いざ、シャーレアンへ

いざ、シャーレアンへ

  • 依頼主 :ヤ・シュトラ(グリダニア:新市街 X11-Y13)
  • 受注条件:レベル57~
  • 概要  :カーラインカフェのヤ・シュトラは、マトーヤという人物のことを教えてくれるようだ。

ヤ・シュトラ
「「マトーヤ」というのは、私の師匠にあたる人。
 魔法研究が進んだ学術都市「シャーレアン」においても、
 この人ありと謳われた老賢者よ。
 ただし、かなり偏屈な人でね・・・・・・。
 自分の意見は決して曲げない、頑固者と言ったところかしら。
 15年前、ガレマール帝国のアラミゴ侵攻を受けて、
 シャーレアンの住民が、北洋の本国に「大撤収」したときも、
 最後まで抵抗したくらいなんだから・・・・・・。
 結局、住人が去って廃墟と化した廃都「シャーレアン」の側で、
 今もなお、ひとり隠居生活を続けているわ。」
アルフィノ
「となると、次の目的地は「低地ドラヴァニア」か・・・・・・。
 私にとっては、15年来の生まれ故郷への再訪になるな。
 私たち兄妹は、低地ドラヴァニアの植民都市で生まれ、
 その後、「大撤収」とともに、北洋諸島の本国に渡ったんだ。
 以後、廃都を訪れる機会がなくてね。」
ヤ・シュトラ
「では、アルフィノ様の15年ぶりの里帰りのついでに、
 頑固者の老婆の説得に行きましょう。」
アルフィノ
「おいおい、それじゃあ目的が逆じゃないか。
 ともかく長旅になることは確かだ・・・・・・。
 ひとまず「イシュガルド」に戻り、計画を立てるとしよう。」
イシュガルドのアルフィノと話す
ヤ・シュトラ
「ここが皇都「イシュガルド」なのね。
 感慨深くはあるけど、旅を急がないと・・・・・・。
 街を探訪するのは、またの機会にするわ。」
タタル
「ヤ・シュトラさんを見つけることができたんでっす。
 きっと、ほかの皆さんとも再会できまっすよ!」
フォルタン家の家令
「いつまでも、私ばかり悲しんではおれませんね・・・・・・。
 主人も悲しみを乗り越えて、
 前に進もうとしていらっしゃるのですから・・・・・・。
 Niuniu様・・・・・・。
 再び、西方へ旅に出られるとか。
 どうか、どうか、お気を付けくださいませ・・・・・・。」
アルフィノ
「私たちの次の目的地は、
 「低地ドラヴァニア」の廃都「シャーレアン」だ。
 隠居しておられる「マトーヤ」老を訪ねるためにね。
 しかし、かの地へと向かうためには、
 「高地ドラヴァニア」を、西へ横断しなければならない。
 長く、過酷な旅になるだろう。
 そこで、タタルにはイシュガルドに残り、
 引き続き、行方不明者の情報収集に当たってもらいたい。」
タタル
「了解でっす!」
アルフィノ
「廃都「シャーレアン」に向かうのは、
 私とヤ・シュトラ、Nikuqの3人だ。
 まずは、道中となる「テイルフェザー」を目指そう。」
タタル
「フッフ~ン! この髪型、どうでっす?
 自作の衣装に合うように整えてみまっした。
 看板娘として、日々、精進でっす!」
テイルフェザー付近のヤ・シュトラと話す
アルフィノ
「以前、ここを訪れたときは、
 君に加えて、イゼルとエスティニアン殿がいた。
 少し前のことなのに、懐かしくすら感じるよ。」
ヤ・シュトラ
「さすがに、地脈帰りの身体に、長旅は堪えるわね。
 でも、だいぶ調子が戻ってきたわ。
 廃都「シャーレアン」に着くまでには、
 本調子に戻してみせるわよ。」