誘導を信じて

誘導を信じて

  • 依頼主 :誘導システム(アジス・ラー X9-Y10)
  • 受注条件:レベル59~
  • 概要  :ポート・ヘリックスの誘導システムは、冒険者の質問を待っているようだ。

誘導システム
「Nikuq様。
 ピピ・・・・・・何か、お調べいたしましょウカ?」
(何について調べますか?)
(旗艦島へ行く方法)
誘導システム
「ピピ・・・・・・ピピ・・・・・・。
 アジス・ラー旗艦島の「魔科学研究所」に、視察を申請中・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・申請の承認を確認。」
(魔科学研究所へ行く方法)
誘導システム
「ピピ・・・・・・ピピ・・・・・・。
 アジス・ラー旗艦島の「魔科学研究所」に、視察を申請中・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・申請の承認を確認。」
(何も調べない)
誘導システム
「ピピ・・・・・・
 では、オススメのポイントを検索しマス・・・・・・。
 ピピ・・・・・・ピピ・・・・・・。
 アジス・ラー旗艦島の「魔科学研究所」に、視察を申請中・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・申請の承認を確認。」
誘導システム
「それでは、視察規定に基づいて、
 旗艦島の「魔科学研究所」まで、ご案内しマス。
 こちらの誘導に続いてくだサイ。
 なお、本誘導に従わず、立入禁止区域に侵入した場合、
 防衛システムによる排除行動が行われる可能性がありマス。
 これに伴う損害は、免責事項となりますのでご注意くだサイ。」
ヤ・シュトラ
「情報が不足している以上、
 誘導システムを頼りに進むしかないわね。」
エスティニアン
「あの玉っころに、ついて行けばいいのか・・・・・・?
 案内は任せるぜ・・・・・・。」
シド
「さて、こっからは、お前さんたちの出番だな。
 皇都に戻りたいなら、例によって社旗から連絡をしてくれれば、
 飛空艇を手配するぜ。
 「イシュガルド・ランディング」側にも、
 うちの社員を待機させているからな。
 「魔大陸」に渡りたい時は、声をかけてやってくれ。」
ビッグス
「ウェッジめ、愛犬を見送る気分でいるらしいな・・・・・・。」
ウェッジ
「誘導システムのこと、大事にしてやってほしいッス。」
アルフィノと相談
アルフィノ
「どうにも奇妙な成り行きだが、
 教皇たちが向かったと思われる、
 魔科学研究所に辿り着くための手がかりは得られた。
 Nikuq。
 そして、ヤ・シュトラ、エスティニアン殿。
 私たちは、あの誘導システムに続いて進むとしよう。
 シドたちは、この発着場に残って、
 いつでも「エンタープライズ」を出せるようにしてくれないか?
 何があるか、わからないからね・・・・・・。」
シド
「ああ、了解だ・・・・・・さっきの空戦での被弾も修理しないとな。
 何かあったらリンクパール通信で報せてくれ。
 すぐに駆けつけられるよう、準備を整えておくぜ!」
アルフィノ
「ありがとう、シド。
 よし、私たちは行くとしよう。
 ガレマール帝国軍や教皇一派、古代の兵器に注意しながらね。」
第II転送リングの誘導システムと話す
アルフィノ
「これは・・・・・・転送装置のようにも見えるが・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「ひとまず、誘導システムの話を聞いてみましょう。」
エスティニアン
「行き止まりだぞ?
 玉っころのヤツ、さっそくモウロクしたか?」
アラグの転送装置
(古代の転送装置のようだ。
 しかし、活動を停止しているらしく反応がない・・・・・・。)
誘導システム
「「魔科学研究所」の視察に先駆け、各施設をご案内しマス。
 まずはランディングポイントがある、ここ「アルファ管区」から、
 転送装置を利用して「ベータ管区」へ移動しまショウ。
 ピピ・・・・・・転送装置の再起動を行いマス・・・・・・。
 再起動後、転送装置にアクセスし、移動してくだサイ。」
誘導システム
「ピピ・・・・・・転送装置にアクセスし、移動してくだサイ。」
アラグの転送装置を調べて移動
アルフィノ
「エーテライトと似た技術なのだろうが、
 第三星暦という、はるか昔の装置が未だに動くとはね。」
ヤ・シュトラ
「嫌な感じね・・・・・・。
 防衛兵器ではない、生物の視線を感じるわ。
 Nikuq、気をつけて。」
エスティニアン
「おい、本当にこの玉っころは信用できるのか?」
第III転送リングの誘導システムと話す
誘導システム
「ピピ・・・・・・転送装置の正常作動を確認・・・・・・。
 おめでとうございマス。
 整備記録によると、過去5014年間に渡り、
 定期メンテナンスが行われていなかったもヨウ。
 正常作動したことは、驚くべき結果といえまショウ!」