マトーヤの洞窟

マトーヤの洞窟

  • 依頼主 :スローフィクス(イディルシャイア X7-Y6)
  • 受注条件:レベル58~
  • 概要  :イディルシャイアのスローフィクスは、冒険者たちを労いたいようだ。

スローフィクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 それでは ながらく お待たせさん。
 「イディルシャイア」の通行許可 進呈ゴブ!
 この街 新たな国作り 協力する者大歓迎!
 近くに来たら 立ち寄ってほしいゴブ!」
アルフィノ
「ありがとう、スローフィクス。
 ぜひ、そうさせてもらうよ。」
ヤ・シュトラ
「不本意ながら捨て去ることになってしまったとはいえ、
 ここは、私たちの故郷でもある・・・・・・。
 あなた方、自由を愛する人たちが、
 種族の垣根を越えて、都を継いでくれるなら嬉しいわ。
 今後も、お互いに協力していきましょう。」
スローフィクス
「「ゴブリン族の見張り番」 話は通しておいたゴブ!
 旅の成功 祈るゴブ!」
ヤ・シュトラ
「Nikuq、アルフィノ様。
 先を急ぎましょう。」
ゴブリン族の見張り番と話す
アルフィノ
「快く送り出してもらったのはいいものの、
 さて、どうやって向こう側に行ったものか・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「今度は、この瓦礫の山を片付けろだなんて、
 言ってこないでしょうね・・・・・・。」
ゴブリン族の見張り番
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 スローフィクスの許可が出た~
 これより 出入りは 自由だぞ~
 魔物避けのバリケード
 ちょいちょい どっかん 片付ける~!」
ヤ・シュトラ
「これでようやく先に進めるわね。
 イディルシャイア内で、やり残したことはないかしら?
 準備が整い次第、「マトーヤの洞窟」に出発するわよ。」
アルフィノ
「こちらの出発準備は完了さ。
 さあ、マトーヤ老を訪ねにいこうじゃないか。」
ヤ・シュトラと話す
ヤ・シュトラ
「ここを抜けた先は「シャーレアン学士街」。
 かつて学術都市に集まる研究者や学生たちが、
 知を磨いていた場所よ。
 ずいぶんと荒れ果てているようだけど・・・・・・。
 ともかく、先に進みましょう。」