終焉の戦歌

終焉の戦歌

  • 依頼主 :サンソン大牙士(ドラヴァニア雲海 X30-Y36)
  • 受注条件:吟遊詩人レベル60~
  • 概要  :モグモグホームのサンソン大牙士は、ギドゥロの行方がわからず悲しみに暮れているようだ。

サンソン大牙士
「Nikuqさん・・・・・・。
 モグチャの協力のもと、あちこち探してみたのですが、
 結局、ギドゥロは見つかりませんでした・・・・・・。
 きっと、どこかへ去っていってしまったのでしょう・・・・・・。
 あいつは・・・・・・もう仲間じゃないんです・・・・・・。
 モグリン様の許可は得られていませんが、
 こうなれば、3人だけで探しに行きましょう・・・・・・!」
モグチャ
「仕方ないくぽね・・・・・・
 「終焉の戦歌」は、東の雲海にあると伝えられているくぽ。
 ここ以外の雲海に、心当たりはないくぽ?」
(ほかの雲海を知っている?)
(アバラシア雲海という地域がある)
(イシュガルドの民が進出している雲海がある)
サンソン大牙士
「なるほど・・・・・・そのような場所が・・・・・・!
 そうとなれば、足を用意せねばなりませんね。
 雲海となると、空を翔る手段が必要ですから・・・・・・。
 情報を得たという名目で、俺は一度、グリダニアに戻ります。
 双蛇党に飛空艇を手配するように、要請を出してみますね!
 「グリダニア・ランディング」で待っています!」
モグチャ
「・・・・・・Nikuq、ないしょ話があるくぽ。
 実は、モグはもうギドゥロを見つけたのくぽ・・・・・・。
 サンソンに見せる顔なんてねぇ・・・・・・って言って、隠れてるくぽ。
 Nikuqから、予定を伝えてあげてほしいくぽ。
 それと・・・・・・これを持っていくくぽ。
 それは、サンソンがいつも書いてるメモくぽ。
 ギドゥロは意地っ張りだから、必要だと思ったら渡すくぽ。
 たぶん「ソーム・アル山頂」から雲海を眺めてるはずくぽ!」
ギドゥロにサンソンのメモを渡す
ギドゥロ
「ゲッ・・・・・・Nikuqじゃねぇか!
 さては、モグチャの野郎、チクりやがったな・・・・・・!」
(サンソンのメモを渡す)
ギドゥロ
「・・・・・・ンだよ、これ、サンソンのメモじゃねぇか。
 こんなに、びっしり・・・・・・戦歌のことばっか書いてよぉ。
 どんだけ戦歌が好きなんだよ、あいつ・・・・・・。
 ・・・・・・テイルフェザーで、Nikuqに言われて、
 考えたんだ・・・・・・。
 サンソンは、自分で歌えねぇくせに戦歌を探してるだろ?
 なんでだろうって考えてみたんだけどよ・・・・・・。
 むしろ歌えねぇからこそ、新しい戦歌を探してるのかなって。
 それって、本当に戦歌が好きじゃねぇとできねぇよな。
 なのに俺ぁ、お偉方に尻尾振るためだなんて・・・・・・。
 ひでぇこと、言ったよな・・・・・・。
 結局、一番「粋」じゃねぇのは、俺だったってことさ・・・・・・。
 サンソンに、合わせる顔がねぇよ。
 ・・・・・・そうか、アバラシア雲海へ行くのか。
 がんばってくれや・・・・・・俺ぁ、行く資格ねぇよ・・・・・・。
 俺ぁ、吟遊詩人として、自分を見つめなおしてんだ。
 今はとても、力にはなれそうもねぇ・・・・・・。
 「グリダニア・ランディング」には、お前だけで向かってくれ。」
グリダニア・ランディングのサンソン大牙士と話す
モグチャ
「・・・・・・!!
 モグは、幻術で隠れてるくぽ!
 話しかけちゃ駄目くぽ!」
サンソン大牙士
「なんとか、双蛇党の協力を取り付けることができました!
 さあ、アバラシア雲海へ出発しましょう!」
モグチャ
「くぽぽ~! ドキドキしてきたくぽ!
 なんだか、飛空艇の方から、
 素敵な音楽が聞こえてきたような気もしてきたくぽ!
 さあ、「終焉の戦歌」を探しに出発くぽ~!」
サンソン大牙士と話す
モグチャ
「ぶるぶる・・・・・・なんだか、寒気がするくぽ。
 怪しさ満載くぽ・・・・・・。」
サンソン大牙士
「モグチャは、この島から、恐ろしい気配を感じたようです。
 まるで、何かが封じられてるようだと・・・・・・。
 それが「終焉の戦歌」なのかもしれません・・・・・・!
