機械仕掛けの理想郷

機械仕掛けの理想郷

  • 依頼主 :ビッグス(低地ドラヴァニア X21-Y18)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :ショートストップ野営地のビッグスは、シドが考案した方策を知らせたいようだ。

ビッグス
「さて、次の作戦だが・・・・・・
 どうやら、シド親方に策があるようなんだ。
 ・・・・・・あっ、親方! こっちです!」
シド
「よう、Nikuq。
 ・・・・・・実は「青の手」の暗号通信が、ずっと気になっていてな。
 連中は前から、「魔法障壁」の内側を拠点にしていた。
 つまり、何らかの方法で障壁を通過できていたはずだ。
 だが、わざわざ「扉の開け方」を伝えていたのはなぜか・・・・・・。
 そうだ、俺たちと同様に、あの出入口を使う輩・・・・・・
 おそらく、イディルシャイアに潜り、
 外側を監視している工作員がいるんだろう。
 俺たちが、あのあたりに逗留してしばらく経つ。
 奴らの暗号が解かれた今、その工作員は、
 内側と連絡を図ろうと、痺れを切らしているはずだ。
 そこで、あえて出入口周辺を空にして、様子を探っている。
 俺の推理が正しければ、そろそろ・・・・・・。」
ウェッジ
「親方、「見張り屋」から通信ッス!
 ブレイフロクスらしきヤツが、例の出入口から入ってったそうッス!
 親方が会ったあいつは・・・・・・偽者だったみたいッス!!」
ビッグス
「親方とミーデたちが、工作員を追ってる!
 Niuniuも精鋭を率いて、
 「アレキサンダー」の奥まで踏み込んでくれ!」
ウェッジ
「親方の会ったブレイフロクスは、まさかの偽者だったッス!
 そもそも、ゴブリン族ってみんなマスク被ってて、
 正直オイラには、区別つかないッス・・・・・・!」
機工城アレキサンダー:起動編3を攻略
万能のクイックシンクス
「コフォ・・・・・・コフォ・・・・・・
 フ・・・・・・最後のパーツ・・・・・・ついに見つけたか・・・・・・。
 ゴクロウだったな・・・・・・。」
シド
「・・・・・・「最後のパーツ」だと?」
万能のクイックシンクス
「コフォ・・・・・・コフォ・・・・・・。
 そう・・・・・・我ら科学者の管理する・・・・・・完璧なる世界・・・・・・
 築くために欠かせぬ・・・・・・最後のパーツ・・・・・・。」
シド
「完璧なる世界だと・・・・・・?
 血塗られた理想郷の間違いだろう!
 お前たちが召喚したのは、蛮神なんだぞ!
 瞬く間に地のエーテルを喰らいつくし、ついには星を殺す!
 わかっているのか!」
万能のクイックシンクス
「この城内は・・・・・・完全なる閉鎖環境・・・・・・。
 星に寄生する・・・・・・劣等な生命が死滅しようとも・・・・・・
 選良の民は生き延び・・・・・・「知」の探究は続く・・・・・・。」
シド
「クソッ、探究が聞いて呆れるぜ!」
万能のクイックシンクス
「コフォ・・・・・・コフォ・・・・・・
 我のあたえる幸福を受け容れぬ・・・・・・愚劣なる民など・・・・・・
 すべて滅ぼすのみ・・・・・・。」
シド
「我が福音を受け容れよ、抵抗する者は皆殺し・・・・・・。
 とんだ理想世界だな!」
ミーデ
「「エニグマ・コーデックス」自体は、含蓄に富んだ素敵な書よ。
 連中も、当初は高い志を持っていたのかもしれないけど・・・・・・。」
シド
「代を重ねるうちに、歪みきった選良意識だけが残った、か。
 ・・・・・・君は、コーデックスを読んだことがあるんだな?」
ミーデ
「ええ・・・・・・。
 今はもう・・・・・・「読めない」けれど。」
シド
「・・・・・・ならば、「巨人」を動かす原理も知ってるな?
