イシュガルドのリスキーモブ

イシュガルドのリスキーモブ

  • 依頼主 :アルドラン(イシュガルド:下層 X13-Y11)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :忘れられた騎士亭のアルドランは、冒険者に任せたい手配書があるようだ。

アルドラン
「来たな、Nikuq。
 あんたに朗報があるぜ。
 「クラン・セントリオ」のクラン長であるローダストの旦那が、
 あんたに、「リスキーモブ」討伐の仕事を回せと言ってきたんだ。
 旦那はな、貴族の生まれながら、修行のために各地を巡り、
 伝説のモブハンターと呼ばれるまでに上り詰めた御仁よ。
 その旦那に、認められるとは大したもんだ。
 ・・・・・・だが「リスキーモブ」は、これまでの奴らとは格が違う。
 危険度に応じて、ランク付けされている点は、
 同盟のモブ制度と同じにしてあるから、参考にしてくれ。
 討伐対象になってるリスキーモブの手配書は、
 いつもの「セントリオボード」に、随時掲示していく。
 強敵揃いだから、くれぐれも気を付けるんだぜ!」
セントリオボードを調べる
討伐対象「モブ」の手配書が掲示されている・・・・・・。
ついに、「リスキーモブ」に挑戦できるようだ!
アルドラン
「Nikuqか。
 どうやらモブに狩られず、生き延びてるようだな。
 ・・・・・・で、今日は何の用なんだ?」
(どうする?)
(話を聞く)
(リスキーモブについて)
アルドラン
「「モブ」の中でも、特に危険な連中を「リスキーモブ」と呼ぶ。
 脅威度に応じて、ランク付けしている点も含めて、
 同盟の「モブハント」制度と同じだな。
 ランクA以上の「リスキーモブ」を狩ったら、
 「セントリオ記章」をくれてやる。
 「クラン・リスキーモブ手配書」で指定された奴を狩った場合も、
 相応の報酬を支払うことにしている。
 興味があったら、外の「セントリオボード」を確認してくれ。」
(リスキーモブの情報を得るには)
アルドラン
「各地の拠点や集落に、
 「クラン・セントリオ」に所属するクラン員が、
 滞在していることがある。
 そいつらは、いずれ劣らぬ熟練のモブハンターだ。
 声をかければ「リスキーモブ」の情報について、
 知っていることを教えてくれるだろうよ。」
ユステシア
「あら、もしかして・・・・・・噂に聞く「ドラヴァニア雲海」まで、
 ドラゴン族を狩りに行くつもりなの?
 だったらいい情報があるわよ。」
(何を聞く?)
(ランクB:優雅なる老竜「スキタリス」について)
ユステシア
「飛竜ワイバーンは齢を重ね進化を続けると、
 どんどん、飛行に適した滑らかな形態になっていくわ。
 最終的には、角なんかもなくなっちゃうのよ。
 そんなエルダー・ワイバーンに、さる貴族からの依頼で、
 リスキーモブに指定されたヤツがいるわ。
 なんでも、ご子息の仇なんだとか・・・・・・。
 滑らかで優雅な鱗を持つことから、
 「スキタリス」という渾名がつけられているヤツよ。」
(ランクB:暴虐の策略家「スケアクロウ」について)
ユステシア
「霊峰ソーム・アルの様子を覗うため、
 麓に向かった神殿騎士団の偵察隊が、行方不明になったの。
 数日後、追加派遣された捜索隊は見つけたわ・・・・・・。
 ・・・・・・竜の眷属ビネガロンの死体と、その前に立つ騎士の姿を。
 でも、生存者を発見したと喜んで捜索隊が近づいたところ、
 突如としてビネガロンが立ち上がり、襲いかかってきたらしいの。
 惨殺した騎兵を利用し、捜索隊を誘き寄せたってわけ。
 この狡猾な眷属は、襲撃の後、霊峰の方へ逃げ去った・・・・・・
 おそらく今頃は、ドラヴァニア雲海でしょうね。」
(ランクA:異端の逃亡者「ブネ」について)
ユステシア
「異端者は、多くが平民出身だけど、中には貴族もいるわ。
