連載第三回「理想と苦難の先に」

連載第三回「理想と苦難の先に」

  • 依頼主 :ムジ・ミュリラー(イシュガルド:下層 X9-Y11)
  • 受注条件:園芸師レベル58~
  • 概要  :エーテライト・プラザのムジ・ミュリラーのもとにバジールから知らせが届いたようだ。

ムジ・ミュリラー
「あ、Nikuqさん・・・・・・!
 バジールさんから知らせが届きました。
 いい知らせと、悪い知らせのふたつが・・・・・・。
 まずは、いい知らせからお伝えしましょう。
 フフチャさんからいただいた例のマメ科植物ですが、
 人工受粉に成功し、交雑の目処がたったそうです。
 そして、悪い知らせ・・・・・・!
 急速な開墾の影響なのか、害虫が増えちゃったらしくて、
 バジールさん、困っている様子でした。
 畑が駄目になってしまったら、開拓計画も頓挫しちゃいます。
 急いで「キャンプ・クラウドトップ」へ向かってください!」
キャンプ・クラウドトップのバジールと話す
バジール
「ああ、Nikuqさん・・・・・・。
 弱りましたよ・・・・・・まさか、害虫が畑に巣食ってしまうなんて。
 錬金薬を撒けば、駆除できるのでしょうが、
 無関係の虫たちにまで影響が出てしまいます・・・・・・。
 どうにか、薬に頼らずに、
 害虫が畑に寄りつかないようにしたいのですが、どうしたものか。
 ・・・・・・Nikuqさんは、前回の一件で、
 本草学者の「マルティノー」さんと面識をお持ちでしたよね。
 イシュガルドに赴き、彼から意見を伺ってはもらえませんか?」
イシュガルドのマルティノーと話す
マルティノー
「おや、その悩ましげな顔・・・・・・。
 どうやら、私の助言が必要なのかな?
 心意気は買うが、ずいぶんと難しい手段を選ぶものだね。
 素直に、錬金薬を使ったほうが簡単だろうよ。
 ・・・・・・君自身は、どう思っているんだい?」
(なんと答える?)
(周囲の環境に配慮したい)
(無益な殺生はしたくない)
マルティノー
「・・・・・・ほう、それは感心、感心。
 ふふっ、心ある園芸師の挑戦は、応援せねばな。
 よし、私の知識を授けようじゃないか!
 バーチ原木HQを焼いて、
 炭から抽出した液体には、防虫効果があるのだ。
 虫から身を守るため、樹木が獲得した力といったところかな。
 アバラシア雲海に棲まう虫を避けるには、
 やはり現地で採集した「バーチ原木HQ」を用いるのがいい。
 10本ほどあればいいだろうから、ぜひ試してみてくれたまえ。」
アバラシア雲海でバーチ原木HQを伐採
キャンプ・クラウドトップのバジールにバーチ原木HQを納品
バジール
「畑を害虫から守るための方法は、見つかりましたか・・・・・・?」
(バーチ原木HQを渡す)
バジール
「・・・・・・なんと、そんな方法があったとは!
 さっそく、この「バーチ原木HQ」を使って試してみます!
 自然を大切にしたいという思いはあれど、
 実際に困難に直面したときに、こんなにも無力だとは・・・・・・。
 あなたの採集技術や行動力には、本当に頭が下がります。
 そういえば、「ムジ・ミュリラー」さんも、
 ずいぶんと心配してくださっていました。
 彼女にも、礼を言っておいてくださいますか?」
イシュガルドのムジ・ミュリラーに報告
ムジ・ミュリラー
「Nikuqさん、おかえりなさい!
 ・・・・・・えっ、心配してくれてありがとうって、バジールさんが?
 いえいえ、あなたやバジールさんの開拓に対する熱意には、
 こちらも胸が熱くなって、応援したくなってしまうんです・・・・・・。
 あっ、もちろん記事に私情は挟みませんよ!
 事実をありのままに描写していきます!
 そうですね、今回の記事は、自然との調和・・・・・・。
 「理想と苦難の先に・・・・・・園芸師ギルドが唱えた哲学は、
  遠き最果ての地にも根付いているのだ!」
 どうです、ちゃんと事実でしょう?
 ・・・・・・ちょっとしたケレン味は、こういう記事の醍醐味ですから、
 その辺りは見逃してください!
 いい記事を作るため、またお願いしますね!」