 何より、この島にはドラヴァニア雲海で見た、
 モーグリ族の集落と、同じ意匠が散見されます・・・・・・!
 徹底的に探索してみましょう!」
サンソン大牙士と再度話す
サンソン大牙士
「・・・・・・ここの石、すごく気になるんですよね。
 なんだか、俺が求めるものがある・・・・・・そんな気がする・・・・・・。
 「終焉の戦歌」は、ここに封印されている・・・・・・。
 そうだ、絶対にそうだ・・・・・・!!」
モグチャ
「くぽぽ・・・・・・あの石の模様・・・・・・。
 どーっかで見覚えがあるくぽ・・・・・・。
 ・・・・・・くぽ! 思い出したくぽ! それは封印の要石くぽ!
 何かよくない者が封じられてるくぽ!
 さ、さ、触っちゃダメくぽー!」
リゲイアー
「♪ああ 長き夜は空に解かれた ありがとう愚かな人・・・・・・
  いいわ 貴方の夢を覗きこんであげる 私の歌で輪廻を
 ♪はるか昔 3000年前 白き妖精の住処と同じ
  私の歌で 愛を届ける すべてに等しく 大きな愛を
  わからぬならば 亡者となるだけ 私の歌で永遠を」
サンソン大牙士
「な、なんだ・・・・・・!
 頭の奥底に響く、魂を引き裂くような歌声は・・・・・・!」
モグチャ
「「空の地にひびく歌声、円と広がり、近づく者を破壊せん」・・・・・・
 もしかして、この集落を滅ぼした魔物が歌った歌が・・・・・・
 それが「終焉の戦歌」くぽ!?
 で、でも、これは・・・・・・歌じゃないくぽ!
 歌はもっと、心がポカポカするものくぽ!!
 こんなの、こんなの・・・・・・ただの金切り声くぽーーーッ!!」
サンソン大牙士
「俺が求めた「終焉の戦歌」なんて、なかったんだ・・・・・・。
 これが、俺の旅の結末・・・・・・か・・・・・・。
 無いものを求め、あなたたちを巻き込んだ俺は愚か者だ・・・・・・。
 だから、あの魔物は俺が・・・・・・刺し違えてでも倒します!
 あなたたちは逃げてください!!」
聞き覚えのある声
「「終焉の戦歌」はない、だって・・・・・・?」
ギドゥロ
「ハッ・・・・・・お前って、無粋な奴!」
サンソン大牙士
「ギ、ギ、ギドゥロ!?
 な・・・・・・なんでアンタがここにいるんだ!?」
ギドゥロ
「言うことなすこと、ぜんぶ無粋なやつだな・・・・・・。
 だが、バカ正直でまっすぐで・・・・・・捨て置けねぇ!!
 いいかぁ頭でっかち、俺ぁ一度しか言わねぇぞ!
 戦歌ってのは、仲間に対する激励の気持ちで奏でるんだ!
 俺ぁ、ひとに歌わされるより、自分で歌を創る方が好きでね!
 この場所に「終焉の戦歌」があると言い伝えられてんなら、
 その歌を・・・・・・伝説を、俺たちが創るんだ!!」
サンソン大牙士
「・・・・・・そうだな。
 それじゃあ、師団長にはこう報告しよう・・・・・・。
 俺たちが見つけた「終焉の戦歌」は、伝説の化け物を倒したと!」
ギドゥロ
「そいつぁ粋だぜ!
 さぁ、伝説の化け物を討つ仲間は4人・・・・・・
 俺たちの「終焉の戦歌」は・・・・・・四重奏だ!!」
リゲイアーを倒せ!
リゲイアー
「♪愚かな人 可愛い人 あなたは私の虜
  お眠りなさい 私の歌で永遠に」
サンソン大牙士
「この化け物め・・・・・・!
 眠りにつくのは、アンタの方です!」
矢色のギドゥロ
「キーキー、喚いてんじゃねぇよ・・・・・・。
 俺が、本物の戦歌を聴かせてやらぁ!」
リゲイアー
「♪安らぎを拒む 安寧を望まぬ あなたは愛を隠すから
  抱きしめてあげましょう 私の歌で接吻を」
サンソン大牙士
「Nikuqさん! 気をつけてください!」
矢色のギドゥロ
「なーんか、ヤバイ攻撃きそうだぜッ!」
リゲイアー
「♪私の愛を拒むふり 駆け引きで口づけをかわす
  傷ついた心を届けましょう 私の歌を世界に」
サンソン大牙士
「みなさん、注意してください!
