使い魔ポロッゴ

使い魔ポロッゴ

  • 依頼主 :サロ・ロッゴ(マトーヤの洞窟 X6-Y6)
  • 受注条件:レベル59~
  • 概要  :マトーヤの洞窟のサロ・ロッゴは、憂鬱そうにつぶやいている。

サロ・ロッゴ
「ゲコゲコォ・・・・・・。
 なんてこった、おしまいだ・・・・・・!
 マトーヤ様の怒りの炎で、干物にされてしまうんだケロ・・・・・・。
 ゲコッ・・・・・・?
 お、お客人様、わたくしめに力を貸してくださるので?
 嬉しい・・・・・・嬉しい・・・・・・なんて優しいお方だケロ!
 わたくし、「ポロッゴ」と呼ばれる使い魔トードの1匹・・・・・・
 名を「サロ・ロッゴ」と申しますケロ。
 この洞窟の前に茂る薬草をつんでは、
 マトーヤ様にお茶を淹れるのが、わたくしの役目・・・・・・。
 ですが、その役目が果たせなくなり、困り果てておりますケロ。
 というのも・・・・・・
 あの薬草は、マトーヤ様が研究を重ねた逸品なのですが、
 めでたき薬効を狙ってか、虫が寄りついてしまったのだケロ。
 虫は手ごわく、わたくしめでは、杖もベロも出ないケロ。
 お客人様、どうかどうか・・・・・・!
 薬草から、憎き虫めを駆除してくださいませんか、ゲコォ!」
サロ・ロッゴ
「この洞窟の前に茂る薬草から、
 憎き虫めを追い払ってほしいケロ!
 どうか、よろしくおねがいしますケロ!」
マトーヤの薬草を調べてオーンフライを討伐
マトーヤの洞窟のサロ・ロッゴに報告
サロ・ロッゴ
「ゲコゲーコ!
 ああ、強くて優しい、お客人様!
 憎き虫めを、ベロリと駆除してくださったのですね!
 おかげさまで、お茶を淹れることができるケロ。
 それこそ、わたくしめの唯一の役目。
 そう、唯一の・・・・・・・・・・・・ゲコォ・・・・・・。
 ・・・・・・実はわたくし、使い魔としてあるまじき、
 ドジでグズなポロッゴなのでございますケロ。
 マトーヤ様に任された役目をことごとく失敗し、
 仕方なく命じられたのが、日に7度のお茶くみ係。
 それすらも、此度はお客人様の力を、お借りしたケロ・・・・・・。
 このままでは、魔法を解かれ、
 物言わぬトードに戻されるのも時間の問題ケロ・・・・・・。
 お客人様、後生ですから、再び力をお貸しくださいませんか!
 マトーヤ様の「望み」さえわかれば、
 わたくしめでも、お役に立てることがあるはずケロ・・・・・・!
 そこらのホウキから、それを聞き出してほしいケロ。
 彼らは、マトーヤ様から知識を授かった、魔法のホウキ。
 小難しいことを言いたがりますが、
 お客人様ならきっと、聞き出せると信じてますケロ!」