーの封書を渡す
バーテロット
「アインハルト家に何用だ?
 用件なら、私が承ろう。」
(セレンディピティーの封書を渡す)
バーテロット
「・・・・・・ほう、はるばるウルダハからピエリヴァン様に。
 あいにくあのお方は今、アバラシア雲海に滞在中だ。
 お館様の旗下にある、騎兵団に同道しておるのだよ。
 伯爵の奥方は、ピエリヴァン様の楽曲が大のお気に入りでね。
 この話も、奥方が現場のほうに強引にねじ込んでしまったのだ。
 雲の上なら霊感が降るやも・・・・・・などという戯言を真に受けてな。
 どうしても「ピエリヴァン」様に会いたいのなら、
 アバラシア雲海の「キャンプ・クラウドトップ」に赴くといい。」
キャンプ・クラウドトップのピエリヴァンと話す
ピエリヴァン
「君は・・・・・・?
 おお、かのセレンディピティー嬢のお弟子さんですと?
 なんと麗しきお嬢さんでありましょう!
 ・・・・・・ふむ、オルゴールに僕の曲を使いたいとは、光栄至極!
 あれは「ウルダハの歌姫」、フ・ラミンさんの美声に触発されて、
 わずか一夜で書きあげた曲でしてね・・・・・・。
 ・・・・・・なるほど。
 夫は妻に、妻は夫に、それぞれ内緒で、
 同じ歌を贈りあおうとしていて弱っていると?
 ふふふ・・・・・・このピエリヴァン、
 ご夫婦を満足させる、完璧な方法を思いつきましたよ!
 オルゴール用に、ある特別な「編曲」を施すのです。
 しかし、編曲にあたって譲れぬ点がひとつだけあります。
 あれは、歌姫の「美声」から霊感を得た楽曲・・・・・・
 かの美声に匹敵する音色の、オルゴールにしていただきたい!
 その条件を満たす音色を、一度だけ聴いたことがあります。
 音色の要である「櫛歯」にハードシルバーを用いた、
 とある名工の「最高傑作」とされるオルゴールでした。
 ゆえに製作には、ハードシルバーの精錬技術が必須。
 どうでしょう、ひとつ、お持ちいただけませんか?
 僕を満足させる「ハードシルバーインゴット」を・・・・・・。」
ハードシルバーインゴットを製作
ピエリヴァンにハードシルバーインゴットを納品
ピエリヴァン
「「ハードシルバーインゴット」は、
 お持ちいただけましたか?」
(ハードシルバーインゴットを渡す)
ピエリヴァン
「楽器の材となる金属には、一家言ある者と自認しておりますが、
 純度が一見してわかるこの輝き・・・・・・
 おお、サリャク河の源流のごとき澄んだ音色が聞こえてくるよう!
 ・・・・・・いいでしょう、君に、この楽譜を託します!
 ご夫婦のオルゴールのために、特別な編曲を施したもの・・・・・・。
 もとは同じ曲ですが、譜面は2曲にわかれています。
 その楽譜に従って、ふたつのオルゴールをお作りください。
 夫のオルゴールと、妻のオルゴールは、
 それぞれ別のメロディを奏でることになります。
 ふたつはそれぞれ、まるで違う曲のように聞こえることでしょう。
 ところが、夫婦のオルゴールを同時に鳴らすと・・・・・・
 別々のメロディが鮮やかに調和して、ひとつの曲となるのです!
 古の聖歌に端を発し、聖職者の手で育まれた技法ですが・・・・・・
 現在の流行り歌を、このように編曲した例は極めて稀。
 耳に新しく聞こえること請け合いです!」
ピエリヴァン
「君に、この楽譜を託しましょう!
 ご夫婦のオルゴールのために、特別な編曲を施したものです!
 もとは同じ曲ですが、譜面は2曲にわかれています。
 古の聖歌に端を発し、聖職者の手で育まれた技法ですが・・・・・・
 現在の流行り歌を、このように編曲した例は極めて稀。
 耳に新しく聞こえること請け合いです!」
ウルダハのマルセルにピエリヴァンの譜面を渡す
マルセル
「おや・・・・・・Niuniu様。
 もしかして、何か進展があったのでしょうか?」
(ピエリヴァンの譜面を渡す)
マルセル
「なるほど、2曲で1曲を・・・・・・そんな方法があったのですね!
 曲を書いた音楽家の消息を求めて、イシュガルドにまで?
 ひとつの品にかける執念・・・・・・これぞ「一流」の域を超えた方の証。
 御尽力に報いるため、私もいただいた楽譜をもとに、
 製作の手順について段取りを進めてまいります。
 この場所でまた、お会いしましょう!」
  セレンディピティーの封書:セレンディピティーが記したアインハルト家への紹介状
  ピエリヴァンの譜面:ピエリヴァンが古い流行り詩を編曲した譜面