 何か、しかけてくる!」
矢色のギドゥロ
「魔物の歌なんざ、これ以上、聴きたかぁねぇんだよ!!」
リゲイアー
「♪愛の駆け引きで あなたと狂いましょう
  表も裏も あなたに捧げる詩篇 私の歌で最期を」
鼻歌のモグチャ
「くぽぽ! もう少しくぽ!」
(失敗時)
サンソン大牙士
「そんな・・・・・・。
 耐え切れなかった・・・・・・!」
モグチャ
「ふぅ・・・・・・とんでもない目にあったくぽ。
 でも、これで封印も元どおりくぽ~!」
サンソン大牙士
「・・・・・・飛空艇に忍び込んでいただと!
 ずっと、姿を現さないで・・・・・・その間、俺がどれだけ・・・・・・!」
ギドゥロ
「お前がどんだけ働いたかは、このメモで読ませてもらったぜ。
 こんな大量に書き溜めやがって・・・・・・。」
サンソン大牙士
「なっ、それをどこで・・・・・・!
 返せ、それは双蛇党へ報告書を作るためのものだ!!」
ギドゥロ
「もう、いらねぇだろ・・・・・・?
 俺たちは、俺たちだけの「終焉の戦歌」を創りあげた!
 報告書には、そう書くんだからよ。」
サンソン大牙士
「確かにそうだが・・・・・・
 しかし、そんな報告書では、上層部は納得しないだろう・・・・・・。
 何かしらの成果を報告せねば・・・・・・。
 そうか・・・・・・Nikuqさんが、
 旅の中で会得した技を報告すれば、充分な成果になるはず!」
ギドゥロ
「・・・・・・お前ね、さっきの発言の後に、そういうこと言うか?
 本当、粋じゃねぇよなぁ・・・・・・。」
モグチャ
「くぽぽ~! モグは戻ったらみんなに言ってやるくぽ!
 4人だけの「終焉の戦歌」を創りあげたって自慢するくぽ!」
ギドゥロ
「俺ぁ頭下げて、神勇隊に戻してもらう・・・・・・。
 そんで腕を上げて、ジェアンテルの爺さんのことも、
 Nikuqのことも、俺ぁ越えてみせる!」
サンソン大牙士
「・・・・・・・・・・・・頼むぞ。
 新部隊を創設するときには、アンタの力が必要になるはずだ。」
モグチャ
「ギドゥロたちの部隊ができたら、モグにも教えるくぽ!
 そしたら、グリダニアに遊びに行くくぽ~!」
サンソン大牙士
「ああ、必ず伝えよう・・・・・・。」
ギドゥロ
「さーて、飛空艇に乗って、帰るとすっかね・・・・・・。」
サンソン大牙士ともう一度話す
サンソン大牙士
「戻ったら、俺たちはそれぞれの部隊に報告をします。
 ジェアンテルさんが、とても心配していました・・・・・・。
 旅の報告をしていただけるとありがたいです。
 Nikuqさん・・・・・・
 本当にありがとうございました・・・・・・。
 また、必ず会いましょう・・・・・・!」
クォーリーミルの西にいるジェアンテルと話す
モグチャ
「ギドゥロとサンソンは、自分たちの部隊に戻ったくぽ。
 「ジェアンテル」さんに、よろしく伝えてほしいそうくぽ!
 モグは、少し観光していくくぽ~。」
ジェアンテル
「・・・・・・そうか、皆、それぞれ得たものがあったんだね。
 サンソンの構想が実現に向けて動き出したとき、
 ひと働きしてやらねばなるまいな。
 君も、吟遊詩人として素晴らしい経験をしたようだ。
 ふふふ・・・・・・この老骨の目にも、
 君が、さらなる高みへと至ったのがよくわかるぞ・・・・・・!」
ジェアンテル
「旅を経て、吟じる戦歌も、より力を増したのではないか?
 その戦歌で、多くの仲間を鼓舞しておくれ。
 吟遊詩人としての本分は、その激励の心にあるのだから・・・・・・。」
(何を聞く?)
(近況について)
ジェアンテル
「組織を再編させるのは、容易なことではない。
 わしも微力ながら、サンソンに助力しておるが・・・・・・
 吟遊詩人を組み入れた新部隊の創設は、もう少し先であろう。
 だが、ギドゥロもメキメキと腕をあげておる・・・・・・。
 あのふたりの熱意なら、きっとやりとげるであろうよ。」
  サンソンのメモ:サンソンが記したメモ