灯されし希望

灯されし希望

  • 依頼主 :アルフィノ(イシュガルド:上層 X14-Y12)
  • 受注条件:レベル59~
  • 概要  :イシュガルド・ランディングのアルフィノは、冒険者に提案があるようだ。

アルフィノ
「「エンタープライズ」への「エーテルラム」の搭載が完了次第、
 私たちは「魔大陸」へと出発することになる。
 長い旅も、ようやく最終地点だ。
 君は、シドたちの作業が終わるのを待つ間、
 「イシュガルド」に残る人たちに、挨拶をしてくるといい。
 私は、ここでシドたちを手伝っておくよ。」
アイメリクと話す
アイメリク
「いよいよ出発か・・・・・・。
 ともに行きたいが、怪我が完治していない私では、
 君たちの足手まといになるだけだ・・・・・・すまない。
 父・・・・・・いや、教皇「トールダン7世」は、
 アシエンを受け入れ、蛮神の力に手を染めた・・・・・・。
 覚悟はできている・・・・・・必要とあれば、討ってくれ・・・・・・。
 すまない・・・・・・本当にすまない・・・・・・。
 何から何まで、君に押しつけなければならないとは・・・・・・。
 いかんな・・・・・・笑顔で送らねばならぬというのに。
 君たちの旅路に、戦神「ハルオーネ」の加護あらんことを。
 私は、私にあたえられた皇都という戦場で、
 成すべきことを成そう。」
神殿騎士団本部のルキアと話す
ルキア
「そうか、いよいよ「魔大陸」に赴くのだな。
 貴公の旅路に、戦神の加護がありますように・・・・・・。
 ・・・・・・信仰とは無縁の帝国人が、神に祈るのは不思議か?
 私自身も、少しばかり奇妙な気分だよ。
 幼いころから、神に祈ったことなど、なかったのだからな。
 ところが、大切な人が出来てからというもの、
 その無事を祈らずには、いられなくなった。
 祈りとは、本来こうした素朴なものなのだろう・・・・・・。
 それを神を呼ぶ力と成すために、歪め、利用している教皇たちを、
 許してはいけない・・・・・・そう思うのだ。」
忘れられた騎士亭のタタルと話す
タタル
「Nikuqさん・・・・・・
 必ず、帰ってくるでっすよ?
 それから・・・・・・私がこんなことを頼むのも変でっすが、
 アルフィノ様を、どうかよろしくお願いしまっす。
 イシュガルドに来てから、アルフィノ様は変わられまっした。
 裏切りと挫折を味わって、自分自身の限界を知って、
 それでも、がんばろうって決めたんだと思いまっす。
 アルフィノ様は、私にとっても、大切な仲間でっす。
 もう二度と、仲間を失わずに済むように、
 絶対に連れて帰ってきてくださっい!」
雲霧街のヒルダと話す
ヒルダ
「Nikuqじゃないか!
 アイメリクから聞いたぜ、教皇をブチのめしに行くんだろ?
 アタシも行ってやりたいところだけど、
 平民の中には、教皇不在の好機に、貴族を倒そうなんて、
 動きもあるからね・・・・・・お目付役が必要なのさ。
 アタシは、自由を求めてる。
 ただ貴族どもに、復讐したい訳じゃない。
 憎しみは、憎しみを生むだけだって知ってるからね・・・・・・。
 皇都の留守は、まかしときな。
 教皇の代わりに国をまとめようっていう、
 青臭い総長サマを手助けして、裏から支えてやるからよ。」
ウデスタン
「汚れ仕事は、こっちでやっておくさ。」
シム
「へへ、皇都のことは任せておきな。」
フォルタン伯爵邸のエドモン・ド・フォルタン伯爵と話す
エドモン・ド・フォルタン伯爵
「Niuniu殿・・・・・・。
 わざわざ、挨拶に来てくれたのか。
 ありがとう・・・・・・貴殿には、心配をかけてしまったな。
 未だ、私の心は、息子を失った悲しみに包まれたままだ。
 しかし、息子が信じたイシュガルドの未来を掴むためには、
 下ばかりを向いてはいられない・・・・・・。
 オルシュファンは、私に貴殿らを皇都に招き、
 その後見人になるようにと、説得する時にこう言ったのだ。
 Nikuqは、我が友であり、希望であると・・・・・・。
 今なら、その真の意味がわかる・・・・・・。
 貴殿は、吹雪の中にあったイシュガルドに灯された希望だ。
 どうか、息子の思いを、
 決戦の地まで連れて行ってやってほしい。
 ・・・・・・そして、必ず、生きて戻ってくるのだぞ!」
エドモン・ド・フォルタン伯爵
「オルシュファンは、私に貴殿らを皇都に招き、
 その後見人になるようにと、説得する時にこう言ったのだ。
 Nikuqは、我が友であり、希望であると・・・・・・。
 今なら、その真の意味がわかる・・・・・・。
 貴殿は、吹雪の中にあったイシュガルドに灯された希望だ。
 ・・・・・・必ず、生きて戻ってくるのだぞ!」
フォルタン家の家令
「Niuniu様。
 ご武運をお祈りしております・・・・・・。」
イシュガルド・ランディングのアルフィノと話す
アルフィノ
「挨拶は済んだのかい?
 ・・・・・・そうか、フォルタン伯爵から、オルシュファン殿の盾を。
 そうだね、彼の思いとともに行こう。
 「魔大陸」に何が待ち受けているかは想像できない。
 最後の戦いだ、気合を入れて臨もう。」
タタル
「お客さんから、靴の贈り物をもらっちゃいまっした。
 この道で生きていけそうな予感でっすが、
 情報収集の方が大切でっす!」
ヒルダ
「教皇不在の今、反乱の好機だなんて言う奴もいるけど、
 そういうバカどもは、アタシが抑えておくさ。
 だから、アンタは安心して使命を果たすんだよ。」
ウデスタン
「雲霧街のコトは、俺たちに任せておきな!」
シム
「俺はバカだけど、
 姐さんの言うことは、ちゃんと聞くぞ!」
フォルタン家の家令
「これは、Niuniu様。
 私のような立場の者でも、事の重大さを理解できております。
 ・・・・・・どうか、ご無事で。」