 これだけのデカブツでも、動力源を潰せば活動は止まるはずだ。
 おそらく、魔法人形の「コア」にあたるものが胴体部にある。」
ミーデ
「それで正解のはずよ。
 止め方なら知ってる、あとは場所さえわかれば・・・・・・。」
ラウンドロクス
「チュコォ・・・・・・チュコォ・・・・・・
 ラウンドロクスの2歩 ちょうど1ヤルム!
 キョジンのドウタイ すぐそこゴブ~♪」
シド
「おいおい・・・・・・
 開口部からの距離を、歩幅で測っていたってのか!
 スゲェぞ、お嬢さん!
 Nikuq。
 これだけ巨体の「コア」ともなれば、何が起こるかわからん。
 充分に準備を整えていこうぜ。」
ミーデ
「・・・・・・大丈夫。
 そのはずよね。」
ミーデと話す
ビッグス
「動力源を止める方法は、ミーデが知ってるみたいだ。
 オレたちごときじゃ、役に立たないかもしれんが・・・・・・
 できるかぎりの協力は、させてくれ!」
ウェッジ
「Niuniu、どうか気をつけてッス!
 蛮神の動力源が、無防備な状態で置かれてるはずはないッス!
 これまで以上に危険な敵が、コアを護ってるはずッス!」
ラウンドロクス
「チュコォ・・・・・・チュコォ・・・・・・
 お姉ちゃん サイゴのたたかい がんばってゴブ!
 無事戻ったら ひみつきちのがらくた ひとつあげるゴブ!」
ミーデ
「「青の手」の思想は危険よ。
 連中は、自分たちが選んだ生命だけに、生きる権利がある・・・・・・
 そんなふうに考えている。
 一刻も早く「アレキサンダー計劃」を阻止しないと、
 何もかも手後れになるわ。
 ・・・・・・いよいよ、最後の決戦ね。」
ビッグス
「動力源まで、無事にミーデを送り届けてやってくれ!
 停止作業には、オレとウェッジもつきあうぜ!」
記録屋バックリクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 オレは記録屋バックリクス! データジャンキーと ヒトは呼ぶ!
 オレ様自慢のデータ 知りたいゴブ?」
(何を聞く?)
(データレコード I-2)
記録屋バックリクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 オマエが読みたい記録 「データレコード I-2」 だな!
 新たに判明した事実を 記録しておいたゴブ!」
データレコード
「すべての元凶は「エニグマ・コーデックス」という書だ。
 100年ほど前、とある天才技師が記したというその書物は、
 画期的な技術的アイディアが満載の、価値ある本らしい!
 問題は、そこに記された「移動都市」構想・・・・・・
 「青の手」が「アレキサンダー計劃」と呼ぶ、壮大な計画だ。
 それはひとりの科学者が夢想した、「機械仕掛けの理想郷」。
 機械仕掛けの「移動都市」内に、自足可能な閉鎖環境を構築し、
 優れた科学者のみを住まわせる。
 彼らは各地をめぐり、叡智を深めつつ、理想の世界を築く・・・・・・。
 ・・・・・・そこまではいい。
 問題は「青の手」が、この「アレキサンダー計劃」を、
 実現するために創設された科学結社だということだ。
 「青の手」がこの構想に惹かれる理由は、わからないでもない。
 機械に親しみ、放浪生活を送るオレたちゴブリン族にとっては、
 なかなかに心惹かれる内容だからだ。
 だが、大地のエーテルを喰らいつくす、
 燃費の悪い機械の巨人となると・・・・・・そもそもが欠陥品だ。
 幸い心強い精鋭が乗り込み、動力源を破壊することになった!
 最深部での戦いは危ないというので、
 ラウンドロクスは今回、留守番役のようだ。
 少し寂しそうだし、久々にがらくた拾いにつきあってやるか。」