戦旗の語る落日


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦旗の語る落日

  • 依頼主 :アインハルト家の騎兵(イシュガルド:上層 X11-Y10)
  • 受注条件:レベル56~
  • 概要  :フォルタン伯爵邸付近のアインハルト家の騎兵は、冒険者に届けてほしいものがあるようだ。

アインハルト家の騎兵
「先日、スチールヴィジル防衛戦で命を落とされました、
 アインハルト家の三男、クロードバン様の命日があり、
 ささやかな追悼式典がございました。
 しかし、キャンプ・クラウドトップに赴任している、
 「薔薇騎兵団」の者たちは、任地を離れるわけにもいかず、
 式典に参加することは叶いませんでした。
 ですが、私の友人であるロントルモンは、
 クロードバン様に仕えていた身・・・・・・。
 式典に参加したいと思っていたに違いありません。
 どうか、「キャンプ・クラウドトップ」の「ロントルモン」に、
 式典の際に掲げられた「焼け焦げた戦旗」を、
 届けてもらえないでしょうか?」
キャンプ・クラウドトップのロントルモンに焼け焦げた戦旗を見せる
ロントルモン
「冒険者・・・・・・?
 こんなところに何か用か?」
(焼け焦げた戦旗を渡す)
ロントルモン
「・・・・・・これは、スチールヴィジルにかかっていた戦旗か。
 黄竜スヴァラのブレスに焼かれて、焦げてるな・・・・・・。
 懐かしい・・・・・・と言っていいのだろうか・・・・・・。
 思い返せば、壮絶な戦いだった。
 第七霊災を生き残ったというのに、スヴァラやナウル・・・・・・
 多くのドラゴン族が襲撃してきたのだからな。
 クロードバン様がいなければ、被害は拡大していただろう・・・・・・。
 寡黙で勇敢で・・・・・・憧れの上官だったよ・・・・・・。
 私は幸運だった、彼の思いを最後まで受け取ることができたから。
 この戦旗は、「ラニエット」様に渡してくれないか。
 クロードバン様の妹君である彼女も、式典に参加できず、
 悔やんでおいでだったからな・・・・・・。」
ラニエットに焼け焦げた戦旗を渡す
ラニエット
「よく来てくれた、Niuniu殿。
 どうぞ、ゆっくりしていってほしい。」
(焼け焦げた戦旗を渡す)
ラニエット
「・・・・・・スチールヴィジルの戦旗か。
 気を使わせてしまって申し訳ない。
 受け取らせてもらおう。
 クロードバン兄様は、気のまわるお方だった。
 この地を指揮する立場になって、よりそう思う。
 部下たちにも、とても慕われていたのだ。
 弟のフランセルが、クルザス中央高地に直接赴任したのも、
 クロードバン兄様の雪辱を晴らすためだったのだろう。
 断ち切ったつもりだったが・・・・・・。
 こうして遺品のようなものを見ると、
 切なくなってくるものだな・・・・・・。
 思えば・・・・・・クロードバン兄様の死が、
 アインハルト家の落日の始まりだったのかもしれない・・・・・・。
 だが、彼の名誉のため耐えぬいてみせる、そう決めたのだ。」
  焼け焦げた戦旗:アインハルト家の紋章入りの焼け焦げた戦旗