 ある男性貴族が、妻である名門貴族の女当主を利用することで、
 長年に渡り、神殿騎士団の情報を流していた事があってね。
 こともあろうに、この男は一通り情報収集を終えると、
 「竜の血」を飲んでドラゴン族の眷属と化したの。
 家族を殺して、証拠を隠滅するためにね・・・・・・。
 幸い神殿騎士団の活躍で、最悪の事態は免れたけど、
 眷属と化した男は、皇都を脱出して逃げ去ったというわ。
 討伐依頼を出してきたのは、生き残った妻よ。」
(ランクA:黒翼の魔竜「アガトス」について)
ユステシア
「広場の名前にもなってる、聖バルロアイアンって人はね、
 200年くらい前に実在した「蒼の竜騎士」なの。
 凄腕の竜騎士だった聖バルロアイアンが、
 唯一、激戦の末に取り逃してしまった竜がいる・・・・・・。
 それが、黒翼の魔竜と恐れられる「アガトス」よ。
 近年になって、ドラヴァニアの高空を舞うアガトスの影が、
 猟師によって目撃されたって、話題になってるの。
 伝説に終止符を打つチャンスだとは思わない?」
(ランクS:邪教の教祖「ガンダルヴァ」について)
ユステシア
「500年ほど前、ある異端の宗派が、
 皇都の裏通りで流行したことがあったの。
 この邪教は、近東の文化を採り入れていて、
 特殊な花で作る香と、妙な金属で作った祭器を使って、
 珍妙な儀式を繰り返していたというわ。
 結局、神殿騎士団による取り締まりで、この邪教は壊滅。
 ただし、自ら「ガンダルヴァ」と名乗っていた教祖だけは、
 霊峰に逃亡したらしいわ・・・・・・ドラゴン族の眷属と化してね。」
エティエーヌ
「ある女商人が、石っころから得た眉唾物の情報をもとに、
 大量の討伐依頼を投げてきよったわい。
 フォフォフォ・・・・・・信じるも信じぬも、お主の自由じゃ。」
(何を聞く?)
(ランクB:甲鱗の騎兵「リュキダス」について)
エティエーヌ
「雲海のどこかを彷徨う、古代アラグ文明の人工浮遊大陸。
 そこには禁断の知識によって生み出された被造物が、
 今も彷徨っておるそうな・・・・・・。
 さまざまな生物を掛け合わせて造られた、
 キメラ生物とかいう化け物も、そのひとつじゃ。
 じゃが、その材料に獣人が含まれていたとしたら・・・・・・。
 南方大陸から誘拐してきた、蜥蜴に似た獣人を、
 甲鱗綱の魔物と掛け合わせたという記録が見つかったそうじゃ。
 名は「リュキダス」・・・・・・まさに狂気の産物よな。」
(ランクB:殺戮兵器「オムニ」について)
エティエーヌ
「伝説によれば、アラグ帝国時代の末期には、
 巨大化した領土のあちこちで、反乱が起こっていたそうな。
 相次ぐ反乱を平定するため、アラグ帝国軍が投じたのが、
 決して裏切ることがない、機械の兵士だったのだとか・・・・・・。
 当然、人工浮遊大陸とやらにも配備しておったろう。
 件の商人は、お宝が眠る場所の安全を確保するために、
 そんな機械兵の親玉を破壊してほしいそうな。
 まったく、珍妙な依頼じゃわい。」
(ランクA:傀儡の妖竜「キャムパクティ」について)
エティエーヌ
「アラグ帝国は、その末期に南方大陸メラシディアを攻めた。
 そこで多くのドラゴン族を捕らえ、
 おぞましい技術で、傀儡のように操ったそうじゃ・・・・・・。
 ドラゴン族を意のままに操る・・・・・・。
 嘘か誠かわからぬが、そんな技術が本当にあるとすれば、
 喉から手が出るほど欲しがる者もおろうて。
 この真偽を確かめるため、
 記録に残る「傀儡と化した妖竜」を仕留めてほしいそうな。」
(ランクA:幻の古代花「センチブロッサム」について)
エティエーヌ
「花を摘んでほしい、という依頼が舞い込んできとる。
 といっても、リスキーモブに指定されるほどだから、
 並みの花じゃないのはわかっておろう?
