突入、決死圏

突入、決死圏

  • 依頼主 :ビッグス(低地ドラヴァニア X21-Y18)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :ショートストップ野営地のビッグスは、新たな使命を伝えたいようだ。

ビッグス
「よし、Niuniu。
 引き続き、「巨人」の内部構造の調査と、
 動力源の捜索にあたってもらえるか!
 ・・・・・・おいウェッジ、これ以上は、傍受しても無意味だ。
 先の進入で、「青の手」も暗号が破られたと知ってるんだからな。
 解読された暗号通信なんて、宣戦布告ぐらいにしか使えないぞ。」
ウェッジ
「だけど今、新しい通信が流れてきたとこッス・・・・・・解読結果は・・・・・・
 うわっと・・・・・・「死死死死死死死死死死死死死死死死」・・・・・・!?
「青の手」め、完全に挑発してきてるッス!」
ビッグス
「「青の手」のやつら、完全に挑発してやがるな・・・・・・!
 「巨人」の内部構造の調査と、動力源の捜索を続けてくれるか?」
機工城アレキサンダー:起動編2を攻略
万能のクイックシンクス
「コフォ・・・・・・コフォ・・・・・・侵入者を排除セヨ!
 我らがゴブリウォーカー・・・・・・奪われるナヨ・・・・・・!」
「コフォ・・・・・・コフォ・・・・・・
 仕方あるまい・・・・・・支援砲撃・・・・・・開始スル!」
「コフォ・・・・・・コフォ・・・・・・
 このままでは埒が明かぬ・・・・・・アレを用意セヨ!」
ラウンドロクス
「チュコォ・・・・・・チュコォ・・・・・・
 お姉ちゃん とてとて つよつよゴブ~!」
シド
「ふぅ、ようやく追いついたぜ・・・・・・。
 ビッグスからの話だけじゃ、わからんことだらけでな。
 俺自身の目で、内部を確かめにきちまったよ。
 トレジャーハンターだったな。
 ・・・・・・いったい、何を探してるんだ?」
ミーデ
「「エニグマ・コーデックス」・・・・・・。
 100年ほど前、とある天才技師が記した、科学思想の書よ。
 そこには、あらゆる技術的アイディアが記されてる。
 何百年も動く無限機構から、おいしいチーズの作り方までね。
 その「断章」には、高い賞金が懸けられているの。
 移動式の城塞を構築し、科学による理想世界を実現する構想・・・・・・
 「アレキサンダー計劃」も、その書に記されているわ。」
シド
「・・・・・・となると、「青の手」はその構想に基づいて、
 蛮神を召喚したのか!?」
ミーデ
「住環境から、食料生産施設まで、
 すべてを備えた閉鎖環境を作り上げ、これを移動可能にする。
 その移動都市には、高い知性を持つ科学者だけが居住し、
 各地を巡って世界の神秘を探る。
 ・・・・・・それが「アレキサンダー計劃」の描く、理想郷の姿。」
ラウンドロクス
「チュコォ・・・・・・チュコォ・・・・・・
 すごすごゴブ~! あるくお城で セカイじゅうのがらくた
 あつめホーダイ ゴブ~♪」
ミーデ
「そうね・・・・・・。
 ステキながらくたも、失われた科学技術もね。」
シド
「そうやって集積した技術を、連中は何に使うつもりなんだ?」
ミーデ
「優れた科学者集団のみで寡占し、世界を「管理」する。
 ・・・・・・連中は、そう称しているみたい。
 「青の手」はもともと、その理念を実現するために結成されたのよ。」
シド
「「エニグマ・コーデックス」は、
 科学の狂信者を生んだ聖典、というわけか・・・・・・。
 お前さんたちゴブリン族は、長らく放浪の民として暮らしてきた。
 その書が描く理想郷は、とても魅力的に映るかもしれん。
 ・・・・・・だが、蛮神の力を「青の手」に託すのは危険すぎるぜ。
 ヤツらとの対決は、避けられんだろうな。
 Nikuq、どうか力を貸してくれ。」
ラウンドロクス
「チュコォ・・・・・・チュコォ・・・・・・
 ラウンドロクス がらくたあれば しあわせゴブ♪
 ミーデの理想 どんなトコ?」
ミーデ
「私の理想郷は・・・・・・
 好きな人がいるところ、かな。」
ビッグスに報告
ウェッジ
「Niuniu、おかえりッス!
 さっきまで、ヤ・シュトラさんと連絡取ってたところッス!
 マトーヤさんの人使いが荒いって、珍しくぼやいてたッス!」
ミーデ
「この娘の宝物、少し増えたわ。
 ヒマさえあれば、あちこちに廃品集めにいってるみたい。
 ・・・・・・がらくたや機械が、本当に大好きなのね。」
ラウンドロクス
「チュコォ・・・・・・チュコォ・・・・・・
 が~らがらがら ゴッブゴ~ブ♪
 が~ら くったく~た 増えたゴブ~♪
 がらくたあつめ 記録屋のバックリクスにも
 ときどき 手伝ってもらってるゴブ♪
 バックリクス ラウンドロクスより 少しお兄ちゃんゴブ!
 チュコォ・・・・・・チュコォ・・・・・・
 今度、お姉ちゃんにも がらくたひろい
 つきあってほしいゴブ~!」
ビッグス
「「エニグマ・コーデックス」に記された、移動都市構想。
 興味深い計画だが・・・・・・問題は、あれが蛮神ってことだ。
 あの「アレキサンダー」とかいうデカブツが一瞬起動しただけで、
 周辺のエーテルを喰らいつくす勢いだってのに、
 まして、動きまわりでもしたら・・・・・・。
 それにしても、そこのゴブリン族の娘は、
 がらくたの山が増えたとか何とか・・・・・・
 ・・・・・・やれやれ、危機感を持ってほしいぜ。」