連載第二回「マメが繋ぐ交流の芽」

連載第二回「マメが繋ぐ交流の芽」

  • 依頼主 :ムジ・ミュリラー(イシュガルド:下層 X9-Y11)
  • 受注条件:園芸師レベル55~
  • 概要  :エーテライト・プラザのムジ・ミュリラーのもとに新たな依頼が届いたようだ。

ムジ・ミュリラー
「ナイスタイミングですっ!
 バジールさんから、新たな依頼が舞い込みましたよ~。
 そうそう、Nikuqさんが採集に行っている間、
 手持ちぶさたで待っているのも、もったいないですからね。
 今後は、皇都の取材をしながら待つことにします!
 今回から、わたしは同行しませんが、
 結果報告だけは忘れないようにお願いしますね?
 さあ、「キャンプ・クラウドトップ」へ行ってらっしゃい!」
キャンプ・クラウドトップのバジールと話す
バジール
「この間は、ありがとうございました。
 「サイクロプスオニオンHQ」は、無事この土地に根付きそうです。
 今回の依頼は、畑の維持に関してです。
 このまま同じ作物を栽培し続けると、やがて土が痩せ、
 生育に支障をきたすのではないかと危惧しておりまして・・・・・・。
 本来なら、土壌改良に役立つマメ科植物などを、
 定期的に栽培し、土にすき込むことで対処するのですが・・・・・・。
 ・・・・・・なにせ、こんな土地ですから。
 クルザス原産の品種は、ことごとく根付かなくて、
 困っているのですよ。」
(なんと提案する?)
(グリダニアのマメ科植物を試す)
バジール
「なるほど、ギサールの野菜が根付いた前例もあります・・・・・・。
 土壌の性質に適した作物があるかもしれませんね!
 グリダニアで、作物に詳しい方といえば・・・・・・。」
(園芸師ギルドの貯蔵物を調べる)
バジール
「なるほど、園芸師ギルドは、古今東西の種の宝庫・・・・・・。
 あそこでしたら、ぴったりな作物が見つかるかもしれません。
 となれば、ギルドマスターに話を伺うのが一番でしょう。」
バジール
「お手数ですが、一度グリダニアに戻り、
 「フフチャ」さんに聞いてみてはもらえませんか?
 彼女でしたら、目的に合致した作物をご存知のはずです!」
園芸師ギルドのフフチャと話す
フフチャ
「Nikuqさんじゃないですか。
 私も、「週刊レイヴン」の記事は読ませていただきました。
 あちらでは何やら、獅子奮迅の大活躍だそうですね!
 お、おや・・・・・・? 記事が大げさだったのでしょうか・・・・・・。
 話題を呼ぶためとはいえ、脚色はあまり感心できませんが・・・・・・。
 ともかく、どうやら現地の環境に配慮しながら、
 開拓を進めていただいているようで、私も安心です。
 ・・・・・・ところで、私に何か用事でも?
 ・・・・・・ふむ、高地栽培が可能で、土壌改良に役立つ作物。
 これは、なかなかの難題ですね。
 私の知るかぎりで、最も条件に合うのは、
 「シュラウドベッチ」ですけれど・・・・・・
 おそらく、ただ植えるだけでは上手くいかないでしょう。
 ですが、この「シュラウドベッチ」を、
 より高地に適した品種と「交雑」させれば、
 バジールさんの望む品種が誕生するかもしれません。
 ただし、闇雲に交雑を試みても、失敗するだけ・・・・・・。
 まずは、専門家に意見をいただくべきでしょう。
 「シュラウドベッチ」を、幾つかあなたに預けます。
 現地の気候や栽培事情に詳しい人が見つかれば、
 きっと、適切な交雑の対象を特定できるはずです。
 ・・・・・・そうですね、例の「ムジ・ミュリラー」さんなら、
 イシュガルドに逗留しているのだし、
 現地の状況に詳しい人もご存知じゃないでしょうか。」
イシュガルドのムジ・ミュリラーと話す
ムジ・ミュリラー
「・・・・・・ふむふむ、フフチャさんも流石ですね!
 わたしが現地調査をしていたこと、見事に予測するとは!
 ええ、その道の専門家なら存じておりますとも!
 イシュガルドに居を構える「本草学者」さんがいるんです!
 面会に関しては、わたしに任せてください!
 どれだけ向こうが忙しかろうとも、
 必ずや、面会許可を取り付けてみせます!
 ・・・・・・これって取材対象に介入することになるのでしょうか?
 まあ、いいか! 細かいことは気にせずいきましょう~!
 本草学者さんのお名前は「マルティノー」さんです。
 「聖レマノー大聖堂」の前に呼び出しておくので、
 そちらに向かってください!」
聖レマノー大聖堂のマルティノーと話す
マルティノー
「面会を希望しているというのは、君かね?
 出で立ちを見るに、なかなか有能な園芸師のようだ。
 あの、活力が暴走しているような女性の知人とは、意外だが・・・・・・。
 私と同じく、自然界の神秘に魅せられた者なら大歓迎さ。
 まあ、私は採集ではなく、研究する立場だがね・・・・・・。
 話は聞いたよ、なんでもマメ科植物を交雑させたいとか。」
(シュラウドベッチを渡す)
マルティノー
「・・・・・・ほう、グリダニアの園芸師ギルドの評判は聞いていたが、
 これほど極上のものを栽培しているとは。
 だが、確かに「シュラウドベッチ」を植えても根付かない。
 交雑によって、こいつの特徴を更に引き出してやらねば・・・・・・。
 ドラヴァニア雲海に原生すると言われる希少種・・・・・・
 「エメラルドビーンHQ」が10個ほどあれば、
 「シュラウドベッチ」と交雑を試すにも充分だろう。
 さあ、必要なものは理解できたね?
 ならば稀少な豆を集めて、「バジール」君というのに、
 渡してやるといい。」
ドラヴァニア雲海でエメラルドビーンHQを草刈
キャンプ・クラウドトップのバジールにエメラルドビーンHQを納品
バジール
「ムジ・ミュリラーさんから話を聞きましたよ。
 まさか、本草学の権威であるマルティノーさんのところまで、
 足を運んでくださるとは・・・・・・。」
(エメラルドビーンHQを渡す)
バジール
「・・・・・・これが「エメラルドビーンHQ」。
 こいつと、園芸師ギルドの「シュラウドベッチ」を、
 交雑させればいいんですね・・・・・・?
 おお、なんと見事な品種だ!
 それでは、この2種を使って交雑を試してみます。
 交雑は、相当に手間のかかる仕事ですが・・・・・・
 なんとか、やり遂げてみせますよ!
 そういえば、ムジ・ミュリラーさんから伝言がありました。
 無事に採集が終わったら、
 「イシュガルド」まで来てほしいそうですよ。」
イシュガルドのムジ・ミュリラーに報告
ムジ・ミュリラー
「Nikuqさん、お疲れさまでした!
 いやあ、グリダニアとイシュガルドの植生をつなぐ、
 見事な架け橋っぷりでしたね!
 原稿も書き上がって、グリダニアに送りました!
 今回の記事も、大好評間違いなしです!
 もちろん、内容の捏造は一切してませんよ?
 「マメが繋ぐ交流の芽、ふたつの国の交流により新品種が誕生!?
  その名も、クラウドベッチ!」
 ・・・・・・なんて書いてませんとも! 本当です!
 バジールさんも気合十分ですし、
 このまま開拓がうまくいくといいですよね。
 この調子で、次の依頼もよろしくお願いしますっ!」
  シュラウドベッチ:寒冷地に強く緑肥としても使えるマメ科の植物