 絶滅したはずの人喰い妖花が、
 人工浮遊大陸で栽培されておったという情報があるんじゃ。
 その種が風に乗り、仮にエオルゼアの大地に撒かれたら・・・・・・。
 考えたくもない未来を、思わず思い描いてしまったわい。
 危険の芽を摘んでもらいたいということじゃ。」
(ランクS:南方の獣竜「レウクロッタ」について)
エティエーヌ
「南方大陸メラシディアには、当地の環境に合わせ、
 独自の進化を遂げたドラゴン族がおったそうな。
 翼を捨て、その代わりに野獣の如き、
 しなやかな肉体と、圧倒的な脚力を得た獣竜じゃ。
 魔物の血の匂いを嗅ぎつけると、
 雷雲の如く暴れ回るという、南方の獣竜・・・・・・。
 人工浮遊大陸に囚われし「レウクロッタ」を狩るのじゃ!」
(ファルコンネスト)
アレクソンドル
「おや、「クラン・セントリオ」の同志かい。
 このあたりのリスキーモブの情報を知りたいんだろ?」
(何を聞く?)
(ランクB:孤高の野獣「アルティック」について)
アレクソンドル
「俺は、この辺りが地元だから、よくわかるんだが・・・・・・
 クルザス西部高地は、寒冷化で生態も大きく変化してしまった。
 以前は、北アバラシアの山奥でしか見られなかったミロドンが、
 この辺りに流入してきたのも、霊災以降のことさ。
 こいつは肉食で、人も襲う恐ろしい野獣でな・・・・・・。
 中でも「アルティック」と名付けられた、
 はぐれミロドンには、騎兵連中も手を焼いている。
 もうすでに、10名以上の人命がヤツに奪われたそうだ。」
(ランクB:快速の始祖鳥「クルーゼ」について)
アレクソンドル
「アルケオーニスという魔物を知っているか?
 羽毛が生えているから、鳥のように思うかもしれんが、
 その正体は、ラプトルみたいな甲鱗綱に近い、原始的な生物さ。
 知性の欠片もないが、それだけに魔力に影響されやすく、
 ドラゴン族に操られ眷属として利用されることが多い。
 ここらの騎兵にとっては、油断ならない存在さ。
 特に警戒すべきは、「クルーゼ」と呼ばれる個体だ。
 恐るべき脚力の持ち主で、氷原を自在に駆け回り、
 度々、騎兵を奇襲しているらしいぞ。」
(ランクA:一角の雪男「ミルカ」について)
アレクソンドル
「イエティには、ごく稀に角を持つ子が生まれるらしい。
 そうした角付きは、生まれつき魔力が強く、
 長じると群れを束ねる王になるそうだ。
 ここまでなら、笑って聞いていられる話だが、
 聖フィネア連隊の騎兵が、角付きイエティを目撃したそうでな。
 「ミルカ」と名付けられた、この角付きが成熟し、
 群れを掌握すれば、イエティの脅威は格段に増すだろう。
 だからこそ、リスキーモブに指定されたって訳だ。」
(ランクA:復活の巨獣「リューバ」について)
アレクソンドル
「ある時、ドラゴン族を探し求めていた騎兵が、
 凍り付いたアッシュプールで、ひとつの発見をした・・・・・・。
 なんと氷漬けになった、巨大な魔獣を見つけたんだ。
 その騎兵は、魔獣の肉を使えば、
 ドラゴン族を誘き寄せられると考えたらしい。
 ・・・・・・止せばいいのに盛大に火を焚いて、氷を溶かし始めた。
 すると驚いたことに、氷漬けになっていた魔獣が息を吹き返して、
 大暴れし始めたというじゃないか。
 突き飛ばされ重傷を負った騎兵は、さぞ後悔しただろうよ。」
(ランクS:悲しき皇帝「カイザーベヒーモス」について)
アレクソンドル
「霊災を境に姿を現した魔獣、ベヒーモスが、
 クルザスの大きな脅威となっていることは知ってのとおり。
 幾たびも討伐が行われ、成果も上げてきた。
 しかし、深手を負いながらも逃げ延びた個体がいる。
 その大柄な体躯から「皇帝」と渾名されていたヤツだ。
 身体に無数の傷を刻まれた「皇帝」は、
 冒険者たちに復讐の機会を狙っているという噂だ。
 あまり目立つ行動は、取らない方が身のためだろうよ。」
(テイルフェザー)
フィルスケート
「「リスキーモブ」を狩りに来たのか?
 それなら、ここらの獲物の情報を教えてやるぜ。」
(何を聞く?)
