博物戦艦 フラクタル・コンティニアム

博物戦艦 フラクタル・コンティニアム

  • 依頼主 :ノトレルシャン(イシュガルド:上層 X14-Y12)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :イシュガルド・ランディングのノトレルシャンは、冒険者に伝えたいことがあるようだ。

ノトレルシャン
「あぁ、Nikuqさん。
 探していたんですよ。
 ・・・・・・ウェッジさんから、ヒミツの伝言を頼まれていましてね。
 「魔大陸」の「魔科学研究所」の入口に来てほしいそうです。
 ふたりだけの「超極秘計画」がどうとか・・・・・・
 ともかく、伝言は伝えましたからね?」
魔科学研究所の入口のウェッジと話す
ウェッジ
「Niuniu、待ってたッス!
 これ、覚えてるッス?
 オイラが拾った玉っころ・・・・・・「誘導システム」ッス!
 どうしても気になって、親方に内緒でこっそり探してたッス。
 それで、ようやく見つけたまでは良かったッスけど、
 機能を停止してて、ウンともスンとも言わないッス。
 こいつは、数千年の間、ひとりでこの大陸にいて、
 自分の使命を果たすために、ずっと人を待ってたッス。
 ようやく誘導という使命を果たせたのに、
 このまま動かなくなるなんて、あまりに悲しいッス・・・・・・。
 どうにかして、こいつを蘇らせてやりたいッス!
 ただ、玉っころ本体にガタがきていて、
 とてもオイラの腕じゃ、修理できそうにないッス・・・・・・。
 でも、新しい玉っころがあれば、何とかなると思うッス!
 つまり、誘導システムの「心」を、
 新しいまっさらな「身体」に移してやるってことッス!
 ここの情報端末で調べてみたら、
 「フラクタル・コンティニアム」っていう名前の博物戦艦が、
 ここからずっと南に行ったところに、あることがわかったッス。
 博物戦艦になら、新しい玉っころがあるかもしれないッス!
 第VI転送リング辺りから、行くことができそうッス。
 もし、新しい基板を見つけたら、持ち帰ってほしいッス!」
ウェッジ
「「フラクタル・コンティニアム」っていう名前の博物戦艦が、
 ここからずっと南に行ったところに、あることがわかったッス。
 コイツに新しい身体を、持ち帰ってきてほしいッス!」
アラグの転送装置を調べる
「博物戦艦 フラクタル・コンティニアム」を攻略
博物戦艦の案内板
「善良なアラグ帝国市民の豊かな生活に欠かせない、
 魔科学製品の数々を展示、紹介しています。」
「魔科学の粋を集めて作られた、兵装群を紹介します。
 帝国正規軍向け最新装備から、皇室親衛隊向け式典装備まで、
 その種類は多種多様です!」
「機械兵器「ファントムレイ型」
 暴走リスクの高いキメラ生物の指揮・監視目的で開発された、
 多腕型戦闘指揮マシン。」
展示品の案内板
「キメラ生物「ミラーナイト型」
 強靱な熊の肉体に、梟の暗視能力を組合せた合成獣。
 多くの第二世代型と同様、知性の面で課題が残ります。」
「キメラ生物「シュワブチ型」
 クローン技術を応用した第四世代型合成獣。
 再生能力と知性を両立した、高性能モデルです。」
「人工妖異「ナーガ型」
 妖異研究の一環で試作された人工妖異。
 この分野は、今後の発展性の高さから注目を集めています。」
「キメラ生物「イクサリオン型」
 高い知性を有する、アラグ帝国空挺師団用合成獣。
 環境変化に弱く、遺伝子異常が生じやすい欠点を持ちます。」
収蔵システム
「博物戦艦・収蔵システムより警告・・・・・・
 侵入者排除のため、現実拡張を開始します!」
「収蔵システムに異常・・・・・・
 現実拡張を・・・・・・停止・・・・・・します・・・・・・」
魔科学研究所の入口のウェッジに新品のシステムユニットを渡す
ウェッジ
「Niuniu、どうだったッス?
 新しい身体は、見つかったッス!?」
(新品のシステムユニットを渡す)
ウェッジ
「新品のシステムユニット・・・・・・!
 これなら、何とかなるかもしれないッス!」
誘導システム
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ピピ。
 ピピ・・・・・・「誘導システム」起動・・・・・・。
 ・・・・・・再起動セットアップを行いマス・・・・・・。
 ウェッジ様、Nikuq様・・・・・・。
 ようこそ「アジス・ラー」へ!」
ウェッジ
「・・・・・・もしかして、「誘導システム」ッス!?」
誘導システム
「ピピ・・・・・・はい、ウェッジ様。
 約5000年ぶりのメンテナンスで、
 「誘導システム」は、実に快適に動作しておりマス。」
ウェッジ
「やったッス! 蘇ったッス!
 これでもう、寂しい思いはさせなくて済むッス!
 Niuniu、お願いがあるッス。
 「誘導システム」を、冒険に連れていってほしいッス!
 コイツに、世の中を見せてやってほしいッス!!
 今日からコイツは「追従システム」ッス!
 いろんな場所を、いっしょに冒険して、
 ひとりじゃないって、わからせてやってほしいッス!!」
  新品のシステムユニット:真新しい球形システムユニット