(ランクB:冷徹なる狙撃手「グナース・コメットドローン」について)
フィルスケート
「これまでドラゴン族の影に怯え、
 ほとんど領地を出ることがなかったグナース族が、
 妙に活動を活発化させている。
 あげく、食料を集めるための狩猟程度にしか、
 用いていなかった火砲を、戦いの道具にし始めたらしい。
 テイルフェザーの猟師が、
 グナース族に狙撃されるという事件さえ起きているんだ。
 奴らの狙撃手を、排除する必要があるだろう。」
(ランクB:商隊の襲撃者「テクスタ」について)
フィルスケート
「テイルフェザーの猟師たちの頭を悩ませる、
 一頭のバンダースナッチが「リスキーモブ」に指定された。
 「テクスタ」という名が付けられたコイツは、
 皇都との間を行き来する商隊を、何度も襲撃していてな。
 生活物資を運び、商品となるチョコボを皇都に送る・・・・・・
 この商隊の流れが止まれば、テイルフェザーは干上がってしまう。
 早急に狩らなければならないだろう。」
(ランクA:最凶の地竜「パイルラスタ」について)
フィルスケート
「霊峰ソーム・アルは、活火山でもあるんだ。
 だから、彼の山の麓にあるという大洞穴には、
 溶岩が川のように流れていると聞く。
 そうした暖かな環境が、アルケオダイノスのような、
 原始的な甲鱗綱の魔獣を育んでいるようでな。
 ドラゴン族の眷属として利用されているんだ。
 特に「パイルラスタ」の名で恐れられる、
 獰猛なアルケオダイノスには警戒が必要だろう。
 最凶の眷属と呼ばれるだけのことはあるぞ。」
(ランクA:飛竜の君主「ワイバーンロード」について)
フィルスケート
「ドラゴン族は、成長の過程で形態を変え「進化」するそうだ。
 そんなドラゴン族の中でも、
 飛行能力に特化して進化したものを、ワイバーンと呼ぶ。
 力強さの点では、屈強な四脚のドラゴン族に劣るが、
 飛行速度や旋回力は、飛空艇すら圧倒するほど・・・・・・。
 特に長命な「ワイバーンロード」ともなれば、
 対竜カノン砲の砲弾さえ、回避するらしい。
 挑戦するつもりなら、気を付けることだ。」
(ランクS:大空の狩人「セーンムルウ」について)
フィルスケート
「大空を舞う有翼綱の魔獣、グリフィン。
 狩りの名手としても知られるこの獣だが、
 最終的な狩猟の奥義は、獣も人と変わらないらしい。
 テイルフェザーの猟師が言うには、
 狩猟の奥義は「獲物を狙う瞬間を狙う」ことだそうな。
 どんな獣も、狩りに夢中になると隙ができるってことだな。
 その奥義を体得しているのが「セーンムルウ」だ。
 この巨大なグリフィンは、腹を空かせた獣の群れが
 狩りをしていると、音もなく飛来するそうだ。」
(キャンプ・クラウドトップ)
ノエル
「「クラン・セントリオ」の仲間ね?
 リスキーモブを探しているなら、情報を提供するわよ。」
(何を聞く?)
(ランクB:鳥猿の親分「スクオンク」について)
ノエル
「浮島という孤立した環境がそうさせたのか、
 アバラシア雲海には、本当に奇妙な魔物が多いわ。
 その代表格が鳥猿「パイッサ」ね。
 ギョロっとした目を持つ、あの落ち着きのない魔物よ。
 熟練のモブハンターであれば、手こずる相手じゃないけど、
 奴らの親分「スクオンク」にだけは注意が必要ね。
 妙に勘が鋭いというか、はしっこいというか、
 薔薇騎兵団の連中も、たびたびコケにされてるらしいわ。
 物資を盗み出された事も、一度や二度じゃないというしね。」
(ランクB:百手の勇士「舞手のサヌバリ」について)
ノエル
「アバラシア雲海に棲まう獣人、バヌバヌ族には、
 優れた狩人や戦士が少なくないわ。
 特に「舞手のサヌバリ」と呼ばれ、
 同族からも崇敬を集める二刀使いは、侮れないわよ。
 薔薇騎兵団との小競り合いでも、目立つ存在だというしね。
 ちなみに「舞手」と呼ばれるのは、
 戦いを前にした威嚇の舞いがひときわ華麗だからだって。
 ただ、踊っている分には、無害なんだけどね。」
(ランクA:浮島の採掘師「エンケドラス」について)
ノエル
「グランズキーパーって見たことがあるかしら。
 あれがスプライトのように、自然発生する魔法生命体なのか、
 あるいはゴーレム同様の人工物なのかは、判然としていないわ。
 ただひとつ、ハッキリしているのは、
 自ら浮島の岩を削って捕食し、身体を成長させるってこと。
 特に、ここの騎兵から「エンケドラス」と呼ばれるヤツは、
 物凄い勢いで、成長を続けているらしくてね・・・・・・。
 浮島の安全を確保するため、リスキーモブに指定されたわ。」
(ランクA:暴れ飛獣「シシウトゥル」について)
ノエル
「バヌバヌ族は、サヌワという雲海原産の飛獣を、
 騎乗獣や荷駄として利用しているわ。
 凶暴なこの野生の飛獣を、手懐けているんだから、
 バヌバヌ族の獣牧士も大したものよね。
 ところが、そんな獣牧士でも決して御すことができず、
 遂にはバヌバヌ族の村から逃げ出したヤツがいるの。
 近隣の脅威になっている「シシウトゥル」よ。」
(ランクS:華麗なる捕食者「極楽鳥」について)
ノエル
「いい風が吹くアバラシア雲海には、
 さまざまな種類の有翼綱の魔物が棲息しているわ。
 その中でも、別格の美しさを称えられると同時に、
 類を見ない凶暴さで恐れられているのが「極楽鳥」よ。
 何よりも獣の血肉を好み、
 獲物の鳴き声を聞きつけると、急降下してくるそうよ。
 極楽鳥を狩るつもりなら、その点を利用することね。」
(イディルシャイア)
イロアズ
「おやまぁ、このイディルシャイアで、
 クランの仲間と会えるのは嬉しいもんだね。
 リスキーモブの情報でも、教えてやろうかい?」
(何を聞く?)
(ランクB:大河の主「プテリゴトゥス」について)
イロアズ
「低地ドラヴァニアにとって「サリャク河」は、
 シンボルであり、水の恵みをもたらす母でもある。
 その母なる大河を支配しているのが、
 大型の甲殻類「プテリゴトゥス」さね。
 動く物なら見境なしに、尾っぽの鋏で細切れにして、
 瞬く間に平らげちまう大食らいの化け物さ。
 尾の動きには、注意するんだね。」
(ランクB:放浪の猿人「ブラクキ」について)
イロアズ
「イディルシャイアの住人が、
 猿人に襲われるという事件が頻発していてねぇ。
 でも、猿人「サスカッチ」が棲息するのは、
 シェルダレー諸島なんかの暖かい密林と相場が決まってる。
 古い記録を調べてみて、ようやく事の真相がわかったよ。
 なんでも、かつてシャーレアン人の博物学者が、
 生態調査の一環として、温室で飼育していたようなのさ。
 大撤収の際に解き放ったんだろうが、迷惑な話さね。」
(ランクA:狂気の科学者「機兵のスリップキンクス」について)
イロアズ
「ゴブリン族の科学者集団「青の手」が、
 ここらで、怪しげな研究をしているのは知ってるね?
 その中に、手配中の「スリップキンクス」というヤツがいる。
 自ら開発した兵器の性能を試すため、
 無辜の市民を惨殺したっていう、札付きの悪党さ。
 コイツは、カラクリ仕掛けの甲冑を着込んでいて、
 常人にはおおよそ出せないような、怪力を発揮するそうだよ。
 まったく科学者ってのは、手に負えないねぇ。」
(ランクA:賢人の助言者「ストラス」について)
イロアズ
「「ストラス」の討伐を依頼してきたのは、
 驚くなかれ、北洋在住のシャーレアン人の占星術師さ。
 彼は、フクロウに魔法をかけて使い魔にしてたそうだが、
 どんな偶然が作用したのか、天才的な頭脳を獲得したそうでね。
 主に占星術の助言さえしていたそうだよ。
 ところが、15年前の「大撤収」の際に、
 主が持つ禁書を奪い、逃げ出しちまったそうだ。
 禁断の知識を手にした使い魔を駆除しろってことだね。」
(ランクS:黙示の騎士「ペイルライダー」について)
イロアズ
「これまた、北洋のシャーレアン人からの討伐依頼だよ。
 古の預言詩を研究した結果、世に終末が訪れるとき、
 恐るべき騎士が蘇ると記されていたそうでねぇ。
 件の依頼者は、終末とは「第七霊災」を示していて、
 すでに「黙示の騎士」が蘇っていると考えているのさ。
 正直、アタシは眉唾モンの内容だと思ってるよ。
 でも、あるトレジャーハンターが見たというのさ。
 預言詩に記された「首なしの亡霊騎士」の姿をねぇ・・・・・・。」